【5/10まで】多くの人が厚い信頼を置くFabFilterのプラグインがセール開催中(31%OFF)

終了セール
スポンサーリンク

もうデファクトスタンダードになりつつあるんじゃないかと思う位引き合いに出されるFabFilterのプラグインがセールです。

色々なYoutubeやTwitterなどみていても何かと目にすることが多いデベロッパーさんです。

例えばWhite Sea Studioさん、プラグインに煩い方ですが、Fabfilterはかなり信頼しているご様子です。(何かと比較対象にあげます)

Dan Worrallさんの動画を見ている方ならFabfilterのクオリティはご存知だと思います。

音に対する追求に留まらず、GUIや操作性の面でも一歩先へ行っている印象です。

また不具合をあまり聞かないので、リリース前にしっかりテストをしているんじゃないかと思います。

あとアップデートも頻繁に行われていて、しっかりメンテナンスされています。
(これは重要!)

だからプロの方で使っている人が多い理由でもあると思います。
(いくら機能面で優れていても不具合があったら大事な局面で使えません)

不具合ってよくハインリッヒの法則(1:29:300の法則)を用いて説明されるんですが、要するに軽微な不具合が多い製品ほど致命的な不具合が潜んでいる可能性が高くなるというお話です。

話がそれましたが、今回のセール対象は以下です。

なお、1つでもFabFilterの製品を所有しているユーザはオフィシャルで割引されるので、オフィシャルが安い可能性があります。(所有数で割引率が変わったはず)

MyAccountにログインして確認して見て下さい。

5月にPluginBoutiqueさんでお買い物をするとAntaresのボーカルダブラーDUO($69)が貰えます!!

購入特典不要ならこちらが少しだけ安いです。

FabFilter Pro-MBの概要

パワフルで直感的

マルチバンドのコンプレッションとエクスパンションはパワフルなツールですが、セットアップとコントロールが難しいことで有名です。FabFilter Pro-MBはマルチバンド・ダイナミクス処理を直感的かつパワフルにします。

新しいアプローチ

従来、クロスオーバーで全帯域を分割していたのに対し、Pro-MBでは、作業したい周波数帯域に直接新しい帯域を作ることができます。クロスオーバーではなく、バンドを考えよう

インタラクティブなマルチバンドディスプレイは、残りの周波数帯がそのままであることを明確に示しています。また、必要に応じてバンドをスナップして、従来のクロスオーバー・システムを再現することも可能です。 

ライフセーバーとタイムセーバー

FabFilter Pro-MBはユニークなダイナミックフェイズ処理モードを導入しています。従来のマルチバンド処理とほぼ同じ周波数特性を持ちながら、レイテンシーやプリリンギングを発生させず、実際にゲインが変化した時にのみわずかな位相変化を導入することが可能です。もちろん、優れたリニアフェーズモードや従来のミニマムフェーズモードも搭載しています。

高品質なプロセッシング、インタラクティブなマルチバンドディスプレイによる最適化されたワークフロー、そして必要なエキスパート機能の強力な組み合わせにより、Pro-MBはライフセーバーであると同時にタイムセーバーでもあるのです!

FabFilterグッディーズ

完璧に調整されたノブ、MIDIラーン、スムーズなパラメータ遷移のためのスマートパラメータ補間、インタラクティブなヘルプヒントを含む優れたヘルプファイル、SSE最適化など、もちろん通常のFabFilterの良さもすべて備えています!

 

特徴

  • 最大6つのプロセッシングバンドを、スペクトルのどこにでも自由に配置可能

  • バンドを簡単に組み合わせて、従来のクロスオーバー・システムを構成することができます。

  • レイテンシーゼロ、静的な位相変化、プリリンギングアーチファクトを特徴とするユニークなダイナミックフェーズ処理モード

  • クロスオーバー周波数を素早く変化させたときに聞こえるアーチファクトを排除する、優れたリニア・フェーズ処理モード

  • ミニマムフェーズプロセッシングモード

  • 透明度の高いコンプレッション、リミッター、エクスパンションから、ポンピング・アップワード・コンプレッション、パンチの効いたゲーティングまで、あらゆるダイナミックス処理に対応

  • バンドごとにフルカスタマイズ可能:スレッショルド、レンジ、アタック、リリース、出力ゲイン、レシオ、可変ニー、ルックアヘッド(最大20ms)、可変ステレオリンク、中間またはサイドのみの処理、外部サイドチェーン入力、別の周波数帯でのトリガリング

  • 各クロスオーバー・スロープの急勾配を6 dB/octから48 dB/octの間で自由に調整可能

  • プログラムおよび周波数に依存するインテリジェントなアタックおよびリリース・カーブ

  • 0%から200%までのグローバルなドライ/ウェット・ミックスにより、プラグインのトータルな効果を簡単にスケーリング可能

  • 最適なワークフローを実現するために設計された、独自のインタラクティブなマルチバンドディスプレイ

  • 正確でスムーズなリアルタイム周波数アナライザー(プリ/ポスト処理オプションと「フリーズ」機能付き

  • 必要に応じて64ビットで内部処理される高品質なオーディオ処理アルゴリズム

  • 最大4倍のリニアフェーズオーバーサンプリング

  • バンド・ソロ/ミュート/バイパス・オプション

  • 正確な出力メータリング

  • GPUによるグラフィック・アクセラレーション

  • ダブルクリックによるパラメータ値のテキスト入力

  • ステレオとモノラルのプラグインが利用可能

  • 一般的なPro Toolsハードウェアのコントロールサーフェスをサポート

  • MIDI学習

  • アンドゥ/リドゥとA/B比較

  • スマート・パラメーター・インターポレーション

  • すべてのパラメーターのサンプルに忠実なオートメーション

  • インタラクティブなヘルプヒントを含む豊富なヘルプファイル

  • VST、VST3、Audio Units、AAX NativeとAudioSuite形式(すべて64ビットと32ビットの両方)、RTAS(32ビットのみ)で利用可能

システム要件

Windows:

  • 64ビット Windows 10、8、7、Vista
  • 32ビット Windows 10、8、7、VistaまたはXP
  • VST 2/3ホストまたはPro Tools

macOS:

  • macOS 10.10以降(64ビットのみ)
  • AUまたはVST 2/3 ホストまたはPro Tools
  • Intel または Apple Silicon プロセッサー

Plugin Formats:

すべてのFabFilterプラグインはVST、VST3、Audio Units、AAX Native、AudioSuiteの各フォーマットで利用可能です。

FabFilter Pro-L 2の概要

あなたの音楽には、得るものがたくさんある。

大音量でクリアに

真のピークリミッターは、マスタリングやミキシングエンジニアにとって不可欠なツールです。ラウドネスと透明性を同時に実現し、広範囲なラウドネス・メーターを装備した、プロフェッショナルで機能満載のリミッターをお探しですか?それなら、FabFilter Pro-L 2があなたの武器となるでしょう。

トップクラスのメータリング

FabFilter Pro-L 2は正確な真のピークレベルメーターと、EBU R128, ITU-R BS.1770-4, ATSC A/85スタンダードに対応したラウドネスメタリングを搭載しています。独自のリアルタイムレベル表示と組み合わせることで、最良の結果を得るために必要な情報をすべて手に入れることができます。

プロフェッショナルな機能セット

高度なアルゴリズム、リニアフェーズオーバーサンプリング、プロフェッショナルなディザリングとノイズシェーピング、サラウンドサポート(最大Dolby Atmos 7.1.2)とインテリジェントなチャンネルリンクにより、FabFilter Pro-L 2はあらゆるミキシングおよびマスタリング作業に対応する完全なソリューションとなります。

FabFilter の優れた機能

もちろん、通常のFabFilterの機能もすべて備えています:完璧に調整されたノブ、MIDI学習、スムーズなパラメータ遷移のためのスマートパラメータ補間、インタラクティブなヘルプヒントを含む優れたヘルプファイル、SSE最適化、GPUによるグラフィックアクセラレーションなどなどです。

特徴

  • 最大ラウドネスと組み合わせた素晴らしい透明感のあるサウンド

  • 改良 – それぞれに個性と目的を持った8種類のリミッティング・アルゴリズムを搭載

  • 新規 – トゥルーピーク・リミッティング

  • 改良された – ピークゲインリダクションラベルと新しい革新的な表示モードによるユニークなリアルタイムレベル表示

  • 改良 – 最大32倍リニアフェーズオーバーサンプリング

  • 改良-真のピーク・メータリングを含む高精度な出力とゲインリダクション・メータリング

  • 新規 – EBU R128、ITU-R BS.1770-4、ATSC A/85規格をサポートした広範なラウドネス・メータリング。

  • Dolby Atmos 7.0.2および7.1.2フォーマットに対応し、柔軟なサラウンドチャンネル接続を実現

  • DCオフセットフィルター(オプション

  • 新規 – ステムマスタリングのための外部サイドチェーントリガー

  • 新規 – ユニティゲインレベルで現在のリミッティングの効果を簡単に聴くことができるユニティゲインオプション

  • 新規 – 入力信号と出力信号の差を聴くことができるAudition Limitingオプション

  • K-Systemのサポートを含む、調整可能なメーター・スケール

  • 低いCPU使用率

  • トランジェントステージとリリースステージの両方に別々のチャンネルをリンク

  • 3種類のノイズ・シェーピング・アルゴリズムによる高度なディザリング

  • GPUによるグラフィック・アクセラレーション

  • ダブルクリックによるパラメータ値のテキスト入力

  • ステレオ、モノラル、サラウンドのオーディオフォーマットに対応

  • ルックアヘッド、アタック、リリースの設定が可能

  • オプションのコンパクトなインターフェースレイアウト

  • 一般的なPro Toolsハードウェアのコントロール・サーフェスをサポート

  • MIDI学習

  • アンドゥ/リドゥとA/B比較

  • スマート・パラメーター・インターポレーション

  • インタラクティブなヘルプヒントを含む豊富なヘルプファイル

  • VST、VST3、Audio Units、AAX Native、AudioSuite形式(すべて64ビットと32ビットの両方)、RTAS(32ビットのみ)で利用可能

FabFilter Pro-Rの概要

自然な音、音楽的なコントロール

オーディオの世界で最もよく使われるエフェクトの1つであるリバーブには、あらゆる形態やフレーバーがあります。優れたリバーブは、自然なサウンドで、ミックスに完璧にフィットします。同時に、技術的なコントロールに惑わされることなく、セットアップが簡単で作業するのが楽しくなるようなものでなければなりません。FabFilter Pro-Rの登場です。

スペースを作る

FabFilter Pro-Rはリバーブに音楽的なアプローチを採用し、ブライトネス、キャラクター、ディスタンスといったユーザーフレンドリーでテクニカルではないコントロールを提供し、リバーブサイエンスの学位を必要とせずに、求めているリバーブサウンドを実現します。
無段階のSpaceコントロールは、慎重に調整された何十種類ものルーム・モデルをフェードアウトさせ、自然な響きを得るためにマッチしたディケイ・タイムを自動的に選択することができます。

ディケイタイムをシェイプする

実際の部屋のディケイタイムは、周波数スペクトルにわたって大きく変化することが多く、これは部屋のリバーブ・キャラクターの重要な要素の1つです。これをシミュレートするため、FabFilter Pro-Rの業界初のディケイ・レートEQコンセプトは、周波数スペクトル上のディケイ・タイムを完全に自由に調整することができます。
従来のクロスオーバー・システムではなくパラメトリックEQバンドを使用しているため、ディケイタイム特性をより柔軟に形成することができます。内蔵の6バンドPost-EQとの組み合わせにより、あらゆるスタイルやキャラクターのリバーブを簡単にデザインすることができます。

FabFilterの優れた機能

もちろんFabFilterには通常の機能もあります:完璧に調整されたノブ、インタラクティブなMIDI学習、アンドゥ/リドゥとA/Bスイッチ、スムーズなパラメータトランジションのためのスマートパラメータ補間、インタラクティブなヘルプヒントを含む幅広いヘルプファイル、サンプル精度のオートメーション、高度な最適化、その他たくさんです。

特徴

  • 小さなアンビエンスや部屋から、大きなコンサートホールや巨大な大聖堂まで、美しくデザインされたルームモデル。
  • 望ましくないカラーレーション、密度、位相の問題を引き起こすことなく、ミックスに容易にフィットするように慎重に開発されています。
  • ディケイ・レートEQとポストEQカーブを備えた大型のインタラクティブ・リバーブ・ディスプレイを備えたゴージャスなRetinaインターフェイス。
  • ユーザーフレンドリーでテクニカルではないコントロールにより、セットアップが非常に簡単です。
  • ルームモデルとリバーブのディケイタイムをスマートかつスムーズに組み合わせた無段階のSpaceコントロール。入念に設計された12種類以上のルームモデルから選択でき、クリック音や不要なアーチファクトを聞くことなく、シームレスに変化させることができます。
  • Decay Rateコントロール、現在のSpace設定の50%から200%の範囲で全体のディケイタイムを変化させます。
  • Intelligent Stereo Widthコントロール:純粋なモノラルから真のステレオ、そしてそれ以上の範囲まで。
  • Distanceコントロールは、選択されたSpace内の音源への近さを調整します。
  • キャラクター・コントロールは、クリーンで透明感のあるディケイから、反射音や反響音が際立つ生き生きとしたリバーブ、さらにはオーバーモジュレーションによるコーラスのような効果まで、サウンドを変化させることができます。
  • ブライトネスノブは、全体の明るさだけでなく、高音域の減衰にも影響を与える絶妙な調整。
  • プリセットのロードが現在のミックス設定を上書きするのを防ぐ、ロックミックスオプション付きミックスノブ。
  • プリディレイはボトムバーで0〜500msの範囲でコントロールでき、オプションでホストテンポ同期も可能。
  • 6バンドのDecay Rate EQにより、異なる周波数でのディケイレートを自在にコントロール。
  • 最終的なリバーブサウンドをイコライズする6バンドのPost EQ。Decay Rate EQと組み合わせることで、あらゆるスタイルやキャラクターのリバーブをデザイン可能。
  • 異なる周波数でのディケイタイムも可視化するリアルタイム・スペクトラム・アナライザー。
  • フルスクリーンモードでは、大きなアナライザーディスプレイとディケイレートEQ、ポストEQのコントローラーが表示されます。
  • 複数のインターフェースサイズ。ミディアム、ラージ、エクストララージ
    ステレオとモノラルのプラグインが利用できます。
  • 一般的なPro Toolsハードウェアのコントロールサーフェスをサポート
  • MIDI学習
  • 取り消し/やり直し、A/B比較。
  • スマートなパラメータ補間
  • すべてのパラメーターのサンプル精度の高いオートメーション
  • インタラクティブなヘルプヒントを含む豊富なヘルプファイル
  • VST、VST3、Audio Units、AAX Native、AudioSuite形式(すべて64ビットと32ビットの両方)、RTAS(32ビットのみ)で利用可能。

FabFilter Pro-C 2の概要

驚異的なサウンドとキャラクター

FabFilter Pro-C 2は、最も要求の厳しいエンジニアのための高品質コンプレッサ・プラグインです。マスタリングのための繊細なコンプレッション、リード・ボーカルのアップフロント、魔法のようなドラムのグルー、ディープなEDMのポンピングなど、必要なものは何でもあります。Pro-C 2は、スタイリッシュに仕事をこなします。

必要なものをすべて

Pro-C 2は、美しいサウンドとキャラクターを持つ、プログラムに依存した8種類のコンプレッションスタイルを提供します。しかし、それだけではありません! クラシックなコンプレッサーコントロールの他に、スムーズなルックアヘッド、最大4倍のオーバーサンプリング、インテリジェントなオートゲインとオートリリース、可変ニー、ホールド、レンジ、外部サイドチェーントリガー、可変ステレオリンクとミッド/サイドプロセッシングが、美しいRetinaユーザーインターフェースに収められています。

しいインターフェースと最適化されたワークフロー

FabFilter Pro-C 2で完全に再設計されたインターフェイスは、リアルタイム表示による洞察に満ちたメータリングで、ワークフローを大幅に改善することができます。大きなアニメーション付きのレベル/ニーディスプレイは、入力された音声にいつ、なぜ、どのように圧縮が適用されるかを正確に視覚化します。正確なレベルメーターは正確なピーク値とラウドネス値を表示し、円形のサイドチェイン入力メーターは完璧なスレッショルド設定を見つけることを簡単なタスクに変えます。また、大型のサイドチェインEQコントローラーにより、トリガー信号のフィルタリングがこれまで以上に簡単に行えるようになりました。

FabFilterの優れた機能

もちろんFabFilterには通常の機能もあります:完璧に調整されたノブ、インタラクティブなMIDI学習、アンドゥ/リドゥとA/Bスイッチ、スムーズなパラメータトランジションのためのスマートパラメータ補間、インタラクティブなヘルプヒントを含む幅広いヘルプファイル、サンプル精度のオートメーション、高度な最適化、その他たくさんです。

特徴

  • 8種類のコンプレッションスタイル(うち5種類はバージョン2の新機能:ボーカル、マスタリング、バス、パンチ、パンピング
  • ゴージャスなRetinaインターフェース、アニメーションレベルニー表示と正確なピーク/ラウドネスメーターを搭載(オプション
  • サイドチェインEQセクション、カスタマイズ可能なHPとLPフィルター、自由に調整可能な追加フィルター
  • プログラムに依存したアタックとリリースのカーブ
  • スムーズなルックアヘッド(最大20ms)、レイテンシーゼロを保証するための有効化/無効化機能
  • インテリジェントなオートゲイン
  • ホールド(最大500ms)
  • カスタムニー(ハードニーから72 dBのソフトニーまで可変)(サチュレーションのようなエフェクトが可能
  • オートリリース
  • 超高速アタックタイム
  • 最大4倍までのオーバーサンプリング
  • 可変のステレオ・リンクとミッド/サイド処理(ミッドのみ、サイドのみ、M > S、S > M処理
  • オーディオのどの部分でPro-C 2がトリガーされ、どの程度の圧縮が行われているかを確認できるAudition Triggeringオプション
  • 複数のインターフェースサイズ。スモール、ミディアム、ラージ
    適用されるゲイン変化の最大値を制限する「レンジ」設定
  • ゲインの変化を0%から200%に拡大するミックス設定
  • フルスクリーンモードでは、大きなレベル表示とサイドチェインEQコントローラーを提供
  • 正確で大きなレベル/ゲイン変化メーターと、ピーク/ラウドネスレベルを視覚化。ラウドネスレベルはEBU R128 / ITU-R 1770規格のモーメンタリーモードに準拠
  • OS XではRetina対応、WindowsではHigh DPI対応
  • 外部サイドチェーントリガー
  • GPUによるグラフィックアクセラレーション
  • ステレオとモノラルのプラグインが利用可能
  • オプションでMIDIトリガーが可能
  • 一般的なPro Toolsのハードウェアコントロールサーフェスをサポート
  • MIDI学習
  • アンドゥ/リドゥとA/B比較
  • スマート・パラメーター・インターポレーション
  • すべてのパラメーターのサンプル精度の高いオートメーション
  • インタラクティブなヘルプヒントを含む豊富なヘルプファイル
  • VST、VST3、Audio Units、AAX NativeとAudioSuite形式(すべて64ビットと32ビットの両方)、RTAS(32ビットのみ)で利用可能

 

スポンサーリンク
終了セール
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました