【82%OFF】KV331のプリセットが1750も搭載されたSynthmaster Playerがセール中(10/31まで$5)

セール
スポンサーリンク

KV331のプリセットが1750も搭載されたSynthmaster Playerが$5のセールです。

エディットはあまり出来ませんが、プリセットが大量なのでシンセをお持ちで無い方におすすめです。

そして今月のPluginBoutiqueさんの購入特典PUNISH Liteを貰うのに良いかと思います。

軽くサクサク動くのでスケッチ用として良いです。

Core i7-4770K 3.5GHzのPCで5音同時発音時で4%~9%程度の負荷でした。
(負荷はプリセットによるばらつきがあります)

そしてプリセットはサウンドデザイナーが手掛けているので使い易い音が

プリセットをサクッと鳴らしてみました。

 

概要

SynthMaster Playerは、SynthMasterの簡易版で、編集機能が制限されています。自分でサウンドをデザインするよりも、プリセットを使用することを好むユーザーを対象としています。この有料版には1750のファクトリー・プリセットが付属しています。ユーザーは、サウンドデザイナーが各プリセットに割り当てた12個の簡単なパラメーターや、レイヤー/グローバル・エフェクトのバイパス・ステートを編集することができます。

 

特徴

  • クロスプラットフォームのVST、AU、AAX:SynthMaster Playerは、WindowsとMac OSXの両方でVST、AAXインストゥルメントとして動作し、Mac OSXではAudio Unitインストゥルメントとして動作します。
  • 1750のファクトリープリセット SynthMaster Playerには、世界的なサウンドデザイナーのチームによる1750のファクトリー・プリセットが搭載されています。Arksun、Aelyx Design、Aiyn Zahev、Bluffmunkey、BigTone、Frank ‘Xenox’ Neumann、Gercek Dorman、Michael Kastrup、Nori Ubukata、Rob Lee、Umit ‘Insigna’ Uy、Ufuk Kevser、Teoman Pasinlioglu、Vandalism、Vorpal Sound、Brian ‘Xenos’ Lee。
  • 簡単パラメータ。SynthMaster Playerの各プリセットには、サウンドデザイナーによって8つのイージーノブと2つのXYパッドが割り当てられています。ユーザーはこれらのパラメーターを編集して、プリセットの音色を変更することができます。イージー・パラメーターは、簡単に使える「Midi Learn」機能を使って、MIDIコントローラーとリンクさせることができます。
  • マイクロチューン。SynthMaster PlayerはScalaチューニングに対応していますので、プリセットごとにチューニングを設定したり、Scalaチューニングファイルを読み込んでグローバルにチューニングを設定することができます。
  • プリセット・ブラウザ。SynthMaster Playerはプリセット・ブラウザを備えており、楽器の種類、プリセットの属性、音楽スタイル、プリセットの作成者などの条件で検索できます。
  • 複数のスキン。SynthMaster Playerには、カラーバリエーションの異なる2種類のスキンが用意されています。ユーザー・インターフェース・エディター(SynthMaster/SynthMaster DEMOに同梱)を使用して、既存のスキンをカスタマイズするだけでなく、独自のカスタム・インターフェースを作成することもできます。
スポンサーリンク
セール
Chillout with Beats

コメント

Translate »