【108.90ドル 7/3まで】Outputの多機能マルチバンドディストーションThermalがセール中(33%OFF)

セール
スポンサーリンク
過去のセール情報
・2022年6月$98(税込み)
・2022年6月$98(税込み)
・2022年4月$106(税込み)
・2022年4月$106(税込み)
・2022年4月$106(税込み)
・2021年11月$96(税抜き)
・2020年11月$96(税抜き)

Outputの多機能マルチバンドディストーションThermalが最安値です。

THERMAL凄過ぎ、超おすすめです。

ディストーションと言うカテゴリになっていますが、正確には多機能ディストーション+マルチエフェクターと言った方が正しいです。

まずGUIがプリセットだけでも楽しめるように、XYタイプのコントローラー大きく表示されています。

そしてこのXYコントローラーにはプリセット毎に適切なパラメーターが割り当てられているんです。

以下の動画ではプリセットを変えていきますが、ノブのパラメータ名に注目して下さい。

毎回パラメータ名が変わっているのがお判り頂けると思います。

そんなしっかり作られているプリセットが250収録されており、ジャンル別に分けられています。

 

ギターのサンプルを鳴らしてみました。

さらにしっかりエディットしたいという方の為にエディットがしっかり出来るようになっています。

3バンドが独立しており、それぞれでディストーションとエフェクトを指定出来ます。

良くあるマルチバンドで3バンドを分割するのではなく、それぞれが周波数帯を指定出来るんです。(被って指定する事も可能)

しかもバンドをLFOでシフトする事も可能なんです。

こちらも動画を用意しました。

ディストーションは19種類搭載しています。

エフェクトは9種類搭載しています。

これにマスターエフェクトとしてフィルターとコンプが搭載されています。

モジュレーションはSerumと同じタイプなので慣れている方なら秒で理解出来ます。

CPU負荷は少し高めでCore i7-4770K 3.5GHzの環境で8%~18%位です。
(プリセットによってばらつきがあります)

XYパッドをぐりぐり動かしてもCPU負荷に変化ないです。

次世代ディストーションとでも呼べばよいのか、ちょっと他のデベロッパーさんのディストーションとは次元が違います。

今月のPluginBoutiqueさんの購入特典は5つから1つ選んで貰えます。

MeldaProduction MReverbMBは逃しちゃいけないやつです!

クーポンの適用は「Payment」の所の「Enter Promo Code」に入力して「Apply」です。

金額が変わって以下の様になったら適用されています。

概要

 

主な機能

  • インスタントプレイアビリティーのための250以上のプリセット
  • 歪みパラメータに連動したサーキュラーXYコントロール
  • 多段階の歪みとエフェクト処理
  • ミッドサイドとタイムベースの幅
  • 15種類以上のカスタムディストーション
  • マスター・コンプレッサーとフィルターを追加した9つの内蔵FX
  • コントロールの理解を深めるための値の読み出しパネル
  • プリセットメニューのお気に入り機能
  • 高度なページのビルトインツールチップ

システム要件

Mac

64ビット対応のみ
Mac OS X 10.9以降
4GBのRAMが必要、8GBを推奨。
400MB以上のドライブ空き容量が必要です。
AAX、AU、VST、VST3バージョンを含む。

PC

32ビットおよび64ビット対応。
Windows 7 またはそれ以降。
4GBのRAMが必要、8GBを推奨。
400MB以上のドライブ空き容量
AAX、VST、VST3バージョンを含む。

スポンサーリンク
セール
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました