11月にPluginBoutiqueで何か買うと5つ特典の中から選んで貰える!(1/31まで)

セール
スポンサーリンク

今月は23日からPluginBoutiqueの購入特典が更新されました!

というより既存の2つに以下の3つが追加されました。

もし先日まで無料配布していたiZotope Audiolensを貰っていない方はここで貰っときましょう。

それ以外の優先順位はMReverbMBCherry Audio CA2600の順番で、英語判る方は2-Month Producertech Subscriptionを貰っとくと良いと思います。

zplane deCoda LEはFull版へのアプグレ可能(価格は11/13現在のレートで4,788円)以外のメリットはないと感じます。

そして今のセールが37.40ドル(現在のレートで5,216 円)なので少しお得なので、購入を考えている方は貰っときましょう。

MReverbMBはマルチバンドリバーブなんですが、イージーモードとエディットモードが搭載されています。

イージーモードでは主要なパラメータだけが表示され簡単に操作することが出来ます。

イージーモード

エディットモードはマニュアル、翻訳必須ですが、細かく設定を調整することが出来ます。

エディットモード

音デモ

ドラムに掛けてみました。

Wetのみなのでリバーブの感じを確認してみて下さい。

一部のパラメータはロックが可能です。
(プリセットを変えても設定した値を保持する機能)

少しパラメータを変えつつプリセットを変えてみました。

 

Melda Production MReverbMBの概要

MReverbMBは、最大6つの異なるバンドを同時に処理することで、標準的な品質のリバーブの可能性を大きく広げます。このリバーブプラグインは、非常にリアルなホールから信じられないようなエフェクトまで提供することができます。あなたのオリジナリティを発揮してください。

特徴

デュアル・ユーザー・インターフェース – このプラグインは非常に多機能であるだけでなく、2つのグラフィカル・ユーザー・インターフェースによって素早く簡単に使用することができます。まず、デフォルトのシンプルなものには、いくつかの定義済みモードがありますが、コントロールはわずかで、知識がなくても素早く簡単に始めることができます。必要なのは、好きなものを選び、いくつかのノブを使うだけです。また、このプラグインにはアドバンスモードがあり、プラグインが提供するすべての極端な機能を提供します。
空間配置システム – シンプルなビューを使用して、簡単に音源をドラッグすることができ、MReverbMBは指定された部屋と位置にあるように聞こえるように、必要なすべてのパラメータを設定します。
3バンドイコライザー:残響音、つまり部屋の音をコントロールするために使用されます。各バンドは7種類のフィルタータイプに設定可能で、ハーモニックコントロールなども備えています。
完全なアルゴリズムによる真のステレオリバーブ – プレート、ホール、ルームの個別のアルゴリズムは必要ありません。その代わり、直感的に操作できる膨大なパラメーターを備えており、あらゆるリバーブ特性を簡単にエミュレートすることができます。小さな部屋から非常に大きなホールまで、ほぼ無限のリバーブテールを持つことができます。
完全に透過的な3つのクロスオーバー・アルゴリズム(アナログ、リニアフェイズ、ハイブリッド)をベースに、リミットと入力ゲインを完全に調整できる1〜6個の独立したバンドを設定可能。すべてのバンドとマスターのピークメーターを装備。
継続的に調整可能なオシレーターシェイプ – プラグインのオシレーターは、定義済みのオシレーターシェイプ、MeldaProduction Envelope System (MES) で編集したカスタム波形、ステップシーケンサー、アルゴリズムによるポストプロセッシングを組み合わせて定義されています。これは、オシレーターシェイプを定義するための最も高度なアプローチです。
4つのグローバルモジュレーター – 各インスタンスに最大4つのフルフィーチャモジュレーターを搭載でき、他のモジュレーターを含むあらゆるパラメーターセットをモジュレートすることが可能です! このように、サウンドを時間軸で動かし、静的でなく、より興味深いものにすることができます。各モジュレーターは、LFO、フォロワー、MIDI/オーディオ・トリガーADSRエンベロープ、ピッチ・ディテクター、またはその組み合わせとして機能します。
真空管サチュレーションを内蔵し、ビンテージ・アナログのようなサウンドが得られます。
完全なランダム化 – ボタン1つで、まったく新しい設定を生成することができます。ボタンをクリックすると、何十億もの可能な設定の中から、あなたに最適なものを見つけることができます。もしそれが多すぎるのであれば、Ctrlを押したままにしておけば、MReverbMBは既存の設定を少し修正するだけです。
非常に高度で使いやすいユーザーインターフェース – 私たちの製品は、常にワークフローを向上させるように設計されています。全ての値を簡単に変更し、複数の方法で各コントロールを微調整することができます。標準化されたGUIでの簡単な操作、テキスト編集、ほぼ無制限のズームによるスムーズな視覚化は、当社のすべてのプラグインに標準装備されています。さらに、私たちのプラグインは世界で初めて(そして今でも唯一の)リサイズ可能でスタイラス可能なGUIをサポートしています。
ホストテンポへの自動同期 – プラグイン内のすべてのオシレーターとモジュレーターは、他のトラックを不快にすることなく、できるだけ自然なサウンドを提供するために、自動的にホストに同期させることができます。
MIDIコントローラーとMIDI学習 – 任意のパラメータを任意のMIDIコントローラーやMIDIキーボードにマッピングして、リアルタイムにコントロールしたり、録音やオートメーションが可能です。
SSEとSSE2プロセッサに最適化された非常に高速な処理。
グローバル・プリセット・マネージメントとオンライン・プリセット・エクスチェンジ – タイトル・ボタンを使って、あなたの設定(コンピュータで共有されます)を保存し、他の曲で簡単にアクセスすることができます。さらに、すべてのプラグインは自動的にあなたのプリセットを共有し、私たちのサーバーから他のユーザーのプリセットをダウンロードすることができます(この機能が有効になっている場合)。私たちはコミュニティを構築しており、あなたもその一員になることができます。
完全に自動化されています。

システム要件

Windows

  • Windows Vista / 7 / 8 / 10 (64ビットのみ)
  • VST / VST3 / AAX 互換ホスト (64ビットのみ)
  • SSE2 をサポートする Intel/AMD プロセッサ

Mac OS X

  • Mac OS X 10.9 以降(64 ビットのみ)
  • VST / VST3 / AU / AAX 互換ホスト(64 ビットのみ)
  • SSE2 をサポートする Intel/AMD プロセッサまたは Apple Silicon プロセッサ

 

zplane deCoda LEの概要

deCoda LEでどんな曲でも学び、分析することができます。
重要:zplane deCoda LE の引き換えコードは、2023年1月31日までに引き換えが必要です。

deCoda LEの使い方は、好きな曲を追加して、deCoda LEがその曲を理解し、練習するのを手助けしてくれるというシンプルなものです。deCoda LEは、音楽業界やレコーディング業界で働く人々からインスピレーションを得て、新しい曲を簡単に学べるように一から設計されています。

deCodaはzplaneによって開発されました。zplaneの技術は、世界のヒット曲の多くに使われています。

機能

  • 高度なアルゴリズムにより、曲のキーとテンポを検出します。
  • 曲の構造を自動検出し、イントロ、バース、コーラスなどを見つけることができます。
  • 柔軟なルーピングオプションでセクションごとに曲の演奏方法を学習
  • 曲の一部または全体を、より適した別のキーに移調することができます。
  • ピッチを変えずにテンポを変更できるので、速い部分の学習や練習に役立ちます。
  • 楽器を接続し、お気に入りのVST/AUプラグインで演奏可能
  • IK MultimediaのAmpliTube 4に4つのアンプ・モデルを追加した特別バージョンを同梱

システム要件

Mac

  • macOS 10.15 Catalina – macOS 12 Monterey (Intel / M1 Apple Silicon 対応) (64ビットのみ)
  • 100 MBのハードディスク空き容量
  • 最低画面解像度 – 1366 x 768

Windows

  • Windows 10 – Windows 11 (64ビット版のみ)
  • 100 MB のハードディスク空き容量
  • 最小画面解像度 – 1366 x 768

注意:本製品はスタンドアロンアプリケーションであり、VST/AU/AAXインストゥルメントではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました