【73%OFF】DiginoizのHattricksやSubdivineが入ったTotal Bundleがセール中(9/30まで$49)

セール
スポンサーリンク

Subdivineは購入していない為、何とも言えませんが、Hattricksは買いましたので、少し解説も入れつつご紹介です。

Hattricksはこんな感じです。

 

Trap系を打ち込むとこんな感じです。

 

曲っぽくするとこんな感じです。

 

Hattricksの単体はAPDさんでセールしています。

Hattricksが$29.99なので$20でSubdivineと拡張音源も手に入るなら悪くないセールだと思います。(ただSubdivineについては確認出来ていないので、流石に全然ダメってことは無いでしょうが、おすすめ出来るかはちょっと判りません)

Hattricksの概要

Hattricksは、無意識のうちに必要性を感じていたTrap用VSTです。

最近のチャートの上位は、少なくともある程度トラップのサウンドに影響を受けた音楽で埋め尽くされています。トラップのジャンルに属する、または由来する曲であることを示すには、3つの要素のうち少なくとも1つが必要です。808ベース、808スネア、高速ハイハットロールです。808ベースは簡単に演奏できますし(特にSubdivineベースインストゥルメントがあれば)、スネアは2と4*に簡単に配置できます。それから…オーディオのハイハットループを追加して、後でその音を変えることができないようにするか、それなりに速い手と優れたMIDIコントローラーがあれば、ハイハットパターンを演奏しますが、シンプルなものだけなので、やや刺激の少ない音になるかもしれません。あるいは、マウスで個々の音をクリックするという、長くて退屈で手間のかかるプロセスに足を踏み入れることになりますが、これは流れに乗ることとは無関係です。

ただし、Hattricksがあれば別です。

Hattricksはトラップハイハット作成のためのVSTで、そのプロセスをスムーズに、簡単に、そして熟練したものにしてくれます。専門用語で言えば、サンプラーとシーケンサーであり、リズムの分割がキーに割り当てられています。例えば、D3を押すと1/4音、E3を押すと1/8音といった具合に、あらかじめプログラムされたループ状のリズムディビジョンが再生され、1/128のロール音が再生される。もちろん、3連符もありますよ。これらの機能により、通常では演奏できないハイハットのパートをリアルタイムで録音したり、プログラムを作成する場合でも、グルーブを得るためには100回ではなく数回のクリックで済みます。これであなたの時間と創造力がどれだけ節約できるか想像してみてください。

パートを演奏した後にサウンドを変えたいと思ったら、Hattricksの膨大なライブラリからサンプルを選んだり、自分のお気に入りのサンプルをドラッグしたりすることができます。また、音の長さを変えたり、チューニングを変えたり、ローパスやハイパスでフィルターをかけたり、アタック、ディケイ、リリースの時間を調整したりすることができ、音に磨きをかけることができます。

トラップハイハット用のVSTは、シーケンスの選択した部分をリチューンしたり、特徴的なチューニングのロールを作ることができなければ、包括的なものとは言えません。これには2つの方法があります。ピッチホイールを使う方法と、正確なチューニングをしたい場合はキーボードを使う方法です。C1から上の鍵盤を押すと、音のピッチが半音ずつ上がっていき、C1から下の鍵盤を押すと、音のピッチが半音ずつ下がっていきます。

しかし、Hattricksにスネアのサンプルを読み込んだとしたらどうでしょう?そうすると、トラップ・スネア・ドラムロールのVSTになりますよね。また、ディビジョンセクションとは別に、アーティキュレーションセクションも便利です。フラム、ドラッグ、ラフ、バズ、ロールなどのドラムラディメントがあらかじめプログラムされており、2段階のスピードでドラムフィルを素早く作ることができます。

また、音色サンプルをHattricksにロードした場合はどうでしょうか?そうすると、このプラグインはトラップ・メロディーのVSTのようなものになり、まずリズム・シーケンスを作り、次に音のピッチを変えることができます。

また、Hattricksにキックサンプルをロードしたらどうなるでしょうか?このような状況では、トラップハイハット用のVSTから、ヘビーメタルのバスドラムパッセージを作るためのVSTに変更することで、地獄への高速道路に入ることになりますが、ちょっと行き過ぎではないでしょうか?

このプラグインは、Trap、RNB、Pop、EDMなど、どんなジャンルにも使えますし、ヘビーメタルにも使えます。

Subdivineの概要

サブディバイン 808系の低音を必要とする音楽プロデューサーやビートメイカーのために開発された、低音重視の音楽制作に欠かせないインストゥルメントです。Trap、Hip-Hop、R&B、Future R&B、Soul、Neosoul、Popなど、ベースを基調としたあらゆるジャンルに最適です。

Subdivineは、シンセサイザーのようなインターフェースを持つ、演奏可能なベースサンプルのライブラリです。経験豊富なサウンドデザイナーと音楽プロデューサーによって作られ、効率的なワークフローと使いやすさ、そしてローエンドとスタイリッシュな808フレーバーを持つ最高のサウンドを提供します。Subdivineのプリセットは2つのグループに分かれています。アナログ – 最高のアナログシンセからサンプリングされたものと、デジタル – 最高のデジタル楽器からサンプリングされたものです。すべてのプリセットは、ADSRエンベロープで形成し、Driveで強化することができる独自のキャラクターとユニークなサウンドを持っています。

The Drive! さて、ここからが本番です。SubdivineのDriveは、感度の異なる7種類のディストーションで構成されており、その全てが最高品質のアナログとデジタルのハードウェアのエミュレーションであるため、サウンドを少し温めたり、人類がこれまでに聞いたことのないような病的なドロップのように歪ませることができます。

Subdivineの音域は、ライブラリをコンパクトにするために2オクターブに絞られており、高品質なローエンドを効率的に提供しています。

Subdivineは、最も一般的な2つのプラグイン形式で利用できます。SubdivineはVST3とAUの2つの最も一般的なプラグインフォーマットで提供されているので、これらのフォーマットに対応したDAWで使用することができます(その他のフォーマットにも対応)。

スポンサーリンク
セール
Chillout with Beats

コメント