【97.90ドル 12/17まで】Zynaptiqの25種類のアルゴリズムを搭載したORANGE VOCODER IVがリリースセール開催中

2023 05 14 17h18 12 終了セール
スポンサーリンク

セール情報

Zynaptiqさんの「ORANGE VOCODER IV」がセールです。

ORANGE VOCODER自体は1998年にProsoniq社がリリースしたボコーダープラグインでZynaptiqが引き継いで開発を続けていたようです。

ORANGE VOCODERとの名の通り、オレンジ色のプラグインでした。
(今見ると目が痛くなる様な色です・・・)

旧GUIはサンレコさんの10thエディションのレビュー記事で確認出来ます。

「ORANGE VOCODER IV」ですが、シックで落ち着いたGUIとなり、Zynaptiqさんらしいデザインになりました。

2023 05 13 21h41 16

 

おすすめポイント

「ORANGE VOCODER IV」にはボコーダーのアルゴリズムを24種搭載しています。(新規に16種追加)

レイテンシー無しやアナログモデリングも含まれます。

2023 05 13 22h50 17

「ORANGE VOCODER IV」はシンセエンジンを内蔵しているので、簡単に音を出す事が出来ます。

ボコーダーは2つのソース(モジュレーターとキャリア)を必要としている為、慣れない人だと音を出すまでに苦労することがあります。

内蔵のシンセプリセットは500以上搭載されているので、これだけでも十分楽しめます。
(カテゴリが3つだけで中に大量に入ってて選択がし辛い所だけがマイナス)

2023 05 14 17h32 33

 

音デモ

まずはアカペラと外部シンセで鳴らしてみました。

最初それぞれの音を鳴らしてからボコーダーの音を鳴らし、アルゴリズムを変更しています。

それぞれ結構特徴が異なるので選択肢が増えます。

またアルゴリズムの上にマウスオーバーするだけで変更されるので素早く試聴出来て良いです。

 

モジュレーターとキャリアを入れ替えると全部ではありませんが、幾つかのアルゴリズムでボーカルエフェクトして面白いです。

キャリアをモノベースで鳴らしてみました。

 

今度は内蔵のシンセ音源を使って鳴らしてみました。
(アカペラも男性に変えてみました)

シンセ音源の音色を変えると音が結構変わるので、同じプラグイン内で設定変更出来るのは集中して作業出来て良いです。

 エディットしつつシンセのプリセットを鳴らしてみました。

 

あとこれはおまけ機能ともいえるのかもしえませんが、AutoToneの様な使い方も出来ます。

「PITCH-Q」という機能があり、クオンタイザーとして動作します。

「SCALE」モードだと鍵盤で指定している音階のみにクオンタイズされます。

 

セール会場

価格だけで言えばBestserviceさんでポイントと購入特典を考えるとPluginBoutiqueさんが良いです。

 

概要

Orange Vocoder IV
Vocoding, Zynaptified

ORANGE VOCODER IVは、現在入手可能なボコーディングアルゴリズムの中で最も包括的で最高のサウンドセットを、レーザーのようなピッチコントロール効果、パワフルなシンセサイザー、オーディオフリーズ、非常に楽しく効率的なワークフロー、その他多くのものと組み合わせた、まさに究極のボコーダー・プラグインです。

新しいボーカル・サウンドの作成、奇抜なサウンド・エフェクト、オーガニックなロボットやクリーチャーの声の作成、色彩豊かに変化する音楽グルーブの彫刻など、このクリエイティブ・プロセッシング・パワーハウスは、あなたのためにあります!

*もちろん、あまりオーガニックでなくても構いません。

バージョンIVの新機能

ORANGE VOCODERのバージョンIVは、ProsoniqブランドのクラシックなOrange Vocoderから大幅にアップグレードされています。

何が新しくなったか?もちろん、あなたが気に入っている部分を除いて、ほとんどすべてです。ここでは、そのハイライトをいくつかご紹介します:

アナログ・モデリング、スピーチ・モデリング、独立成分分析、LPCフィルタリング、ウェーブレット変換などの技術に基づく、合計24のユニークなボコーディング・アルゴリズムを搭載しています。
ユニゾンとモノラルレガートの操作、スルーゼロのリニアFM、包括的なモジュレーションオプション、プリセットジェネレーターなど、完全に書き直された高品質のシンセサイザーセクション。
MIDI制御のピッチクォンタイザーモジュール(グレインモーフィング、ポリフォニックオプションを含む、ゼロレイテンシーのピッチエンフォーサーを含む5モード
モジュールサブプリセットとスマートランダマイズを含む、超ストリーム化されたワークフローを持つ新しい、合理化されたマルチビューUI。
macOSではAU、AAX Native、VST 2.4、VST 3を、WindowsではAAX Native、VST 2.4、VST 3をサポートします。
ボコーダーは1つ?24個はどうでしょう?

ORANGE VOCODER IVは、1つの素晴らしいボコーダーサウンドを提供するだけでなく、24のボコーディングとクロスシンセシスモードを提供し、それぞれが独自のサウンドキャラクターを備えているのです。

暖かくファットなサウンド、幽玄なサウンド、ダークでムーディーなサウンド、クリアなサウンド、バターのように滑らかなサウンド、完全に破壊されたサウンドなど、新しいサウンドのインスピレーションは尽きることがありません。

ORANGE VOCODER IVは、ボコーダーとして最も包括的なサウンド・ハイブリッド・オプションを搭載するよう設計されています。

*そして、まだどの本にも載っていないようなものもあります。

丹念に作り込まれた

Zynaptiqチームは、彼らのスタイルに忠実に、優れたフォルマント・シフター、TRACESと呼ばれるフィルターバンクのリリース/リバーブ、HFスルーとアンボイス・シンセシス、プラグイン入力をキーにしたエキスパンダー、そして2つのモードでのゼロレイテンシー操作を追加しました。そして-最も重要なこと!- そして、重要なことは、これらのすべてが、驚くべきサウンド、フロント、ダイナミック、そしてミックスの中にうまく収まるように細心の注意を払って作られていることです。

言い換えれば、すべてを備え、さらに素晴らしいサウンドを実現したのです。

オレンジボコーダーIV
ボコーディング、Zynaptified

 

包括的と言いましたか?

Zynaptiq のチームは、単に究極のボコーディングを提供するだけでなく、ボーカルのチューニングやレイヤーハーモニー効果、パッドやドローン、シンセ音、カラーベーススタイルでのハーモニーサポートなど、ボコーディングに関連するワークフローのための機能をORANGE VOCODER IVに搭載しています(文字通り)組み合わせは自由です。

ワークフローを素早く簡単にするために、ORANGE VOCODER IVのモジュールはすべてセミモジュラールーティングアーキテクチャで接続されており、OVERVIEWビューに明確にレイアウトされています。

インタラクティブなシグナルフローダイアグラムをインターフェースに、新しいサウンドを生み出すことも夢ではありません。モジュールを信号経路に切り替えて主要なパラメータを調整したり、サブプリセットをロードしてルーティングを調整したり、さまざまなプロセッサをミックス、ソロ、ミュートしたりと、さまざまなことができます。モジュールのボックスをクリックすると、シンセ、ボコーダー、エフェクトのページが表示されます。

ORANGE VOCODER IVは、単なるボコーダーではありません。それは、インスピレーションに満ちたサウンドデザインの遊び場であると同時に、効率的な制作ツールなのです。

シンセ

ORANGE VOCODER IVは64ボイスのシンセを搭載し、何百ものプリセットと、ボタンをクリックするだけで新しいサウンドを作り出すプリセットジェネレーターを備えています。このシンセは、ボコーダーの入力として、他のモジュールとのレイヤーとして、また単独で使用することができます。

2つのオシレーターは、アナログエミュレーション波形とサンプリングされたビンテージデジタル波形を使用でき、2種類のリングモジュレーション、ハードシンク、スルーゼロFM、7種類のポリフォニックディストーションを搭載しています。これらは美しいレゾナンスを持つ6~24dBのローパスフィルターに供給されます。モノ/ポリフォニックLFO(オシレーターはオーディオレート対応)、ADエンベロープ、エンベロープフォロワー、ゼロクロストラッカー、ベロシティ、4デスティネーションマクロコントロールなど、包括的なモジュレーションオプションを備えています。また、最大8音色までのユニゾン操作やDETUNE、CLUSTERモード、グライド付きのモノラルレガートにも対応しており、MIDIによるシンセ演奏やオンスクリーンキーボードで演奏する音を指示することができます。

ピッチクォンタイズ

ORANGE VOCODER IVは、入力信号を特定のピッチに強制的に変換するピッチクォンタイザーを備えており、ボコーダーと並行して、またはボコーダーの代わりに使用することができます。QUANTIZE、SCALE、NOTE、ENFORE、POLYFORCEの5つのモードがあり、柔軟で幅広いサウンドオプションが可能です。ENFORCEとPOLYFORCEは、ウェーブテーブルにインスパイアされたアプローチを採用し、ライブパフォーマンスに適したゼロレイテンシー処理を特徴としています。ピッチクォンタイザーは非常に使いやすく、スイッチを入れてアルゴリズムを選択するだけで、シンセと同じ音でコントロールできます(もちろん、モノラルレガートやグライドも可能です)。

 

FREEZER

FREEZERモジュールは、その大きな雪の結晶ボタンをクリックすると、プラグインに入力されたオーディオを凍結し、現在の音色を無期限に持続させることができます。ピッチクォンタイザーモジュールの前に配置されているので、これでメロディーを演奏することができます。フリーズバッファーのロードとセーブが可能で、色のライブラリを構築することができます。

ダイス

ORANGE VOCODER IVのDICEボタンを押すと、スマートランダマイザーが起動し、シンセ、ボコーダー、フリーザーモジュールにランダムに選ばれた、しかし慎重に設計された設定をロードします。もう、クリックは必要ありません!- クリック – ウチ – クリック – スルスル?

サイコロの出目からモジュールを除外したり、音楽的な音かSFX的な音か(あるいはその両方)を選択したり、工場出荷時のサブプリセットを使うか独自のものを使うか(あるいはその両方)を選択したりすることができます。DICEは文脈を認識するため、シンセのビューにいる場合は、シンセだけがロールされます。

シンセ

DICEと同様に、ZYNTHボタンはインスピレーションを得るために作られたもので、クリックすると新しいシンセの設定をゼロから作成します。ZYNTHはスクリプトとAIを組み合わせ、確実に素晴らしいパッチを作り出します。ぜひお試しください!

システム要件

MacOS

macOS 10.15.x以降、64ビット。

Apple Silicon CPU、または2コア以上のIntel CPU(i7以上を推奨)。

Apple AU(AudioUnits)、Steinberg VST 2.4、VST 3、またはAvid AAX Native互換のホストソフトウェア

マシンまたはiLok 2/3ベースのアクティベーション用iLok.comアカウント(フルバージョンおよびデモバージョンのみ対象)

ソフトウェア・アクティベーションのためのインターネット接続(ただし、オーディオに使用するコンピュータである必要はありません。)

Windows

Windows 10またはそれ以降

2コア以上のCPU、Intel CPUを推奨、i7以上を推奨。

Steinberg VST 2.4、VST 3またはAvid AAX互換の64ビットホストソフトウェア

マシンまたはiLok 2/3ベースのアクティベーション用iLok.comアカウント(フルバージョンおよびデモバージョンのみ)

ソフトウェア・アクティベーションのためのインターネット接続(ただし、オーディオに使用するコンピュータである必要はありません。)

コピープロテクト

本ソフトウェアは最新のPACEコピープロテクトを採用しており、アクティベーションをご自身のマシンまたはiLok 2*(またはそれ以降のバージョン、付属なし)に置くことができます。本ソフトウェアを使用するには、デモの場合でも無料のiLok.comアカウントが必要です。ただし、インターネットに接続できるマシンであれば、必ずしもiLok 2ドングルは必要ありません(インターネット接続がないシステムのアクティベーションにはiLok 2デバイスが必要です)。必要なソフトウェアはZynaptiqプラグインと一緒にインストールされますが、Zynaptiqチームは通常iLok.comから直接最新バージョンをダウンロードすることを推奨します。

*注意:古い第一世代(青色)のiLokはサポートされていません!

CPU負荷

ご注意:Zynaptiqプラグインは高度に最適化されていますが、複雑な処理を行うため、多くのCPUを使用します。ソフトウェアを効果的に使用するために十分なリソースがあるかどうかを評価するために、無料トライアルを使用してください!Zynaptiqは、最適なパフォーマンスを得るために、プレイバックバッファサイズを少なくとも512、理想的には1024サンプルに設定することを推奨します。

 

 

過去のセール価格

・2023年8月126.93ドル
・2023年5月145.53ドル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
終了セール
Chillout with Beat

コメント

タイトルとURLをコピーしました