【12/31まで$195】SoftubeのマーシャルバンドルAmp Room: Marshall Editionが格安セール(60%OFF)

終了セール
スポンサーリンク

これは安いですね~

マーシャル好きの方は要チェックです。

シグネチャーモデルなんかも入っています。

単体だとセール時の価格で合計$344しますので、$195はかなりお買い得です。

そして素晴らしい事に全てのモデルが単体はもちろんAmpRoomでも使える点です。

単体だとこんな感じで何ともモチベーションが上がる見た目です。

これはモデルによるのですが、ドラッグすると以下の様にマイクのセッティングを変更出来ます。

私は上記リストの中だとAmp Room、Plexi Super Lead 1959しか持っていませんが、Amp Roomにプリセットが増えるんです。(以下の画像だと入りきらなかったのですが、大体この倍はあります)

Plexi Super Lead 1959のプリセットを流してみました。

 

Marshall Plexi Super Lead 1959

ロックンロールの歴史において、Marshall Plexi Super Lead 1959ほど重要なアンプはないのではないでしょうか。Softubeは、Marshallが所有する博物館所蔵のPlexi(1967年製の原型)を、極めて慎重なセキュリティと監視のもと、あらゆる部品をモデリングし、想像を超える質感とディテールのソフトウェア版を作り上げました。どのような設定でも、ハードウェアと全く同じように反応し、あなたの演奏スタイルに信じられないほど敏感に反応します。

Marshall Bluesbreaker 1962

ブルース/ロック・ギターの伝説

ブルースとロックンロールの伝説的存在であり、最も希少で高価なアンプの1つであるMarshall Bluesbreaker Model 1962コンボを入念にエミュレート。
キャビネット・スピーカーは、高名なエンジニア/プロデューサーであるTony Plattによって巧みに録音されています。
Amp Room Ready: SoftubeのプロオーディオギタープラットフォームAmp Roomのモジュールとして、またネイティブプラグインとして動作します。
エリック・クラプトンが1966年のJohn Mayall & The Blues BreakersのセルフタイトルアルバムでMarshall Model 1962を使用した際、このアンプとの組み合わせによる演奏は音楽史に残るほどの独特の貢献をしており、このアンプは「ブルースブレイカー」と呼ばれるようになった。ブルースブレイカーのアンプ部はウォームでクランチーなサウンドで、オープンバックのキャビネットにアルニコスピーカーを使用することで、マーシャルとしては異例のキメ細かい立体的なサウンドが加わり、ブルースのジャンル以外でも本物のワークホースとしてその地位を確立してきました。

Marshall Bluesbreaker 1962プラグインは、1965年からMarshallミュージアムに保管されているSeries 1 Bluesbreaker Model 1962コンボ・アンプから、Marshallとの協力のもと、実物の超精密ソフトウェア版として制作されました。プラグインは細部に至るまでコンポーネント・モデリングされており、今夜も毎晩でも素晴らしい気分にさせてくれる完璧なサウンド・クオリティを実現しています。

希少で高価なアンプを精密にエミュレート

Bluesbreaker 1962プラグインは、Marshallミュージアムのリファレンスユニットを正確にエミュレーションし、ブルースとロックンロールの真のサウンドを細部に至るまでコンポーネント・モデリングしています。

プロオーディオプラットフォームのための創造的なツール

このアンプ・プラグインをAmp Roomにロードすることで、クリエイティブな可能性が無限に広がります。

どんなセットアップでも本格的なMarshallサウンド

マイクを自在にセットして、伝説のアンプが奏でる素晴らしいサウンドを存分にお楽しみください。

マーシャルの伝統を受け継ぐ画期的なコレクターズアイテム

ギタリストの言い伝えによると、ブルースブレイカーのアイデアは、実はエリック・クラプトン自身が車のトランクに収まるアンプが欲しいと思っていたことから生まれたと言われています。しかし実際は、ジム・マーシャルが人気の高いVox AC30に対抗できるアンプが欲しかっただけという、素晴らしい話なのです。Bluesbreakerのアンプ部は、ジム・マーシャルが初めて手がけたアンプ・モデルである単体のJTM45 Tremoloアンプ・ヘッドと同じものです。

Model 1962は、Celestion社の12インチスピーカーT650を2基搭載したオープンバックのコンボ・キャビネットを採用した、Marshall社初のコンボ・アンプです。セラミック・スピーカーを搭載したクローズド・デザインが一般的なマーシャルのキャビネットの中で、アルニコ・スピーカーを搭載したオープンバック・キャビネットを採用していたことは、ブルースブレイカーを非常に際立たせている。Marshall Bluesbreaker 1962はその後、最もコレクターの多い貴重なビンテージギターアンプの1つとなっています。この伝説的なMarshallサウンドを、ネイティブ・プラグインとして、またギターとベースのプロフェッショナル・プラットフォームAmp Roomのモジュールとして手に入れることができるのです。

 

Marshall Silver Jubilee 2555

 

バックインシルバー

マーシャル博物館所蔵の伝説のアンプ、Marshall Silver Jubilee 2555を丁寧にエミュレーション。このアンプは、主にゲインの高い音楽で使用され、非常に特別でコレクターの多いアンプです。
キャビネット・スピーカーは、高名なエンジニア/プロデューサーであるTony Plattによって巧みに録音されています。
Amp Room Ready:ネイティブ・プラグインとして、またSoftubeのプロオーディオ・ギター・プラットフォームであるAmp Roomのモジュールとして動作します。
1987年、Jim Marshallはギターアンプメーカーとしての25周年を記念し、Silver Jubileeシリーズのアンプを非常に限定的にリリースしました。Silver Jubilee 2555アンプは、著名なロックギタリストの間で大ヒットとなり、瞬く間に希少なコレクターズアイテムとなりました。

Marshall Silver Jubilee 2555は、Marshall博物館所蔵のリファレンス2555アンプから、Marshallとの協力により製作された実機の超精密コンポーネント・モデリングによるプラグイン・バージョンです。プラグイン版は細部に至るまでコンポーネント・モデリングされており、パラダイスの街へと誘う完璧なサウンド・クオリティを実現しています。

このプラグインは、Softubeのプロオーディオ・ギター&ベース・プラットフォームであるAmp Roomでも使用することができます。

Marshallの伝統を受け継ぐ希少なアンプ

Silver Jubileeシリーズのアンプは、JCM800シリーズの2203と2204をベースに、様々な巧妙な新機能が追加されています。Silver Jubilee 2555は、革新的で珍しいプリアンプ・セクションを搭載し、JCM800よりも高いゲインと、ややダークで滑らかなサウンドを実現しています。プリアンプ回路は3つのゲイン・モードを備えていた。クリーン、リズムクリップ、リードの3つのゲインモードを備えています。

また、EQセクションも他のマーシャル・アンプとは一線を画し、より幅広い音色のバリエーションを持つようになりました。五極管から三極管に切り替えられるパワーアンプを搭載した最初のマーシャル・アンプである。パワーアンプ管が3極管として動作することで、パワーアンプの出力が半分になり、パワーアンプの歪みがよりシルキーで攻撃的でなくなりました。これらすべてが、プラグインの中で最高の精度でモデリングされています。

Marshall JMP 2203

1975年に発売されたMarshall JMP 2203は、他のすべてのロックアンプと比較されるアンプとなりました。使用したアーティストは、ジェフ・ベック、アンディ・サマーズ、トム・モレロ、AC/DC、モトリー・クリュー、ジューダス・プリースト、スレイヤー、ピクシーズなど、多岐にわたっています。マスターボリュームを持つアンプの需要から生まれたもので、耳をつんざくような音圧レベルでなくとも歪んだサウンドを得ることができ、サウンドの選択肢が大きく広がりました。プリアンプのゲインを抑え、パワーアンプからほとんどの歪みを得ることで、より1960年代のマーシャル・サウンドを得ることができます。マスターボリュームを下げ、プリアンプのボリュームを上げることで、よりエッジの効いた存在感のある歪みを得ることができます。JCM800の生みの親であり、そのキャラクターはそのままに、ロックやハードロック本来のサウンドを再現します。

