DeniseのPunisher持ちはアプグレでGod ModeとSub Generatorがゲット可能(1/3まで$14)

終了セール
スポンサーリンク

DeniseのPunisher持ちはアプグレでGod ModeとSub Generatorがゲット可能(1/3まで)

これは中々良いですよ。

このブログを以前からチェック頂いていた方なら無料取得したPunisherで$14のアプグレ価格でGod ModeとSub Generator両方がゲット出来てしまいます。

ただGod ModeとSub Generator魅力的ですね、正直悩む。

God Mode概要

God Mode walkthrough by nrec & PRTCL

God Modeは、新しいプッシュプル技術を導入し、どの周波数をサチュレートしたり歪ませたりするかをフルにコントロールできます。ノードEQグラフとリニア・フェイズ・フィルターにより、あなたのサウンドを彩るための無限のオプションが可能になります。

God Modeは、50年代の伝説的なアナログPultec EQにインスパイアされたプッシュプル技術を採用しており、70/80年代に放送やミキシングに広く使用されていました。Pultec EQは、特定の周波数帯域のゲインを真空管回路に「プッシュ」し、それを再び「プル」して周波数特性を滑らかにします。これにより、オリジナルに近いサウンドが得られますが、ブーストされた周波数帯域に暖かさが加わります。God Modeは、このテクニックの現代的なバージョンを導入しています。

ゴッドモードを使用する最初のステップは、トラックの中で、より飽和させたり、歪ませたりしたい特定の周波数をブーストしたり、「プッシュ」したりすることです。例えば、1つのシェルフを使って高域をブーストし、1つのピークを使って特定の色や共鳴をブーストすることができます。これらの周波数をサチュレーションアルゴリズムに強く押し込むと、当然ながらその影響をより強く受けることになります。第二のステップは、ブーストした周波数に「プル」を適用するかどうか、またどの程度適用するかを決定することです。これにより、色付けの量をクリエイティブにコントロールすることができ、トラックの周波数特性を完璧にバランスのとれたものにすることができます。その結果、「押された」周波数に応じて特別に色付けされた、美しく飽和した信号が得られます。

ゴッドモードはそれだけではありません。レコーディング用の「ライブ」モードがあり、リニア・フェイズ・フィルターの代わりにレイテンシーのない通常のフィルターを使用します。リズミカルなディストーション効果を生み出すためのサイドチェインを備えており、ウェットとドライの音を個別にパンすることができます。さらに、3つのドライブ・エフェクトのうちの1つは、Bad TapeのTape Analog VM™アルゴリズムの「on the steroids」バージョンを使用しています。マスターに微妙なサチュレーションを加えたり、ベース、ボーカル、シンセにクレイジーなオーバー・ザ・トップ・ディストーション・エフェクトを加えることができます。

Sub Generatorの概要

Boost a mix’s root sub frequencies for extra weight

サブ周波数を調整して完璧なローエンドを作りましょう。ドラム録音のローエンドをチューニングします。サウンドエフェクトやインストゥルメントのローエンドを再設計。

deniseのSub Generatorは、使いやすいGUIとコントロールを使って、ミックス中のトラックの低域を素早く調整するのに最適な方法です。Noize 2プラグインと同じエンベロープフィルターのコンセプトにインスパイアされたこのプラグインでは、ミックスの中のこのトリッキーな周波数範囲をコントロールすることができます。

denise Sub Generatorを使えば、ソース信号のトーンと周波数に合わせたサブを素早く設定することができ、DAW内のあらゆるサウンドや信号に適用することができます。周波数やノートを微調整することで、トラックに追加のサブを追加したり、置き換えたりすることで、ドラムを簡単にチューニングすることができます。このプラグインは、ベースラインをより深くしたり、ドラムやボーカルのために遠くのマイク録音をメイクアップしたり、スタンドアロンのサブとして使用することもできます。あなたのボトムエンドに重みを加えて、実際に感じてみましょう。

 

コメント