【12/5まで$5】BigKickの拡張音源が全てセール開催中(65%OFF)

セール
スポンサーリンク

多分最安値かと思います。

過去の価格履歴も残していこうかと思います。

過去セール情報
・2021年8月53%OFF$6.99

なお拡張音源なのでBigKick本体が必要です。

$5はうれしいですね。

今回4つの購入特典があるので、安いのがあるとコンプリートが楽です。
(コンプリートする必要は全くないんですが・・・)

今の所Dusty S950 KicksDrum & Bass V3 Kicks with MachineCodeは持っているので、今回はDrum & Bass Kicks V2 with D Productを買ってみました。

UJAMのBeatMakerシリーズをお持ちの方は簡単にKickの入れ替えが出来ます。

BigKickをお持ちの方はKickの差し替えバリエーションを持って置くと良いです。

こんな感じです。

 

それぞれプリセットを鳴らしてみました。

Kick以外はUJAMさんのVOIDでKickだけ差し替えてます。

Dusty S950 Kicks

Drum & Bass V3 Kicks with MachineCode

Drum & Bass Kicks V2 with D Product

D ProductさんってRoni Sizeさんが運営するレーベルの方なんですね。

サンプルパックも出てました。

雰囲気が似ててカッコいいです。

Roni Sizeアルバム持ってたし良く聞いてました。
(借りパクされたので手元にありませんが・・・うぅ)

あの頃のドラムンベースが好きな方は要チェックです。

あと拡張音源をインストールする方法の記事も書いてます。

 

Dusty S950 Kicksの概要

Dusty S950 Kicksは、BigKickドラムジェネレーター用に作られた64種類のキックドラムプリセットのコレクションです。

これらのプリセットは、クラシックなテープマシンと、Fatboy Slim、Moby、Depeche Mode、DJ Premiere、Q Tipなどが使用していた80年代を代表する12ビットサンプラーS950を組み合わせて作成されました。これらのビンテージツールがキックに深みと個性を与え、それをBigKickでレイヤーすることで、ヒップホップ、ラウンジ、ハウス、ドラム&ベースなど、様々なジャンルで使用できる本格的でフルボディのプリセットコレクションが完成しました。

S950は、リッチでパワフル、ウォームでダーティーなサウンドで知られており、現代のプロダクションでも人気があります。

64種類のプリセットには、正確でプロフェッショナルな品質が期待できます。BigKickのキックをそのまま使うのもよし、パラメータを工夫して自分だけのサウンドを作るのもよし。

オーディオ・デモでは、これらのプリセットを実際に聴いてみてください。

収録内容

・64種類のキックドラム・プリセット
・32種類のアタックヒット
・32種類のアタック・プリセット
・新開発のBigKick Preset Managerで、簡単にプリセットを読み込むことができます。

 

Drum & Bass Kicks V2 with D Product概要

BigKickの第13弾は、Full CycleのメンバーであるD Productが制作しました。

Roni SizeとDJ Krustが運営するFull Cycle Recordsの主要アーティストであるD Productは、設立当初からジャングル/ドラムンベース・シーンの限界を押し広げてきました。Roni SizeとReprazentのライブバンドの中心人物であり、いくつかのアルバムトラックのスタジオエンジニア/プロデューサーでもある彼の作品は、世界中でプレイされ、このジャンルのトレンドを作ってきました。

D Productは、ベース・ドリブンな音楽によく合う64種類の素晴らしいキック・ドラムのコレクションを作りました。プリセットは詳細なパンチのあるキックで、トラックに完璧に収まるように簡単に作成、調整することができます。

収録内容

・64種類のキックドラム・プリセット
・32種類のアタックヒット
・32種類のアタック・プリセット
・新開発のBigKick Preset Managerで、簡単にプリセットを読み込むことができます。

Drum & Bass V3 Kicks with MachineCode

未来のドラム&ベースのために、精密に作られたキック・ドラム。

EatBrainやCritical Musicからのアルバム・プロジェクトに参加したばかりのCurrent ValueとDean Rodell (Aka MachineCode)は、キック・ドラムのサンプル・コレクションを掘り下げ、BigKickのために64個の丸みを帯びたドライビング・キック・プリセットを巧妙に制作しました。

二人の幅広いカッティングエッジな作品は、ドラム&ベースの主要レーベルからリリースされており、Noisiaからも定期的に放送されています。今回の拡張版は、まさにこのサウンド・マスターに期待されているものです。

上のオーディオデモで、キックドラムの動きを確認してください。

収録内容

・64種類のキックドラム・プリセット
・32種類のアタックヒット
・32種類のアタック・プリセット
・新開発のBigKick Preset Managerを使って、簡単にプリセットを読み込むことができます。

Drum & Bass Kicks with DLRの概要

BigKick Expansion V3は、Metalheadz、Dispatch、Symmetry、Utopia Musicなどのレコード・レーベルから数多くのリリースを行ってきたドラム&ベース・アーティストDLRの手によるものです。

Octaneのアルバム「Method In The Madness」でコラボレーションしたDLRは、すぐに自分の特徴的なサウンドを確立しました。すぐにわかるグルーヴがいたずらにミックスを突き抜け、実にユニークな方法でダンスフロアを恐怖に陥れます。

DLRからの一言…

「エレクトロニック・ミュージックの制作に使える、主にタイトなキック・ドラムを集めました。あなたのトラックを強化するために創造的に使用して、しっかりとした基礎で有機的な面白い音楽を作ることを考えて、常に枠にとらわれないようにしてください!” DLRです。

収録内容

・64種類のキックドラム・プリセット
・32種類のアタック・プリセット

 

スポンサーリンク
セール
Chillout with Beats

コメント

Translate »