JCM800の生みの親である伝説のMarshall JMP 2203を丁寧にエミュレーションし、同じキャラクターでロックやハードロックの真のサウンドを再現しています。
著名なエンジニア/プロデューサーであるTony Platt氏によって専門的に録音されたキャビネットスピーカー
Amp Room Ready:ネイティブプラグインとして、またSoftubeのプロオーディオギタープラットフォーム「Amp Room」のモジュールとして動作します。
Marshall JMP 2203は1975年に発表されました。すぐにPlexiに代わってMarshallの代表的なアンプとなり、他のすべてのロックアンプと比較されるアンプとなりました。このアンプを使用したアーティストは、Jeff Beck、Andy Summers、Tom Morello、AC/DC、Mötley Crüe、Judas Priest、Slayer、Pixiesなど、多岐にわたっています。

Marshall JMP 2203は、Marshallとのパートナーシップにより、Marshallミュージアムに展示されているMarshall自身が2203サウンドを定義するために使用しているリファレンス2203アンプから製作された、実物の超高精度プラグイン版です。このプラグインは、細部に至るまでコンポーネント・モデリングされており、完璧な音質を実現しているため、ロックサウンドを存分に楽しむことができます。

真のロックおよびハードロックサウンド

Marshall JMP 2203プラグインは、Marshallミュージアムのリファレンスユニットを精密にエミュレートしています。JCM800の生みの親であり、そのキャラクターはそのままに、ロックやハードロックの真のサウンドを再現します。

ロックを保証する

スピーカーキャビネットは、AC/DCの名盤『Highway to Hell』『Back in Black』を録音したことで有名なTony Platt氏によるものです。

どんなセットアップでも本格的なマーシャル・サウンドを実現

必要なマイクを必要なようにセットし、この伝説のアンプから必要な素晴らしいサウンドを得ることができます。

アンプルームに対応

Softubeのギター&ベース用プロオーディオプラットフォーム「Amp Room」内で使用できるプラグインです。

Marshallの伝統を受け継ぐロックアンプ

JMP 2203は、Marshall Plexiのようなマスターボリュームを持たないアンプで発生する耳障りな音圧レベルなしに、歪んだサウンドを得られるマスターボリューム付きのアンプを求める声から生まれました。この変更により、サウンドの選択肢が大きく広がりました。

プリアンプのゲインを抑え、パワーアンプからほとんどの歪みを得ることで、より1960年代のMarshallサウンドを得ることができます。マスターボリュームを下げ、プリアンプのボリュームを上げると、よりエッジの効いた存在感のあるディストーションが得られます。これらすべてが、プラグインの中で最高の精度でモデル化されています。

Amp Roomの概要

伝説的なコンプレッサーやEQ、クラシックなMarshallアンプやキャビネット、ペダル、マイクなどのビンテージ・ギアでいっぱいの豪華なプロ・スタジオにいて、最高のギター・トーンを生み出すために必要な設定を何でも提供されることを想像してみてください。

アナログ・ギアを比類のない精度でモデリングしてきたSoftubeのレガシーに基づいて構築されたAmp Roomは、目の肥えたプロを念頭に置いて設計された現代的なプラットフォームであり、高品質で本物の、そして信じられないほどリアルなギターとベース・サウンドを作成するために必要なすべてのものを備えたプロ・オーディオ・システムとして継続的に成長しています。

手元にあるすべての機材を持ったプロデューサーとして、あなたは操り人形のマスターであり、物理的なスタジオで行うのと同じように、ミックスレディなトーンを作成するために必要なすべての機材をミキシングしてマッチングさせます。また、ドラム、ボーカル、シンセのトラックなど、他の音源を処理することもできます。豪華なスタジオで選んだ機材はすべて、あなたの仕様に合わせて設定され、すぐに使用できるようになっています。

何が含まれていますか?

プロオーディオのために作られたプラットフォームであるAmp Roomは、あらゆるスタイルやジャンルの音楽に適した、最高のサウンドと最も柔軟でパワフルなギター&ベース・ツールです。豊富な種類のアンプ、キャビネット、ペダル、スタジオ・エフェクト、ユーティリティー・ツールが搭載されています。それを分解してみましょう。

アンプ類

ギターアンプのひとつ、Marshall JCM800は、Marshallサウンドの真髄を体現した1981年製の名機です。他にも、ブリティッシュ・インベイジョン・トーンに最適な1964年製モデル、セミダーティーなブルース・リフに最適な1966年製のクラシック・アメリカン・コンボ・アンプ、メタル用に設計されたドイツ製ハイゲイン・アンプ、クラシック・ロックに最適な70年代後半のベース・アンプなどがあります。また、ダイレクトインジェクション機能を追加したカスタムDIダイレクト入力もあり、ベースアンプと未加工のベーストラックをブレンドすることができます。

 

キャブ

ロックやメタルのギター、ベース用に1960年製のマーシャル・モデルを数種類用意しました。重みとパンチのあるブライトでフォーカスの効いたサウンド、ビンテージなキャラクター、パーカッシブなミッドパンチのあるタイトなサウンド、ハイミッドのクリアさと明瞭さを維持しながら必要なだけの低音が必要な場合など、Amp Roomでは素晴らしいサウンドを素早く実現するための様々なオプションを用意しています。

ペダル

ペダルは、特定のペダルのエミュレーション、または最良のペダルの組み合わせとして、Softubeによって巧みに設計されています。ロックやブルース・ギターのためのオーバードライブ・ペダル、壮大で無限の変化をもたらすリバーブ・ペダル、サウンドに輝きを与えるイコライザー、よりファンキーなサウンドを生み出すコンプレッサー、80年代の雰囲気を醸し出すコーラス・ペダル、ヘビーで歪んだトーンを生み出すMarshall Guv’norペダル、音楽のアレンジにリズミカルな効果を加えるディレイ・ペダルなど、様々なペダルが用意されています。

マイクとオプション

すべてのキャブには、創造的なプロセスのどの段階でも移動できるマイクが少なくとも1つあります。キャブ・モジュールの中には、マイクをどこにでも移動できるものもあれば、固定された位置にさまざまな組み合わせで設置されているものもあります。2本のマイクを持つキャブには、2本のバランスを設定できるミックススライダーと、全体のステレオイメージを設定する連続幅のフェーダーがあります。名前にRevisitedが付いているキャビネットは、複数のマイクを使って録音されているので、自分の欲しい音が出るマイク1本、または組み合わせを選択することができます。

スタジオFX

Amp Roomは、モジュールとしてロードできるAmp Room対応プラグインのセレクションにも対応しています。その一つが、コンプレッサーとイコライザーの2つのモジュールとして収録されている、パンチの効いたAmerican Class Aチャンネルストリップです。他にも、Tape、Tube-Tech CL 1Bなど、様々なオプションが用意されています。

ユーティリティーモジュール

Amp Roomに搭載されているユーティリティーモジュールでは、フィルター、ゲイン調整、ミュート、ボリュームやパンの調整、並行する信号経路間の位相調整、経路内の信号の周波数分割などを行うことができます。

ナビゲーションバー

新しいトラックでAmp Roomを起動すると、「ギア」タブが開き、所有しているAmp Room対応のSoftubeプラグインがここに表示されます。

ゲートは、過剰なノイズをコントロールするのに役立ちます。静かにしたいときに耳障りなノイズやハミングのような音が出てしまう場合に使ってみてください。

ペダル、エフェクト、アンプの中には、サウンドの全体的なダイナミクスやトランジェントに影響を与えるものがあります。本来のダイナミクスを取り戻したい場合、DTC™(Dynamic Transient Control)は、魔法のようにこれらのトランジェントを戻し、ハーシュネスを取り除き、タイトでクリアなサウンドを取り戻します。

ヘッドフォンモードは、ヘッドフォンを使用しているときに、ステレオで微妙なルームアンビエンスを追加します。Amp Roomでステレオを使用する際にLeftまたはRightを選択すると、モノラルソースからステレオ効果を生み出すことができます。

1つの楽器の2つの周波数帯域を異なる方法で処理するために、シグナルチェーンに2つ以上のパスを作成する場合はSplitパネルを使用し、2つのシグナルパスを1つのステレオ出力にまとめる場合はMixパネルを使用します。

ズームコントロールでお好みのズーム量を調整してください。

 

SoftubeとMarshall。サウンドクオリティーで結ばれたパートナーシップ

ソフトキューブの最初のプロトタイプは、マーシャルのアンプモデルとスピーカーモデルを動作させるハードウェアDSPボックスだった。これがMarshallの興味を引き、SoftubeとMarshallの長期にわたるパートナーシップを成功させました。SoftubeはMarshallの独占的なソフトウェア・パートナーであり、Amp RoomにはMarshallが公式にライセンスし、承認した唯一のアンプとキャビネットがソフトウェアの形で提供されています。

 

Features

  • マルチステート:アレンジを変えずに様々なサウンド設定を素早く比較することが可能

  • ドラッグボックス選択:モジュールを簡単にコピー&ペースト

  • 新しいAmp Room Readyモジュール。テープ・エコーズとTSAR-1R

  • GUIの流れを改善し、すべてのモジュールでフォーカスモードを利用可能に

  • ソロ/ミュート機能を再設計し、レーンを色分けして表示

  • 9台のアンプをコンポーネントモデルとして完璧に再現。3つの新しいアンプを含む。

  • クランチーなハードロックやハイゲインなメタルに最適なAmerican Mainstayer 100W、マスターボリュームコントロールでより多くの歪みを得られる伝説のDual Tremolo 100W Silver、そして完璧なコクのあるサウンドを実現するBass Standard V8。

  • 16台のキャビネットに、複数のマイクオプション。

  • 5つの新しいペダルを含む、歪みからディレイ、リバーブまでの15のエフェクター。

  • Softube Tinnerö Tremolo、Softube Lion Head Vibrato、Softube Wahstena Auto Wah、KRAFT、Kleen 22-クリーンなシグナルブーストからヘビーなファズやディストーションまで、あらゆる種類のエフェクターを搭載しています。

  • American Class A asモジュールなどのスタジオエフェクト3種
    フェーズアラインメント用のショートディレイなど、ユーティリティーモジュール8種

  • さまざまなジャンルやスタイルのプリセット260種類

     

System Requirements

  • Mac OS X 10.13以降(古いOSバージョンでも動作する可能性がありますが、テストされていません(64ビットのみ)。
  • Windows 10 64ビット(古いWindowsバージョンでも動作する可能性がありますが、テストされていません)(64ビットのみ)。
  • Mac Intel Core i3 / i5 / i7 / Xeon – M1サポートは未定です。
  • Windows Intel Core i3 / i5 / i7 / Xeon / AMD Quad-Core 以上。
  • 画面解像度:1280×800以上
  • 対応するサンプルレート 44.1、48、88.2、96、176.4、192 kHz(モノラルおよびステレオ)。
  • 8GB以上のRAMと、インストール用に8GB以上のハードディスクの空き容量を推奨します(個々のプラグインの空き容量は少なくて済みますが、サンプルライブラリは追加のディスク容量が必要になる場合があります)。
  • 本ソフトウェアの登録およびインストールには、Softubeアカウントが必要です。
  • 本ソフトウェアの認証には、iLokアカウントが必要です。
  • インストーラーのダウンロードおよびライセンスの管理には、インターネットへのアクセスが必要です。
  • プラグインの認証に物理的なiLokドングルを使用する場合は、iLok第2世代以上(iLokドングルは必須ではありません)。
  • 理論的には、64ビットのVST、VST3、AU、AAX(11.0.2以上)互換のホストアプリケーションであれば動作します。
  • DAWアプリケーションの最新のメンテナンスリリースを推奨します。

 

 

スポンサーリンク
終了セール
Chillout with Beats

コメント

Translate »