【11ドル 12/4まで】Lunacy AudioのCUBE Miniが11ドルセール実施中(80%OFF)

セール
スポンサーリンク

セール情報

圧倒的に最安値です。
(これ以上は下げられないって感じですね)

私はFull版を持っていますが、かなり良いです。

気掛かりなのはMiniからFull版へのアプグレかと思います。

買い切りでもこの価格なら良いレベルですが、オフィシャルの説明をしっかり読んだらアプグレパスがある事が明記されていました。

Upgrade any time at a discounted price

 

音デモ

鳴らすのはCUBEですが、プリセットはCUBE Miniに搭載されているものを選びました。

 

CUBE MiniとCUBEの違い

CUBE MiniとCUBEの違いについてはオフィシャルに比較がありました。

異なるポイントは以下です。

・サウンドソース数(35/108)
・プリセット数(120/500)
・アドバンスドサンプルエディター
・FXスイート
・Orbitのエディット(なし/あり)
・モジュレーション(4つのLFO+マクロ)
・サンプルのドラッグアンドドロップによるインポート
・新機能やアップデート、プリセットパックへのアクセス

Miniは簡単に言ってしまうとFULL版からOrbitとModを取り除いた廉価版です。

それぞれ違いを解説します。

サウンドソース数

Miniは35でFull版は108のサウンドソースを搭載しています。

このサウンドソースはプリセットではありません。

Cubeのプリセットは3Dインターフェースの各角にサウンドソースが読み込まれています。

このサウンドソースは拡張音源を追加で買えば、後から追加することが可能です。
(セールで29ドル位になります)

 

プリセット数

プリセット数はMiniは120、Full版は500です。

プリセット数は約4分の1ですが、拡張音源を追加で買えば、後から追加することが可能です。

 

アドバンスドサンプルエディター

各角に読み込まれたサウンドソースをエディットすることが出来ます。

ADSRやFilterは勿論、リバースやアルペジエイターも搭載されています。

 

FXスイート

結構ちゃんとしたエフェクトが13種類搭載されています。

搭載エフェクトは以下の通りです。

フィルター、ビジュアル EQ、サチュレーション、波形歪み、ビットクラッシャー、コンプレッサー、コーラス、フェーザー、ディレイ、アルゴリズムリバーブ、コンボリューションリバーブ、リミッター

エディットしてみました。

 

Orbitのエディット

OrbitはCUBEの特徴でもある、3D(縦横奥行)で8つの音色をクロスフェードして鳴らす事が出来る機能です。

OrbitのOn/Off、スピードは変更出来ますが、エディットは一切出来ません。

FULL版の下図の部分が一切使えません。

モジュレーション(4つのLFO+マクロ)

Orbitと同様にモジュレーションとマクロのエディットは一切出来ません。

 

サンプルのドラッグアンドドロップによるインポート

FULL版だとサウンドソースに自分のサンプルをドラッグアンドドロップでインポートすることが出来ます。

ワンショットなんかを読み込めサウンドソースになるので非常に強力ですが、Miniでは使えません。

 

新機能やアップデート、プリセットパックへのアクセス

新機能やアップデートが提供されない訳では無いと思うのですが、直ぐには反映されないという事だと思います。

また、プリセットパックは少しずつですが、増えていて、FULL版だと追加でダウンロードすることが出来ます。

 

概要

3Dサンプルのモーフィングをあなたの指先に

CUBE Miniは、サウンドのインスピレーションを即座に得られるサンプラーとベクターシンセのプラグインです。CUBEと同じ受賞歴のあるエンジンとシームレスな3Dインターフェースにより、35種類のサンプリング音源、120種類のプリセット、サウンドデザインツールが搭載されており、現代のエレクトロニック、ヒップホップ、ポップ、ジャンルを超えたトラック制作に最適な環境を提供します。

新しいソニックの次元へのポータル

CUBE Miniのベクトルオービットシステムは、最大8つの高度なサンプラーと3Dインターフェースを自動的にブレンドし、これまでにない進化したサウンドとテクスチャーを作り出します。リバース、ループ、アルペジオ、内蔵サウンドライブラリーによる無限のバリエーションや、ディストーション、リバーブ、ディレイなど、CUBE Miniの豊富なエフェクトをプリセットに追加することも可能です。

無限の可能性を秘めたソニック・パレット

35種類の音源 – アナログシンセ、パッド、パーカッション、ストリングス、キーボードなど、マルチサンプルのインストゥルメントを多数収録。
120のプリセット – Lunacyのエキスパートサウンドデザイナーが最先端のプロセッシング技術を使って丹念に作成したものです。
8つのサンプルエディター – アルペジエーター、フィルター、エンベロープ、ステップシーケンサー、リバース、モノフォニック、グライド、パン、チューニングが搭載されています。
13のFXモジュール – フィルター、ビジュアルEQ、サチュレーション、ウェーブシェイピング・ディストーション、ビットクラッシャー、コンプレッサー、コーラス、フェーザー、ディレイ、アルゴリズミック・リバーブ、コンボリューション・リバーブ、リミッター
拡張可能なコンテンツ – ハイブリッド管楽器のAir、実験的な弦楽器のThreads、重厚なシンセベースとパーカッションのRumbleでCUBEのパレットをさらに広げることができます。
ランダム化 – ボタンをクリックするだけで、ユニークな新しいパッチを作成できます。
エコモード – RAMの使用とCPUの負荷を最小限に抑える特別なCPUセーブ機能

システム要件

macOS 10.9+ AU / VST / AAX / スタンドアローン
Windows 7+ 64ビット VST / AAX / スタンドアローン
主要なDAWでサポートされていること
4GB以上のRAM(8GB推奨)、2GB以上の空きドライブスペース。
製品のダウンロードとアクティベーションのために、安定したインターネット接続へのアクセスが必要です。

 

スポンサーリンク
セール
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました