【無料】Beat MagazinのBASSAKER 808が無料配布(6/25まで)

終了セール
スポンサーリンク

【無料】Beat MagazinのBASSAKER 808が無料配布(6/25まで)

これ結構良いです。

Baas専用音源をお持ちで無い方におすすめです。

特にTrap系の音楽作る方は808Kick系のBass音も入っているのでおすすめです。

似た系統だと以下もおすすめです。(細かくエディットが出来ますが、お手軽感は減ります)

 

Bass専用音源のメリットは基本的に音の高さが揃っている為、プリセットをガンガン変えるだけで曲に合う音を探せる点です。

少し余裕があるという方はSoftubeのMonoment Bassがおすすめです。

シンセ系の音源ならBassの音は出ますが、音の高さ(オクターブ単位)が揃っておらずプリセットを幾つか変える度にオクターブずらす何てことが結構あります。
(Kick系は音程が2オクターブ位ぶれているので注意)

そして音色が155種類も搭載されているので使い勝手が良いです。

あと嬉しいのがプリセットは音色だけが変わります。
(パラメータはそのまま)

ですからMono、Poly、Glide等の設定は一度してしまえば後はプリセットを切り替えて好み(楽曲に合う)を探せば良いんです。

少し動画をってみました。

 

 

概要

その名の通り、このインストゥルメントは155種類の深くて暗いサブ、キック、808シングルショットのコレクションを提供しています。

すべてのサウンドはクロマチックに演奏できるので、Trapの典型的なGlides-808の他に、メロディックなフックラインを演奏することもできます。Trap、Dubstep、Lo-Fi、Garage、Grime、Future House、Bass Music、Hip-Hop、Drum & Bassなど、大きくて汚いボトムを必要とするすべてのスタイルに適しています。

WindowsではVST、macOSではVSTとAudioUnit、64ビット版があります。デモのサウンドは、ハイハットとクラップを除き、すべてBassaker 808で作られています。

スポンサーリンク
終了セール
Chillout with Beats

コメント