【82%OFF】MeldaProductionの自然なサイドチェインが出来るMSpectralDynamicsLEがセール中(10/10まで $23)

終了セール
スポンサーリンク

あとで書こうと思っていてすっかり忘れてました。

Trackspacerは価格的に手が出せないという方にもこれが超おすすめです。
(この価格になる事はかなり稀かと思います)

あまり細かい設定が出来ませんが、ほぼワンノブで低音の衝突を自然に回避してくれます。

動画を撮りました。

最初WETとDRYを変えていますが、音的にはあまり変化がない様に思われるかもしれません。

注目して頂きたいのはその後のオシロスコープの所です。

WETを最大にしている時一番上の画像の波形変化がかなり少ないのがお判りいただけると思います。

 

クーポンコード:PBSpecDyn

概要

MSpectralDynamicsLEは、スペクトラムをフラットにし、トラック間の衝突を防ぎ、ノイズを除去し、無数の新しい創造の可能性を開くことができる、オーディオ処理における真の革命である強力なMSpectralDynamicsの弟分です。MSpectralDynamicsLEは同じですが、編集画面にはアクセスできません。

独自のスペクトル処理

MSpectralDynamicsLEは、基本的にスペクトル領域で動作するダイナミクス・プロセッサーであり、個々の周波数を調整することができます。例えば、コンプレッサーは大きな音を小さくすることができますが、それはほんの一例に過ぎません。

8つのプラグインが1つに

MSpectralDynamicsLEは、コンプレッサー、エキスパンダー、ゲート…など、8つのベース・モードで完全なダイナミック・スイートを提供します。MSpectralDynamicsLEがあれば、完璧なオーディオ・クオリティを期待することができます。

ディエッサー/ゲート

ディエッサーやゲートなどの一般的な機能をさらに進化させました。MSpectralDynamicsLEは、他のプラグインと同じ仕事を、外科的な正確さで行います。本当に不要な信号だけを除去し、残りのオーディオ素材はそのままにします。

サイドチェインの妙

2つのダッキング・モードは、スペクトル内の同じスペースを占める楽器間の衝突を回避するのに役立ちます。これはよくあるミキシングの問題です。サイドチェーンモードを使用すると、この問題を自動的に取り除くことができます。

特徴
自動ゲイン補正(AGC

ほとんどのプラグインは出力オーディオのラウドネスを変更するため、ランダム化はもちろんのこと、プリセットの参照も不便です。MSpectralDynamicsLEには自動ゲイン補正機能が搭載されており、現在の設定に素早く適応し、入力と同じ音量で出力されるようになります。これにより、単に音量が大きいだけなのに、何か良い音がすると思ってしまうのを防ぐことができます。

セーフティーリミッター

プラグインの中には、特定のオーディオ素材に触れるとゲインが極端に上がるものがあります。MSpectralDynamicsLEは、出力を0dB以下に保ち、機器や耳が危険にさらされるのを自動的に防ぐセーフティーブリックウォールリミッターを搭載しています。

最新のAVX2およびAVX512対応プロセッサに最適化された超高速モデル

コンピュータは非常に高速になりましたが、アルゴリズムはより複雑になり、プロジェクトも大きくなるため、プロデューサーは処理能力を慎重に使う必要があります。MSpectralDynamicsLEは、最速のアルゴリズムを使用し、最新のプロセッサ性能を活用し、GPUにグラフィックを処理させ、他のMeldaProductionプラグインとリソースを共有します。このプラグインは市場で最も高速でありながら、最高のオーディオ品質を実現しています。

複数の設定を比較する

A/B比較は、オーディオに加えた変更を客観的に聞き取り、破壊的ではない、より良い判断をするために広く使われている方法です。

A to Hスイッチング:Meldaはこの機能を次のレベルに引き上げました。プラグインのインスタンスを最大8つ持ち、AからHのスロットをコピー/ペーストして自由に切り替えることができます。

A to D モーフィング:X-Yパッドを使って、最初の4つのスロット間をモーフィングすることもできます。どのプリセットを選べばいいかわからない?4つのプリセットをロードして、その中から最適なブレンドを見つけることができます。AとBのどちらが良い音か分からない?両者の中間の補間状態がいいかもしれません。

