【40%OFF】ZynaptiqのUNMIX::DRUMSがセール開催中(2/28まで$99)

終了セール
スポンサーリンク

【40%OFF】ZynaptiqのUNMIX::DRUMSがセール開催中(2/28まで)

今出先なので、今晩デモって音載せます。

VST3版を入れたのですが、FLStudioのEffectOn/OffでFLStudioが落ちます。
(FLStudioユーザは要注意です)

またCPU負荷がかなり高くCore i7-4770K 3.5GHzの環境でドラムループ1つとUNMIX::DRUMSだけでCPU負荷平均45%位とかなり高い部類です。

個人的にはドラムループ等の質感変更に気軽に使いたいと思ったのですが、そういう用途で使うにはCPU負荷が高過ぎます。

2Mixのドラムを調整という用途に限って使った方が良さそうです。

動画を見て頂くと判るともうのですが、これで軽ければドラムループの質感変更に結構活躍しそうな感じです。

UNMIX::DRUMSは2Mixのドラムを調整出来ます。

弱いドラムにパンチを与えたり、逆に強すぎるドラムを小さくすることが可能です。

個人的に興味があるのはドラムループに掛けた場合の効果とiZotope RX7のMusic Rebalanceとの違いです。

Zynaptiq UNMIX::DRUMS Trailer

概要

UNMIX::DRUMSは、ミックスされた音楽のドラムをリアルタイムで減衰させたり、ブーストさせたりできる世界初のオーディオプラグインです。高度なソース・シグナル・セパレーション(別名:デミキシング、アンミキシング、サウンド抽出、サウンド・アイソレーション)技術を駆使して、UNMIX::DRUMSは、周波数に依存したドラム・レベル・コントロールを提供し、最大+18dBのブーストから事実上の完全な除去*まで、常に素晴らしいサウンドを実現します。フル・ミックスでもドラム・バスでも、UNMIX::DRUMSを使用することで、ユニークで新しい方法でドラムのインパクトをシェイプし、強化することができます。直感的なマルチレベルGUI、周波数に依存したキーパラメーターのコントロール、サンプルアキュレートなサブバス(リ)シンセサイザー、高精度なアナライザー・ディスプレイ、M/S操作、出力リミッターを搭載したUNMIX::DRUMSは、マスタリング、音楽制作、サンプルベースの音楽制作、マッシュアップ・アーティスト、リミキサー、DJに刺激的な新しいオプションを提供します。

* 実際に達成可能な量は、入力信号の仕様によって異なります。

主な機能
ミックスドミュージックのドラムレベルをソース分離ベースでコントロール
スムースとパンチーのブーストモード
サンプル精度の高いサブバス(再)シンセサイザー
キーパラメータの周波数依存コントロール
直感的な3ウェイGUIデザイン
上(または下)に向ける

UNMIX::DRUMSは、ドラムのためのアフターザファクトフェーダーです。ミックスされた音楽の入力を受け取り、ドラムのレベルを他のすべてのものと相対的にリアルタイムで変更することができます。ドラムを減衰させて「ヘッドフォンからのブリード」レベルにするか、あるいは顔の正面にしっかりと座らせるか、選択はあなた次第です。DRUM LEVELとTHRESHOLDを調整して完了です。

インパクト・シェイピング

UNMIX::DRUMSはミックスされた音楽だけでなく、ドラムバスにも使用できます。CURVESビューでDRUM LEVELの周波数を調整することで、これまでにないインパクトとパンチのあるドラムを作ることができます。コンプレッサーやトランジェントプロセッサーに触れることなく、フルミックスの中にドラムがあっても。私たちはこれをインパクト・イコライゼーションと呼んでいます。ドラム・パンチの専門家として、私たちは誇りを持って言います。これは単純に素晴らしいことです。

スムーズなパンチ、パンチのある滑らかさ

パンチといえば UNMIX::DRUMSにはSMOOTHとPUNCHYの2つのブーストモードがあります。SMOOTHモードは、ドライでオーガニックなサウンドを意識して設計されており、ナチュラルなサウンドのミディアムブーストのシチュエーションや、ドラム抽出アプリケーションのプリプロセッシングに適しています。PUNCHYは非常にスナッピーでタイトなサウンドを生み出し、ドラムが飛びつくようなサウンドを実現します。どちらのモードもドラムリバーブをブーストすることができ、SMOOTHは初期のリフレクションに、PUNCHYは長いリバーブのテールに焦点を当てます。

オフ・ザ・リヒター・スケール

UNMIX::DRUMSは、世界初で唯一のサンプルアキュレートなサブバス(再)シンセサイザーを搭載しています。音楽やドラムにパンチの効いたクリーンな低音域のエネルギーを加えることが、これまでになく簡単になりました。BASS SYNTHスライダーを上げるだけで、レベルの不安定さや偽トリガー、フェイズキャンセルはありません。ジャズマスターの周波数レンジを微妙に広げたり、ウーファーを破壊するようなクラブビートを作ったり、BASS SYNTHを搭載すれば、最小限の労力で実現できます。

ワークフロー・モンスター

UNMIX::DRUMSは、直感的な3方向のグラフィカル・ユーザー・インターフェース・デザインを特徴としています。ワークスペースを乱雑にするのではなく、必要な時に必要なパラメータだけを見ることができるレイアウトになっています。レベル補正機能、M/Sプロセッシング、ハードニー・リミッター、キルスイッチ・スタイルのドラム・レベル・マクロ・ボタン、そして丁寧に手作りされた多数のファクトリー・プリセットを備えたUNMIX:DRUMSは、簡単かつ瞬時に驚くべき結果をもたらします。

 

スポンサーリンク
終了セール
Chillout with Beats

コメント