【$54 5/22まで】Bass MasterとKHORDSのバンドルがセール開催中(60%OFF)

セール
スポンサーリンク

Bass MasterとKHORDSのバンドルが安いです。

Bass MasterはBig Surに未対応という点はご注意下さい。
(KHORDSは対応済み)

過去それぞれ最安は税込み$35位だったと思うのでバンドルとはいえ、更に安いです。

Bass Masterはベース特化型の音源で、拡張音源がジャンル別で販売されているので特定ジャンルと作る時に非常に便利です。

プリセットは初期で350も搭載されています。

プリセットを鳴らしてみました。

 

KHORDSは90sのクラブ系ミュージック好きにおすすめな音源です。

90年代のサンプラーはROMの容量や機能的な問題で、音程を高くする場合は再生速度を速くししていました。

そのため、高い音は短くなり、低い音は長くなります。

例えばこんな音とか。

ドラムンベースではまり易い音が多い感じです。

軽くプリセットを流してみました。

プリセットはたっぷり550あります。

 

サンプラー全盛期にはレコード等からコード等サンプリングして再生させていた為、高い音だと速く(短く)再生されるという独自の音が出来上がりました。

今でも再現出来ますが、費用対効果を考えると買った方が楽です。

Bass Masterの概要

Bass Masterでは、スピーカーを揺るがすようなヘビーなトーンを数回クリックするだけで実現できます。このインストゥルメントはベースに完全に特化しており、Loopmastersの受賞歴のあるサウンド・ヒストリーに基づいて作られています。

Bass Masterの膨大な種類のソース・サウンドは、あらゆるジャンルの重厚でパワフルなベース・トーンのインスピレーションとなります。2つのレイヤーには、伝説的なハードウェアの名作と最先端のシンセサイザーから厳選された217の波形セット(約50,000の組み合わせが可能)が配置されています。Loopmastersが何十年にもわたって最高品質のサウンドを提供してきたことを考えれば、それ以下のものを受け入れる必要はないでしょう。

Bass Masterには350以上のミックス用プリセットが用意されており、クリーンでシンプルなUIを採用しているため、究極のベース・トーンを簡単に作り出すことができます。

搭載されているフィルターは、ローパス、バンドパス、ハイパス、ラダーフィルター、コムフィルターなど、13種類のフィルターが用意されています。フィルター・エンベロープ(ADSR)とLFO(RandomとDriftを含む)は、Bass Masterにさらなる造形力を与えています。

Bass Masterには3つのエフェクトが用意されています。Distortionには5つのアルゴリズムがあり、DriveとColourで、温かみのあるサチュレーションや劇的な変化を与えることができます。Stereo Chorusには4つのアルゴリズムがあり、AmountとRateで、わずかな厚みを加えたり、徹底的にステレオを広げたりすることができます。Reverb SendにはBright、Mid、Darkの3つのアルゴリズムがあり、LevelとSizeでサウンドにスペースを加えることができます。 

Frequency Boosterは、3つのバンドで信号を加熱し、音を微妙に整えたり、急激に加熱したりします。 

 

ダイレクトアウトでは、サブレイヤーをフィルタリングせずにきれいなままにして、しっかりとした土台を作ることができます。

グローバル・コントロールには、レガートとポルタメントの設定、グライド・タイム、最大12半音のピッチ・ベンド・レンジが含まれます。 

各プリセットには、3スロットのモジュレーション・ホイール・マトリクスにマッピングされたパラメーターが用意されているので、どのパッチもトラック全体にモジュレーションをかけることができます。

システム要件

macOS:

  • 10.12 – 10.15 (macOS 11 Big Surにはまだ正式対応していません。)

Formats:

  • AU (64-bit only)
  • VST (64-bit only)

Windows:

  • 10, 8 and 7

Formats:

  • VST (64-bit only)

Note:

  • Bass Masterは、64ビットのプラグインをサポートする「最新」のDAWで動作します。試用版をダウンロードして、お使いのシステムで動作することを確認してから購入してください。

Important Notes:

  • Bass Masterは現在、AAXフォーマットでは提供されていません。
  • Bass MasterはmacOS 11 Big Surには対応していません。

 

KHORDSの概要

KHORDSは、あなたの作品にサンプリングされた個性とクラシカルなキャラクターをもたらしてくれるインストゥルメントです。550種類ものインスパイアされたコードプリセットを指先に用意しているので、これまでにないほど簡単にミックス可能なトーンをトラックにストレートに取り込むことができます。

巨大なサウンドライブラリには、スタブ、プラック、ストラム、パッド、雰囲気、その他多くのクリエイティブなソースがストックされており、あらゆるジャンルの音楽に新しい感覚を即座に注入することができます。Loopmastersの多様性と品質の高いサンプリングが搭載されているので、Khordsはいつでもその場でヒットすることを保証します。

メジャー、マイナー、単音のカテゴリーから選択し、あなたに合った楽器の組み合わせをブラウズできます。Khordsのランダムセレクターは、メジャー/マイナーの感覚を維持しているので、トーナリティを失うことなく新しいセットアップを試すことができます。

Khordsのシンセ・エンジンは、直感的でありながらパワフルで、サンプルのピッチとタイミングをコントロールするためのリアルタイム・オーディオ・ワープ、12種類のフィルター、振幅とフィルターADSR、LFO、エフェクトなどを提供し、あなたのサウンドに特別な個性をもたらします。

システム要件

  • Mac

    • macOS 10.12 – macOS 11 Big Sur(公式にテストされたmacOSプラットフォーム

    Formats:

    • AU (64 bit only)
    • VST (64 bit only)

    Windows

    • Windows 7, 8 and 10

    Formats:

    • VST (64 bit only)

    Important Notes:

    • KHORDSは、現在AAXフォーマットでは販売しておりません。
    • デモをダウンロードして、お使いのシステムで動作することを確認してから購入してください。
スポンサーリンク
セール
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました