【77%OFF】SoundtoysのRadiatorが48時間の短期セール(8/7まで)

終了セール
スポンサーリンク

【77%OFF】SoundtoysのRadiatorが48時間の短期セール(8/7まで)

管理人の yosi です。

Radiatorを持っていない方は買いですよ。

小さく集めてバンドルへアプグレを買う踏み台としても使えます。
(この割引率だとアプグレの割引価格が購入代金を上回ります)

Soundtoysさんは毎年ブラックフライデーにバンドルへのアプグレ半額セールをします。

Radiatorと同じ金額のFilterFreakで試したのですが、オフィシャルのアプグレ時、$40の割引が得られました。

Radiator & Little Radiator: Introduction

 

概要

ヴィンテージのヴァイヴ、ドライブ、そして1567aチューブミキサーのマジックトーン。ベースやドラムでは野獣のような存在。

1960年代のクラシックなAltec 1567Aチューブミキサーをベースにしたデュアルドライブチューブ入力チャンネルとEQを搭載したRadiatorのご紹介です。

オリジナルのAltec 1567Aハードウェアは、ラックマウントの5入力チューブミキサーで、取り外し可能なトランス、シンプルな2ノブEQ、紛れもない緑色のフェイスプレート、97 dBのゲインを備えていました。そのサウンドは、今日の基準では、色がついていて歯ごたえがあり、古き良き時代のハードウェアノイズをたっぷりと含んでいます。当時、多くの初期のMotownヒット曲に使用され、アメリカ中の数え切れないほどの教会や学校の講堂のPAラックに使用されていました。

歴史の一端

緑の顔をした紛れもないアルテックのギア、特に1566Aと1567Aは、1961年から1964年にかけてのモータウンの初期の “サウンド “を形成する上で大きな役割を果たしました。フォー・トップス、マーブレット、スプリームスなどの偉大なアーティストの曲は、1567Aミキサーから巨大な3トラック・レコーダーへと運ばれていったのです。ああ、人生がシンプルだった頃だ。

これらのマイクプリアンプとミキサーは、非常に色のついた暖かみのあるサウンドで、非常に大きな音を出します。EQ は、低音用と高音用のノブが 1 つずつというシンプルなものです。Motownの後、そして多くの機材が行き交うようになった後、アナログ・ダイハードたちは、本物の真空管サウンドを安価に入手できるソースとして1566Aと1567Aを探し始めました。

Motown Recordsのチーフエンジニア、Russ Terranaは1567Aを多用し、独特のMotownサウンドの一部となりました。プロデューサーのマット・ウォレスは大ファンでした。ブッチ・ヴィグやビリー・ブッシュもファンです。

Radiatorは、デスクトップ・レコーディング・リグにクラシックなアルテック・チューブ・サウンドをもたらし、オリジナル・ハードウェアの特徴的な暖かさとパンチを捉えています。オリジナル・ユニットのモデル化された低音と高音のトーン・コントロール、パラレル・プロセッシングを容易にするミックス・コントロール、オリジナル・ハードウェアの入出力アンプのサチュレーションとハーモニック・エフェクトを特徴としています。

これらの異なる回路要素はすべて相互作用し、わずか数個のシンプルなノブで幅広いトーンを作り出すことができます。さらに、オリジナルのノイズをオンにするかオフにするかを決めることができます。

ここ数年、Altecミキサーは、コンピュータベースのデジタルレコーディングにアナログの色と個性をもたらす安価な方法として、レコーディングスタジオに採用されてきました。初期のMaroon 5のMatt Wallaceのようなプロデューサーが初期のヒット曲に1567Aを使用していたことや、Black Keysのようなバンド(Altec 1567Aでカスタムコンソールを製作していた)は、これらのファンキーで小さなカラーボックスの需要と価格を急上昇させました。

コンピュータ・レコーディストの皆様は、難解なアナログ・ギアとの接続の煩わしさがなく、低価格で、すべての入力チャンネルでAltecチューブ・サウンドを得ることができます。Radiatorには、Altec 1567Aの弟分であるAltec 1566Aハードウェアをベースにした、よりシンプルなシングルステージ真空管プリアンプモデルであるLittle Radiatorも含まれています。

スポンサーリンク
終了セール
Chillout with Beats

コメント