【60%OFF】Loopmastersのベース専用プラグインBass Masterが短期セール開催中(8/15まで$35)

終了セール
スポンサーリンク

これは過去最安かと思います。

ベース専用音源は1つ持って置くと本当に便利です。

プリセットを鳴らしてみました。

プリセットは初期で350も搭載されています!

シンセだとルート音がプリセットにより異なる為、煩わしさを感じた事ある方は多いと思います。

ベース専用音源は基本的にルート音が揃っているので、プリセットを次々変えて合う音を探す事が出来ます。

追加音源パックも多数あるので、自分で音作り出来なくても大丈夫です。

よくエディット出来なきゃ駄目だという意見を見ますが、最低限※エディット出来れば良いと思います。

と言うのも多くの人はシンセのエディットを上達したい訳では無くて、今作っている曲に合う音が欲しいだけだからです。

プリセットから合うものを選び曲に合わせて少しエディット位で良いのではないでしょうか。

※最低限とはADSR、フィルター、エフェクトを使って調整というレベルです。これ位ならすぐ理解出来ます。

概要

Bass Masterでは、スピーカーを揺るがすようなヘビーなトーンを数回クリックするだけで実現できます。このインストゥルメントはベースに完全に特化しており、Loopmastersの受賞歴のあるサウンド・ヒストリーに基づいて作られています。

Bass Masterの膨大な種類のソース・サウンドは、あらゆるジャンルの重厚でパワフルなベース・トーンのインスピレーションとなります。2つのレイヤーには、伝説的なハードウェアの名作と最先端のシンセサイザーから厳選された217の波形セット(約50,000の組み合わせが可能)が配置されています。Loopmastersが何十年にもわたって最高品質のサウンドを提供してきたことを考えれば、それ以下のものを受け入れる必要はないでしょう。

Bass Masterには350以上のミックス用プリセットが用意されており、クリーンでシンプルなUIを採用しているため、究極のベース・トーンを簡単に作り出すことができます。

搭載されているフィルターは、ローパス、バンドパス、ハイパス、ラダーフィルター、コムフィルターなど、13種類のフィルターが用意されています。フィルター・エンベロープ(ADSR)とLFO(RandomとDriftを含む)は、Bass Masterにさらなる造形力を与えています。

Bass Masterには3つのエフェクトが用意されています。Distortionには5つのアルゴリズムがあり、DriveとColourで、温かみのあるサチュレーションや劇的な変化を与えることができます。Stereo Chorusには4つのアルゴリズムがあり、AmountとRateで、わずかな厚みを加えたり、徹底的にステレオを広げたりすることができます。Reverb SendにはBright、Mid、Darkの3つのアルゴリズムがあり、LevelとSizeでサウンドにスペースを加えることができます。 

Frequency Boosterは、3つのバンドで信号を加熱し、音を微妙に整えたり、急激に加熱したりします。 

 

ダイレクトアウトでは、サブレイヤーをフィルタリングせずにきれいなままにして、しっかりとした土台を作ることができます。

グローバル・コントロールには、レガートとポルタメントの設定、グライド・タイム、最大12半音のピッチ・ベンド・レンジが含まれます。 

各プリセットには、3スロットのモジュレーション・ホイール・マトリクスにマッピングされたパラメーターが用意されているので、どのパッチもトラック全体にモジュレーションをかけることができます。

 

スポンサーリンク
終了セール
Chillout with Beats

コメント