カスタム処理形状

MSpectralDynamicsLEでは、MeldaProduction envelope system (MES)テクノロジーを使用して、実際に独自の処理形状を描くことができます。これにより、任意のダイナミックな処理形状を簡単に作成することができます。また、複雑な形状であっても非常に高速に処理を行うことができます。

独自の一般化されたダイナミックディテクター

MSpectralDynamicsLEに搭載されているダイナミックディテクタは、他社の追随を許しません。限界値と速度を調整できるマニュアルおよび5つの自動リリースモード、真のRMSおよび真のピークホールド機能、ルックアヘッドなどを備えています。

また、アタック&リリースの形状を調整でき、独自のアナログギアシミュレーション機能を提供するほか、歪みのレベルを想像以下に抑えるスペクトルスムージング、科学的なレベルではなく人間の聴覚シミュレーションに基づいて信号を圧縮できる心理音響プレフィルタリングなど、まったく独自の機能を備えています。このプラグインが対応できないオーディオ素材は、この世に存在しません。

Dry/Wetコントロールによるパラレルコンプレッション

パラレル・コンプレッションはこれまでになく簡単です。ただのコンプレッションではありません。エンジニアはこのコンセプトを複雑なルーティングでシミュレートしていました。MSpectralDynamicsLEでは、Dry/Wetコントロールを使用するだけです。本当にシンプルなのです。

独自のテンポラリゲイン機能

一時的なゲインは、出力レベルを安定させながらコンプレッションの量をコントロールする優れた方法です。MSpectralDynamicsLEは、トッププロデューサーがよく知っているトリックをベースにしており、ワークフローをこれまで以上に迅速にします。

先進のGUI

ユーザーインターフェースには、速さ、使いやすさ、そして見た目の美しさが求められます。ニーズは人によって異なるため、柔軟性が重要です。Meldaは、市場で最も先進的なGUIエンジンでこれを解決します。

スタイリッシュであること ヴィンテージハードウェアから超未来的なものまで。GUIの色やスタイルを選択して、Meldaプラグインを自分好みに仕上げることができます。

再利用可能。すべてのMeldaプラグインは自由にサイズを変更できます。また、多くのプラグインがポップアップウィンドウを備えています。そのため、スクリーンの数やサイズに関係なく、重要なものに集中できるようにプラグインを配置することができます。

GPUアクセラレーション。GUIのすべての要素は、GPUによって高速化されています。これにより、グラフィックスが非常に高速になり、CPUのパワーが解放されてオーディオに集中できるようになります。

圧倒的な品質。Meldaプラグインは、HDPIおよびRetinaディスプレイに対応しているため、美しい鮮明な解像度を体験できます。最大100フレーム/秒の調整が可能なので、この詳細なアナライザーでは何も見逃すことはありません。

アクティベーションにドングルやインターネットアクセスは不要

何度もUSBドングルを忘れたことはありませんか?このソフトウェアはライセンスファイルを使ってアクティベーションを行います。また、ライセンスはトゥーパーソンなので、あなたがユーザーである限り、すべてのコンピュータで使用することができます。

MIDI学習機能付きMIDIコントローラー

MSpectralDynamicsLEには、強力なMIDIプロセッサーが搭載されており、MIDIコントローラーやMIDIキーボードを聴いて、任意のパラメーターをリアルタイムにコントロールできます。

マルチパラメータ

MSpectralDynamicsLEでは、1つのいわゆるマルチパラメーターを使って複数のパラメーターをコントロールすることができます。これは、例えばオートメーションに便利なだけではなく、マルチパラメーターは非常にスマートなユニットであり、例えば設定のバンク間をスマートにモーフィングするために使用することができます。すべてはクリエイティビティの名の下に

グローバルなプリセット管理とオンライン・プリセット・エクスチェンジ

MSpectralDynamicsLEのプリセットはシステムデータベースに慎重に保存され、どのホストのどのプロジェクトからでも素早くアクセスすることができます。このプラグインは、あなたのプリセットを自動的に共有し、Meldaのサーバーから他のユーザーのプリセットをダウンロードすることができます。Meldaはコミュニティを構築しており、あなたもその一員になることができます。

 

スポンサーリンク
終了セール
Chillout with Beats

コメント

Translate »