Xfer Recordsのカッコいいコード進行が簡単に作れるCthulhuの使い方②(パラメータ解説編2)

プラグイン
スポンサーリンク

Xfer Recordsのカッコいいコード進行が簡単に作れるCthulhuの使い方②(パラメータ解説編2)

この記事は以下の記事に集約予定なのでブックマーク等を貼らないようにお願い致します。

今週はちょっと忙しくなる為、短めの記事が多くなります。

前回までの記事はこちら

今回は「Arpeggiator」の「Step」の解説です。

Cthulhuのパラメータ解説(Step)

音をならない様にするには該当箇所を「1」より下にドラッグすると発音しなくなります。

またグレーの部分をクリックでミュートする事が出来ます。

 

パターンの長さ

緑色のバーがパターンの長さを決定しています。

Link Lengths:すべてのグラフページで同じ長さを使用したい場合は、リンクの長さスイッチを使用することができます。

上記記載がマニュアルにはあるのですが、使い方が不明です。

On、Offしてパターン切り替えても変化が無いです。

Position Reset:グラフの下側の領域でステップをaltクリックすると、そのステップ上に大きな緑色の矢印が表示されます。これは、アルペジエーターがこのステップでリセットされ、アルペジエーターパターンの最初のノートを演奏することを意味します。

これ地味に良いです。

シンセによってはGateを長くして「Position Reset」を使うと長いノートも鳴らす事が出来そうです。

 

Xfer Recordsのカッコいいコード進行が簡単に作れるCthulhuの使い方②(パラメータ解説編2)まとめ

ARP部分もPhraseboxの方が優れていると思っていましたが、Cthulhuならではの機能が結構あり、使い分けが出来そうです。

MIDIノートでパターンの切り替えが出来るのがかなり便利で新しいフレーズを作るのに向いてます。

詳しくは別途書きますが、こんな感じです。

Cthulhuもかなり良いフレーズジェネレータと化します。

コメント