【1/31まで$35】Audio DamageのFMドラムマシンAxon 2がセール開催中(40%OFF)

セール
スポンサーリンク

Audio DamageのAxon 2が個別セールです。

Axon 2は万人受けするプラグインではありませんが、テクノ系(特にIDM)がお好きな方はチェックして見て下さい。

なかなか使いこなすのは難しいですが、素晴らしい音が鳴ります。

プリセットを鳴らしてみました。

 

リフとベースを足してました。
(内部LFOは無いので、パラメータはオートメーションを掛けてます)

 

概要

Axon 2は、人工知能によって駆動するドラムシンセです。(実験的な楽器であるAxonは、シーケンサーとして修正した人工ニューラルネットワークを使用し、7つのFMベースのパーカッションボイスを備えていますが、実際には1つの18オペレータのFMボイスです。 

もしこれが奇妙に聞こえるなら、あなたはまだ何も見ていないのです。一度コツをつかめば驚くほど直感的で、まったく新しい複雑なリズムを、驚くべき方法で繰り返すことが可能です。よく「ランダム・シークエンス・ジェネレーター」と呼ばれますが、Axonにはランダム性はなく、完全に決定されたものなのです。 

シーケンサーには7つの「ニューロン」があり、音声をトリガーし、所定の数のパルスを受信するとパルスを送信します。どのニューロンの出力も他のニューロンの入力に接続することができ(暴走を防ぐためのループ検出機能が内蔵されています)、「学習」段階を経ずに人工ニューラルネットワークを事前にプログラミングすることができます。

7つのドラムボイスは、それぞれニューロンによってトリガーされ、パーカッションサウンドに最適な構成の2オペレータFMボイスと、すべてのボイスが送受信する追加のFMおよびAMバスから構成されています。各ボイスにはHPF、ディストーション回路、ホワイトノイズジェネレーターが搭載され、パーカッションに特化したフルレンジのボイシングを個別に実現するとともに、互いに新しいユニークな方法で相互作用しています。

 

Features

  • 7つのニューロンを持つArtificial Neural Networkシーケンサーを搭載し、簡単にプログラムして新しい反復リズムを作ることができます。 

  • 7つのFMパーカッションボイスは、バス接続することで1つのモノリシックで複雑なパーカッションシンセサイザーを作ることもできます。 

  • 各ボイスにパン、レベル、ミュート、ソロを備えたフル・ミキサーを搭載。 

  • フィードバックとフィルター周波数をX/Yパッドでコントロールできる内蔵ステレオディレイ。 

  • DAWやハードウェアシーケンサーからAxonを駆動したり、ドラムラックや他のサンプルをAxonから駆動したりするためのMIDI入出力。 

  • 非同期プレイバックのための内部トランスポート

  • リサイズ可能なベクターベースのユーザーインターフェイス

  • 正弦波の減衰を減らすために描かれた往復運動ディングルアーム

  • XMLベースのクロスプラットフォーム、人間が読めるプリセットシステム、コピー/ペーストにより、独自のプリセットやサードパーティ製プリセットを簡単に転送できます。

System Requirements

Mac

  • macOS 10.12以上
  • VST/VST3/AAX/AU(64ビットのみ)

PC

  • Windows 8.1 以降。
  • VST/VST3/AAX(64ビットのみ)

重要:このソフトウェアは64ビット対応のみであり、32ビットシステムでは機能しません。

スポンサーリンク
セール
Chillout with Beats

コメント

Translate »