【11/29まで 139ドル】Zynaptiqの多機能なUNFILTERがセール開催中(58%OFF)

セール
スポンサーリンク

セール情報

ZynaptiqさんのUNFILTERがセールです。
(残り期間が僅かです・・・)

 

おすすめポイント

最初フィルターが掛かった音から元の音を再現出来る程度しか思っていなかったんですが、UNFILTERめちゃくちゃ凄いです。

エキサイターの様な使い方も出来るし、EQとしても使えるし、周波数特性をIRとして抽出をする何てことも出来ます。

とりあえずEQでハイを削った音に掛けてみました。

 

あと個人的に良かったのはIRを読み込んで鳴らす際にかなり調節が可能な点です。

以下の動画はIRを読み込んだ状態からIRを適用する周波数帯を調節しています。

最初はフラット(バイパスと同じ)からスタートしています。

ちょっと解説しますとまず「INTENSITY」でどれくらいIRを適用するかを調節出来ます。
(真ん中がフラットな状態です)

そしてEQの様な線を動かすとIRの適用度を周波数帯によって変える事が出来るんです!
(下に行くほど適用され、上に行くほど適用されなくなります)

 

セール会場

PluginBoutiqueさんは消費税が加算される為、10%高いですが、購入特典が付きます。

今月のPluginBoutiqueさんの購入特典は5つから1つ選んで貰えます。

MeldaProduction MReverbMBは逃しちゃいけないやつです!

概要

日本語の解説で分かり易いです。

日本語字幕あり

主に以下の

・バンドパスが掛かっている素材に対して、原音に近づける処理を確認出来ます。(0:21辺り)

・ナレーションの明瞭度を上げる処理、ローパスフィルターを除去する処理を確認出来ます。(1:30辺り)

・ギターキャビネットで録音した素材をキャビネットの要素を取り除きそのキャビネットの要素をシンセに適応する処理を確認出来ます。(2:30辺り)

適応的な音色輪郭のリニアライズ

UNFILTERは、コムフィルタ、レゾナンス、過剰なイコライゼーションなどのフィルタリング効果を除去し、信号の周波数特性を自動的にリニアライズするリアルタイム・プラグインです。UNFILTERは、検出されたフィルタ応答を別の信号に適用したり、インパルス応答としてディスクに書き出したり、マスタリンググレードの適応型、フリーフォーム、グラフィックイコライジングを実行することもできます。音楽制作、フィルムポスト、ゲームオーディオ、放送、サウンドデザイン、科学捜査、エンジニアリングなど、UNFILTERは、時間がかかり、不可能と思われる作業を、一つのコントロールを調整するだけで、簡単に行えるようにします。

機能

音楽、ロケーション、ダイアログ、監視カメラの録音から、共振、イコライゼーション、ロールオフ、コムフィルタの効果を自動的に検出し、除去します。
測定されたフィルター応答を他の信号に適用し、同じ「音響世界」に配置することができます。
測定したフィルタ応答をリニアまたは最小位相インパルス応答ファイル(WAV)にエクスポートしたり、そこからインポートすることができます。
マスタリング・グレードのアダプティブ、フリーフォーム、グラフィック・イコライゼーション。
極めて急峻な96dB/octaveシェルビングハイパスフィルター
バッチ処理で使用するための出力リミッター
時間効率の高いワークフローとUI
サウンド・フォー・ピクチャー、音楽制作/マスタリング、サウンド・デザイン、放送、フォレンジックにおけるUNFILTERの使用事例の概要については、UNFILTERアプリケーションのページをご覧ください。

ストレートに設定する

UNFILTERは、レゾナンス、EQ、フィルター効果など、基本的にオリジナルの信号の一部ではない周波数応答の異常を自動的に検出します。そして、1つのコントロールを調整するだけで、信号の残りの部分を事実上そのままにして、これらを除去することができます。その結果、以前は問題があった、あるいは使用できなかった録音を良い音に、良い録音を素晴らしい音にすることができます。Zynaptiqスタイルで、リアルタイムに、最小限の労力で。

調整する

また、ある録音から測定されたフィルター応答を別の録音に適用し、2つの録音を同じ音響「世界」に置くことができます。また、測定したフィルタ応答をノイズに適用して、編集のギャップを埋めるためのルームトーンを作成することもできます。もちろん、フィルター応答をリニアまたは最小位相インパルス応答ファイルとしてディスクに保存し、いつでも自由に使える「色」のライブラリーを構築することもできます。ADRをプロダクションのダイアログと調和させたり、ギターの断片を別の断片のように聴かせたり、新しいサウンドを作成したり、UNFILTERはこのタスクを迅速かつ簡単に実行します。

よりイコールに

UNFILTERはEQでもあります。3つのマスタリング・グレードのEQと、優れたハイパス・フィルターが搭載されています。ひとつは、その(アン)フィルタリングエンジンが、オーディオの再生中に継続的に調整される適応型プログラムイコライザーとして機能することです。これは、例えば放送局でミックスされた音楽をストリーミングする場合など、時間と共に変化するオーディオを扱う際に、バランスの取れたスペクトルを維持するのに役立ちます。また、フリーフォームイコライザーは、緩やかなスロープ、ノッチ、ステップなど、さまざまなカーブ補間モードを備えています。さらに、7バンドのグラフィックEQを搭載。そして最後に、超ステップな96dB/オクターブのシェルビング・ハイパス・フィルターがあり、低周波のノイズを効率的に除去し、そこに何かがあったことを忘れてしまうほどです。

ロケット・サイエンス

UNFILTERはどのようにしてその機能を実現しているのでしょうか?技術的には、リアルタイムのブラインド・デコンボリューションを実行し、最先端の研究機関でもめったに見られない最先端技術です。幸いなことに、私たちは白衣を着ることはありません。

この技術により、UNFILTERはオーディオを詳細に観察し、その周波数特性に何が起こったかを推定し、そのプロセスを元に戻すフィルターを作成することができるのです。ロケットサイエンスのように聞こえますか?そうなんです。しかし、世界中のあらゆるテクノロジーが、操作が難しかったり、音が良くなければ意味がありません。UNFILTERは簡単に使えて、しかもいい音……じゃなくて、素晴らしい音なんです。

ライトスピード

UNFILTERのUIは非常に高速で使いやすく、トラックボールのスライダーを調整するだけで数秒以内にEQを修正することができます。また、高度なカスタマイズを実現するために、すべての機能とコントロールは細部にまでこだわって設計されており、ワークフローと結果を最適化するために細かく調整されています。どのコントロールを動かしても、適切な設定は決して遠くにはないのです。UNFILTERはライフセーバーであるだけでなく、優れた時間節約ツールでもあります。無料体験版でぜひお試しください。

UNFILTERのアプリケーション

UNFILTERは、非常に汎用性の高い周波数特性ツールで、幅広い用途に使用できます。ここでは、そのいくつかを仕事の分野別に整理してみました。サウンド・フォー・ピクチャー、ミュージック・プロダクション&マスタリング、サウンド・デザイン、放送局、フォレンジック。

サウンド・フォー・ピクチャー

UNFILTERは、オーディオポストにおける真のワークホースです。周波数特性の異常を自動認識する機能は、プロダクションサウンドのクリーンアップ、特にダイアログの明瞭度の向上に非常に有効です。以下はその例です。

複数の「オープン」マイクが1つのisoトラックにミックスされている場合や、反射面の近くにある場合に発生するコムフィルタを除去する。
部屋の形状や、ショットガンマイクを軸外の反射面の近くで使用した場合に発生するレゾナンスを除去する。
録音経路のロールオフやラヴマイクの胸部共振を除去する。
ダイアログと背景音のレベルセパレーションを上げる。
ADRとプロダクションのダイアログの調和を良くする。
編集のギャップを埋めるため、またはノイズに測定されたフィルター反応を適用してADRとレイヤーするために、ルームトーンを合成する。
群集の雰囲気、ワラ、密集したアンビエンスを、ダイアログとの衝突を少なくする。
ルームフィルタ効果を強調することで、背景音の見かけ上の距離感を操作できます。
SFXやフォーリーレコーディングを「世界化」する。
イコライジングやローカットフィルタリングを高速化する。
再生システムの周波数特性に起因する共鳴を除去することで、テレビやPCなど非標準的な再生環境でのミックス変換を改善します。
ミキシングにかかる時間を短縮します。

音楽制作・マスタリング

音楽制作やマスタリングにおいて、信号の周波数特性を微調整することは、最もよく遭遇する作業の一つです。アコースティック楽器やライブ演奏の録音では、しばしば不要なピークやノッチが発生し、曲中の楽器は通常同じキーで演奏されるため、関連するピッチの基音や倍音がある周波数帯で過剰な蓄積が発生します。また、クライアントが処理済みのトラックを納品している場合もあり、「ミックスで修正する」ためにできることが制限されます。UNFILTERは、周波数特性の異常を自動的に認識し、高精度のフィルタリングエンジンを搭載しているため、これらの問題に対して非常に柔軟なソリューションを提供します。

以下は、UNFILTERでできることの一例です。

  • アコースティック楽器やライブ演奏の録音から、レゾナンスやその他の周波数特性の問題を除去する。
  • ミックスダウンやマスタリングのために納品されたトラックのEQやフィルタリングの「Print」を除去する。
  • ギターキャビネットのカラーレーションを除去したり、DIギターに適用する。
  • あらゆるソースに数秒で補正EQを適用。
  • 音の色調を誇張して、その周波数帯の窓の中にしっかりと配置することができます。
  • サブミックスやミックスから中低域を除去し、サウンドの「ボディ」を損なわない。
  • 1曲または複数曲のスペクトルのバランスをとることができます。
  • アウトボードEQやその他の信号経路の周波数応答をキャプチャして適用したり、インパルス応答(WAV)として保存したりすることができます。
  • アコースティックバスドラムの自然なローエンドを強調する。
  • ベースやアコースティックギターなどのコーパス共鳴によるスペクトルのピークを取り除く。
  • 異なる録音設定でオーバーダビングされたトラックに、測定されたフィルタ応答を適用して、よりよくブレンドさせる。

サウンドデザイン

UNFILTERは、信号のスペクトル輪郭を完全に再形成する能力、サウンドからフィルタ応答を抽出して別のファイルに適用する能力、そしてサウンドに含まれるノイズ成分をソロにする能力を備えており、新しいサウンドをデザインするための優れたツールとなっています。ここでは、UNFILTERがどのようにユニークで新しい音の実体を作り出すのに役立つか、いくつかのアイデアを紹介します。

ある音からフィルター応答カーブを抽出し、別の音に適用する。
ある音から自然なコーパス・レゾナンスを取り除き、別のものを適用する。
シンセのローパスフィルターを後から開けたり閉めたりする。
他の機能の背後に隠れている音の側面を引き出す。
サンプル音からフィルタ応答を抽出し、それをノイズや他の広帯域の擬似/環状静止音に適用して、ドローン、ヒス、ランブルを合成することができます。
ノイズモニターを使用して、サウンドのノイズ成分を分離することができます。
ゲームオーディオ用に1つのファイルから複数のオブジェクトステートサウンドを生成
静的なサウンドの周波数特性をアニメーション化し、より生き生きとしたサウンドを実現
ゲーマーPCなどのコンシューマ向け再生システムへの変換を改善します。
前例のない精度でサウンドの周波数特性を微調整できます。

放送局・ENG

オーディオを放送する場合、一貫性のあるバランスのとれたオーディオスペクトルを維持し、ダイナミクス処理、コーデック、再生デバイスなど、下流のすべてのシステムの最適なパフォーマンスを確保することが重要です…そして最も重要なことは、視聴者に高品質で安定した、疲れを感じさせないリスニング体験を提供することです。使用される映像の音響特性は、控えめに言っても大きく変化するため、これは決して簡単な作業ではありません。現場での電子ニュース収集(ENG)は、インフラ、政治、安全関連の問題から、小型で携帯可能な目立たないデバイスや低帯域の伝送システムしか使えないことがよくあります。多くの場合、低忠実度の映像か、まったくない映像のどちらかです。UNFILTERのアダプティブプロセッシングは、どんなに難しい映像でも使えるようにし、いつでも最高のオーディオを提供できるようサポートします。UNFILTERができることは、以下の通りです。

音楽音声のミックスストリームなど、時間的に変化する音声コンテンツに適応型イコライザーを適用する。
共振や信号経路に関連するロールオフを除去することで、音声録音の明瞭度を向上させることができます。
再生システムの非線形性を除去することで、民生用再生装置への変換を改善する。
電話、メガホン、インカム、P.A.システムなどによる伝送で生じる色調を低減する。
低忠実度または密かに装着された録音装置を使用して録音された音声の明瞭度を向上させる。
背景音と音声の分離を向上させます。

フォレンジック

UNFILTERは、様々な方法で録音物から情報を抽出することができます。録音された音声の明瞭度を大幅に向上させ、マイクの閉塞によるフィルタリング効果を除去し、埋もれている音を聞き取りやすくすることも可能です。主な用途は以下の通りです。

低音質、閉塞感、破損したオーディオ機器で録音した音声の明瞭度を向上させる。
他の音に埋もれている音を聞き取りやすくする。
音声と背景音の分離を良くする。
電話回線に起因するフィルタリング効果を低減する。
壁や窓などの中間媒体による共振やフィルタリング効果を除去します。

システム要件

Mac

macOS 10.12以降(M1 Apple Silicon MacはRosetta経由で対応)(32/64ビット)
2コア以上のIntel CPU、i7以上を推奨、Rosetta 2経由でApple Siliconをサポート
AU、VST 2.4、VST 3 または RTAS/AAX 互換のホストソフトウェア(32 ビットフロートとしてオーディオを処理するもの)
AAX Native 32ビット対応(Pro Tools 10.3.6以降が必要です。)
注意:macOSの10.8.5以降のバージョンでも動作する可能性がありますが、社内でのテストや公式なサポートは行っていません。

Windows

Windows 7またはそれ以降(32/64ビット)
2コア以上のIntel CPU、i7以上を推奨、Apple SiliconはRosetta 2経由で対応
VST 2.4、VST 3またはRTAS/AAX互換のホストソフトウェア(32ビットフロートとしてオーディオを処理するもの)
AAX Native 32ビット(Pro Tools 10.3.6以上が必要です。)

重要な注意事項

本製品を登録するには、iLokアカウントまたはiLok 2ベースのアクティベーションが必要です。
ソフトウェアのアクティベーションには、インターネット接続が必要です

コピープロテクト

Zynaptiq製品は最新のPACEコピープロテクトを使用しており、アクティベーションをお客様のマシンまたはiLok 2*(別売)に配置することができます。当社のソフトウェアを使用するには、デモを含めて無料のiLok.comアカウントが必要です。ただし、インターネットに接続できるマシンであれば、必ずしもiLok 2ドングルは必要ありません(インターネット接続がないシステムのアクティベーションにはiLok 2デバイスが必要です)。必要なソフトウェアはすべてプラグインと一緒にインストールされますが、通常、iLok.comから直接最新版をダウンロードすることをお勧めします。

ご注意:旧式の第一世代iLokはサポートされていません。

CPU負荷

Zynaptiqプラグインは高度に最適化されていますが、複雑な処理により多くのCPUを使用します。

Zynaptiqプラグインは高度に最適化されていますが、実行するマジックが複雑なため、多くのCPUを使用します。無料トライアルを利用して、あなたのシステムがソフトウェアを効果的に利用するのに十分なリソースを持っているかどうかを評価してください。

Zynaptiqは、最適なパフォーマンスを得るためにプレイバックバッファサイズを最低でも512、理想的には1024サンプルに設定することを推奨します。

Zynaptiqのプラグインは他のソフトウェアにはないユニークな機能を備えているため、Zynaptiqはユーザーマニュアルを読み、最大限に活用することを強く推奨します

 

スポンサーリンク
セール
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました