【53.90ドル 6/1まで】 Surreal MachinesのDub Machines Bundleがセール開催中

2024 05 16 01h23 53 セール
スポンサーリンク

セール情報

Surreal MachinesさんのDub Machines Bundleがセール開催中です。

Dub Machines Bundleには以下の2つの製品がバンドルされています。

・Diffuse
・Modnetic

どちらもかなりおすすめのプラグインです。

音デモ

Diffuse

Diffuseはディレイとリバーブを合わせたようなプラグインです。

Diffuseのプリセットを鳴らしてみました。

プリセットは60以上搭載されています。

非常に滑らかで心地よいサウンドです。

「Repeat Pattern」パラメータがあるのですが、これを切り替えるとキャラクターが変わって面白いです。

全部0の状態で掛ける良いです。
(実際にはフィードバック時のTapのタイミング、ボリューム、ステレオ位置が異なる)

あとRectifyパラメータが凄く良いです。

サチュレーションとかでは出ない様な歪みとも異なる音がします。

Modnetic

Modneticはアナログ・テープ・ディレイのエミュなんですが、様々な工夫がされています。

例えばディレイなのにリバーブの種類が豊富なんです。

IRでしょうが、これだけしっかりと収録されているのはうれしいです。

2020 12 04 17h41 13

鳴らしてみました。

ギターでプリセットを鳴らしてみました。

100以上プリセットが搭載されています。

DiffuseのTips

マニュアルにエディットのTipsが記載されていたので載せときます。

Diffuseプラグインは、SizeダイヤルとDiffuseダイヤルがすべてです。これらのコントロールによって、ディレイのようなサウンドとリバーブのようなサウンドを行き来させることができます。

Sizeを100%に設定するとリバーブに、Diffuseを0%に設定するとディレイに適しています。

Sizeダイヤルを100%に近づけるほど、Diffuse設定の変化が顕著になります。

一方、Sizeを大きく、Diffuseを中程度に設定すると、バターのような滑らかさが得られます。

ウェット・シグナル・チェーンへの入力を減衰させます。

プラグインをインサートとして使用している間、ダブスタイルのセンドをエミュレートするために使用します。

Regenの値が100%以上の場合、Inputを下げきると常に変化するクラウドが残ります。

Regen を 100% 以上に設定すると、強烈な金切り声とディストーションが得られます。

フィードバックループの非線形性により、驚異的な自己発振が可能です。

Repeatダイヤルをリアルタイムで動かして、ピッチの微調整が可能です。

Modを高めに設定し、Stereoをオンにすると、1980年代のデジタルのようなスメアリング効果が得られます。

Low Dampの周波数を高めに、High Dampの周波数を低めに設定すると、よりローファイでダークな雰囲気になります。

dB の減衰をどの程度かけるかによって、サウンドにどの程度色がつくかが変わります。

どちらも左に設定すると、ロング・リバーブになります。リピートパターンがたくさんあります。エコー系のプリセットを使いながら切り替えてみると、まったく違ったサウンドが得られます。Modneticプラグインとは異なり、Holdでは以下のことが可能です。

 

セール会場

 

概要

Dub Machinesは、アナログにインスパイアされた2つのディレイプラグインのバンドルで、WindowsとMac OS Xホスト用の32ビットと64ビット動作のVSTとAUフォーマットです。

Dub Machinesプラグインのデザインは、デジタル・エンジンを最大限に活用していますが、そのサウンド・パワーはアナログ・ギアとそれがもたらすインスピレーションに由来しています。

私たちのデザイン・プロセスの中心では、有名なアナログFxユニットの技術的なエミュレーションは、オリジナル・デザインを超越した創造的な可能性でモデルに挑戦するために、耳による微調整にさらされています。

Diffuse

Diffuseはアナログとデジタルのハイブリッドで、アナログ・モデリングされたディレイと、初期のデジタル・ユニットで使用されていたクラシックなリバーブ・デザインが融合しています。

ディレイとリバーブの間をモーフィングし、その間にあらゆる種類の幻想的なサウンドを見つけることができます。また、ノンリニアリティやスムーズなテープスタイルのディレイチェンジも豊富に用意されています。

Diffuseでは、スミア、エコー、ダンピングを可能な限り直感的な方法で完全にコントロールできます。

Diffuseについてさらに詳しく

Modnetic

Modneticは、1970年代のクラシックなアナログ・テープ・ディレイ・ハードウェアの包括的なエミュレーションを提供します。単なるアナログ・エミュレーションではなく、Modneticにはデジタル的な工夫も施されています。

Modneticは1つで4つのパワフルなエフェクトを提供します:最高のアナログ・エミュレート・テープ・ディレイ、極めてリアルなスプリング・リバーブ・チョイス、バケット・ブリゲード・コーラス/フランジャー/フェイザー、クラシック・トーン。アナログ・サウンドでありながら、クラシックなデジタル・フェイザー、リバース・テープ、クリックレスのリアルタイム・ルーティング・オプションなど、デジタルの明瞭さと不可能なトリックを備えています。これは、ライブ・パフォーマンスだけでなく、スタジオを一変させるのに十分頑丈に作られています。

Modneticはゼロから最適化され、より良いクオリティとパフォーマンスを実現し、サウンドの幅も広がりました。

特徴

組み合わせ可能な3つのバーチャル・テープヘッド、2種類のリバース・ディレイ・エフェクト、ホールド・モードを備えたエコー・セクション。
35個のIRを搭載したリバーブ・セクション
BBD(バケット・ブリゲード・デバイス)にインスパイアされたアナログ・モデル、クリーンなデジタル・エフェクト、特別な「壊れた」サウンドを含むコーラス、フランジャー、フェイザー・エフェクトを搭載したモジュレーション・セクション

Modneticについてもっと知る。

動作環境

Mac

macOS 10.11 El Capitan以上(Intel / M1 Apple Silicon対応)(64ビットのみ)
VST 2.4、VST 3またはAudio Unitホスト
Intel i5 CPU / M1 Apple Siliconプロセッサー以上、4GB RAM以上を推奨

Windows

Windows 8 – Windows 11(32ビットまたは64ビット)
VST 2.4またはVST 3ホスト
Intel i5 CPU以上、4GB RAM以上を推奨

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
セール

コメント

タイトルとURLをコピーしました