【80%OFF】SoundtoysのDelayプラグインPrimalTapが超短期セール中(9/16まで$29)

終了セール
スポンサーリンク

これはおすすめです。

Littleじゃない方です。

PrimalTapはLexconのPrime Timeにインスパイヤされて制作されたDelayプラグインです。

動画を見つけましたが、確かにそっくりです。

少しプリセットを鳴らしてみました。

プリセット鳴らすだけでもかなり良い感じの効果が得られます。

 

概要

Retro Delay With Freeze

ピッチワープしたループやディレイのための「フリーズ」を備えたレトロなデュアルディレイをモデリング。

80年代風のスタジオディレイを探している方、ノブをいじっただけで心を揺さぶるサウンドが得られるパフォーマンスツールを探している方、PrimalTapは必見です。

PrimalTapは、パワフルなパフォーマンスとサウンドデザイン機能を備えたクラシックなデジタル・ディレイ、Prime Timeディレイのユニークなサウンドと機能をエミュレーションし、再構築したものです。オリジナルのハードウェアのように、PrimalTapはデジタルとアナログのハイブリッドサウンドで、デジタルディレイとしては驚くほどのグリット、ヴァイブ、キャラクターを備えています。また、Soundtoysらしく、オリジナルハードウェアのユニークな機能を進化させ、さらにクリエイティブな可能性を追求しています。

Multiply

PrimalTapのMultiplyコントロールは、ロータリースイッチを回すごとに、ディレイタイムを2倍、サンプルレートを半分にします。これは旧Prime Timeユニットのエミュレーションです。80年代初頭、ディレイ回路に必要なメモリは非常に高価だったため、設計者は音質を犠牲にして長いディレイタイムを選択できるように工夫しました。

しかし、この制限が結果的にこのエフェクトの最大の創造性の一つとなりました。ローファイで硬質なエコーをかけたり、もっと型破りなものを探しているなら、オーディオ再生中にノブを回したり、オートマティックにしたりして、本当に珍しいピッチジャンプを作り出すことができます。PrimalTapのVCOモジュレーションと組み合わせることで、非常にワイルドなサウンドを作り出すことができます。

Modulate

オリジナルのハードウェアと同様に、PrimalTapにもVCO(電圧制御オシレーター)セクションが搭載されており、エコーにバリエーションとモーションを加えることができます。VCOセクションは、エコーにバリエーションと動きを加えることができます。このセクションを使用して、豊かなコーラス・エフェクト、テープのようなフランジング、ピッチが緩やかに変化するエコーなどを作り出すことができます。80年代のギターサウンドを再現したり、よりワイルドで不安定なモジュレーションを作るのにも最適です。オリジナルとは異なり、PrimalTapのRateコントロールでは、VCOをオーディオ周波数帯まで上げることができるので、ロボットのようなリング・モジュレーション・エフェクトを作ることもできます。

また、Adjustノブを使えば、VCOセクションを手動でスイープすることができ、ディレイ信号をスムーズかつグリッチフリーで歪ませることができます。RateとAdjustのコントロールを調整すれば、すぐにSFのようなワーブリング・サウンドを作り出すことができるでしょう。もちろん、お気に入りのDAWで録音したり、オートメーションを描いたりして、これらの奇妙なモジュレーション効果を捉え、微調整することもできます。オートメーション化することで、PrimalTapは本当に生き生きとしてきます。

 

Freeze

さらに奇妙な領域に踏み込む準備はできていますか?フリーズ」ボタンをタップすると、入力されたオーディオの一部を切り取ることができます。最も基本的なFreeze機能では、オーディオをテンポに同期させたり、任意の長さでループさせたりすることができます。しかし、タイム、フリーズ、VCOの設定を調整し始めると、本当の意味での狂気が始まります。オーディオの断片を素早く歪ませたり、変調したりして、奇妙で美しいサウンドスケープを作り出すことができるのです。

タイム・ノブを回してジパング・スウィープを作る。VCOコントロールを調整すれば、光線銃の連射も可能です。Multiplyノブで低いオクターブにダイブボムすることもできます。Freezeは、PrimalTapの他のコントロールを試してみると、本当に別世界のようなサウンドを生み出すことができます。

History

1978年に発売された初代Prime Timeは、ダニエル・ラノワ(現在もPrime Timeを愛用)、ブライアン・イーノ、デビッド・バーン、パット・メセニー、ピーター・ガブリエルなど、創造性豊かなサウンドの先駆者たちに愛されました。また、ライブ・オーディオを処理しながらノブやボタンを操作し、楽器として使用するクリエイターもいました。

珍しいローファイとピッチグリッチの効果は、当時、文字通り一種のものでした。128ミリ秒のディレイを搭載しており、オプションで256ミリ秒にアップグレードすることもできます(かなりの料金がかかります)。多くのクラシックオーディオ機器がそうであるように、時間が経つにつれ、限界や不完全さが人々に愛されるキャラクターを生み出すことがあります。Prime Timeの場合、RAMは高価だったので、最小限のものから最大限のものを得ようと、エンジニアは音質を犠牲にしてディレイタイムを増加させる乗算機能を思いついたのです。その限界を利用したのがPrimalTapであり、その音こそがPrimalTapを生み出す原動力となったのです。

A New Direction

PrimalTapはオリジナルのPrime Timeを忠実に再現していますが、この名機を21世紀に蘇らせるためには、新しい機能や改良を加えずにはいられませんでした。

入力ドライブ

さらに、この機能を使いこなせなければSoundtoysとは言えませんので、「IN」の量も追加し、古いハードウェアを強く押したようなサウンドを得ることができます。これは、非常にユニークなブレークアップ・サチュレーションで、サウンドにちょっとした変化を与えたり、もっと大胆にしたりするのに使用できます。どちらも私たちが大好きな要素です。

ホストへの同期

DAWのテンポに合わせてロックすることで、野獣を手なずけることができます。欲を言えば、ディレイを暴走させることもできます。2つのディレイラインは、それぞれノート値に同期させることも、ミリ秒単位で設定することもでき、自由度が高いです。

ホスト・オートメーション

PrimalTapのノブを使ったサウンドを、お気に入りのDAWでオートメーション化することで、心を揺さぶるようなサウンドを得ることができます。狂おしいほどのノブの動きを録音しても、ホストに直接描き込んでも、オートメーションはこのエフェクトのクリエイティブな可能性を最大限に引き出します。

アップグレードされたメモリー

オリジナルは128ミリ秒のディレイタイムに制限されていましたが、PrimalTapは最大2500ミリ秒という比較的大きなディレイタイムを実現しました。長めのエコーをかけたり、フリーズ機能を使って最大2.5秒のオーディオをサンプリングしてループさせることができます。

拡張されたVCO

PrimalTapのVCOシェイプは、オリジナルでは1種類でしたが、PrimalTapでは4種類のモジュレーションが可能です。さらに、VCOレートをオリジナルよりもはるかに大きくすることができ、リング・モジュレーション・エフェクトのためにオーディオ・レンジまで移動させることができます。さらに、2つのディレイ・タップそれぞれのVCOデプスを独立してコントロールし、それぞれの位相を反転させることで、2つの異なる方向にモジュレーションを動かすことができます。

新しいフィードバック・アルゴリズム

PrimalTapのフィードバックセクションには、オリジナルにはない4つの新しいフィードバックタイプが用意されています。パラレルモードとシリーズモード、独創的なステレオエフェクトのためのピンポンモード、そして豊かなウォッシュエコーを得意とする特別なリバーブモードです。

Ken’s Spin

「私は常に、ユニークな個性と雰囲気を持った一風変わった機材を探しています。最近、YouTubeでDaniel LanoisがBlack Dubを使ってライブミキシングしている映像を見ていました。Prime Timeのホールドボタンを使ってアンビエントループをキャプチャーしたり、Multiplyノブを使ってオクターブシフトさせたりと、H3000とPrime Timeをリアルタイムに使い分けてミキシングしているのを見て、とても興味深く、刺激を受けました。これに気を良くした私は、すぐにコレクションの中からPrime Timeのディレイを取り出しました。瞬時に顔がほころびました。あまりにも奇妙でクールで音楽的だったので、これは私が次に取り組むべきことだと確信しました。このプラグインに、同じレベルの厳しさ、個性、音楽性を持たせるためには、何ヶ月もの作業が必要でしたが、確実に報われたと思っています。今ではSoundtoysのプラグインの中で一番気に入っています」。

Ken Bogdanowicz, CEO and lead designer of Soundtoys.

 

主な機能

  • 風変わりなPrime Timeエコーにインスパイアされたビンテージ・デジタル・ディレイ・サウンドを実現
  • 2つの独立したディレイ・タップで複雑なディレイ効果とモジュレーションを実現
  • Multiplyノブで非常に大きなピッチジャンプを実現
  • VCOセクションで、豊かなコーラスからSF的なワーブルまで作成可能
  • 独自のFreezeコントロールを使って、入力されたオーディオをサンプリング、ループ、ワープする
  • 拡張されたメモリと独創的な新機能で、オリジナルのハードウェアを超える

System Requirements

Plug-in Formats (64-bit only):

  • AAX Native, AAX AudioSuite, VST, and Audio Units (AU)

Supported Sample Rates:

  • Minimum: 44.1 kHz, Maximum: 192 kHz

Minimum Requirements:

  • オペレーティングシステム OS X 10.10以降、Windows 7以降
  • アクティベーション時にインターネットへの接続が必要です。
  •  ilok.comの無料アカウントが必要です(物理的なUSB iLokは必要ありません)。
スポンサーリンク
終了セール
Chillout with Beats

コメント