【90ドル 7/5まで】機械学習を利用したSonible Smart:compがセール開催中(38%OFF)

セール
スポンサーリンク

コンプって学習コストが高い部類のエフェクトだと思うんです。

コンプ良く判らんと言う人はsmart:compで設定値を確認して他のコンプに同じ設定値を使うという方法が良いです。

以下でその方法です。

smart:compを使ったCompの設定方法

音作りについては自己流でも自分が良いと思える音になれば良いですが、音の粒をそろえるのは適当では出来ません。

ただし、smart:compだけ使うとなると別の問題が発生します。

それは全トラックに掛けるとなると少し高いCPU負荷とレイテンシーが高い(2048サンプル)という二つの問題があります。

そこで便利なのがsmart:compでおすすめの設定を作ってもらって他の軽いCompでその設定を当てはめる方法です。

以下の動画はその様子です。

粒をそろえる用途なら無料のMCompressorがおすすめです。
(少し面倒ですが、やる価値ありです)

 

7月にPluginBoutiqueさんでお買い物をするとTone Empire NeuralQ($49相当)またはYum Audio Spread Lite($53.90相当)の2つから1つ選んでもらえます。

smart:compの概要

スペクトロダイナミックコンプレッサー

これまでにないマスターオーディオコンプレッション

smart:compは、わずか数秒でバランスの良い圧縮結果を得るためのパラメータを見つけ出し、周波数選択的な処理によって比類のない透明性を保証します。

  • スペクトル圧縮による音色とダイナミックのバランス
  • ワンクリックでできるインテリジェントなパラメトリゼーション
  • 周波数依存のダッキングが可能なサイドチェイン・モード

特徴

コンプレッションだけではありません

バランスで差をつける トラックを最大限に活かす

スペクトラル・コンプレッションは、トラックに最高の鮮明さと最大の透明感を与えるためのものです。smart:compは、入力信号を2000以上のバンドで連続的に分析し、インテリジェントな超高解像度マルチバンド・コンプレッサーのように動作して、音色のアンバランスをダイナミックに平滑化します。一度その威力を体験したら、もう手放せなくなるはずです。

smart:compのスペクトル圧縮は、本当に必要な部分だけに圧縮をかけるため、常に一貫したトーンとダイナミックバランスを保つことができます。ミキシング段階でのトラックのクリーンアップや、マスタリング時のミックスの仕上げに、この機能をご活用ください。

スピードと精度 – A.I.搭載:数秒でインテリジェントな圧縮パラメトライズを実現

smart:compは、コンプレッションの作業を大幅にスピードアップし、これまで以上に精度の高い結果を提供します。ワンクリックで入力されたオーディオ信号を分析し、バランスの良い圧縮を行うための特定のパラメータを設定します。

smart:compの直感的なインターフェースの背後には、音響心理学の原理と豊富なミキシング経験を基に設計された、A.I.ベースのコンテンツ認識システムであるsmart:engineが稼働しています。smart:engineを有効にすると、プラグインは高速なワークフローを作成するために大いに役立ちますが、最終的な結果をコントロールし、すべての重要なパラメータにアクセスして調整することができます。

スムーズなミックス サイドチェーンシグナルに必要な空間を与える

smart:compは、スペクトルの衝突を検知し、入力信号の影響を受ける周波数帯をダイナミックにダッキングします。

smart:compの周波数依存のダッキングは、あなたが選んだトラックがミックスの中で脚光を浴びることを確実にします。smart:compをブロードバンド・ダッキングに使用したい場合は、スペクトル・ダッキングを有効にするだけです。

仕様・技術詳細

  • プラグインフォーマット (Mac) AU、VST2 (ユニバーサルバイナリー)、AAX
  • プラグインフォーマット (Windows) VST2(32/64ビット)、VST3、AAX
  • 対応サンプルレート 44.1kHz~192kHz
  • オーソライズ:マシンベースまたはiLok

システム要件

Mac

  • macOS 10.7+ (M1 Apple Silicon対応) (64ビットのみ)
  • RAM – 4GB以上(推奨)
  • CPU – Intel DualCore i5以上(推奨)
  • プラグインフォーマット – AU、VST2、VST3、AAX、MultiRack Native

PC

  • Windows 7+ (64ビットのみ)
  • RAM – 4GB以上(推奨)
  • CPU – Intel DualCore i5以上(推奨)
  • プラグインフォーマット – VST2、VST3、AAX、MultiRack Native
  • 対応するサンプルレート – 44.1 kHz~192 kHz

 

スポンサーリンク
セール
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました