Wavesfactoryの自然なサイドチェインが掛けられるTrackspacerの使い方③

プラグイン
スポンサーリンク

前回の記事はこちらからぞうぞ。

「Trackspacer」の使い方動画でボーカルのスペースを作るというのがあったのでやってみました。

以下の動画ですね。

そのまま真似しても面白くないので、ピンクノイズを使った解説してみます。

こんな感じです。

判り易くするために少し強めにかけてます。

ピンクノイズがガッツリなっているのにボーカルの抜けがよくなりますね。

 

 

設定方法

ミキサー1に任意の楽器を割当て、ミキサー2にボーカルを割り当てます。

そしてミキサー1に「Trackspacer」を読み込みます。

ミキサー2をミキサー1のサイドチェインインプットにルーティングします。

ミキサー2を選択して▲を右クリックして「Sidechain to this track」をクリックします。

「Trackspacer」を開き左上の歯車アイコンから「Processing」の「Sidechain L/Sidechian R」を「1」にします。

これで準備は完了です。

動画も用意しました。

あとはAttack、ReleaseとLow-Cut、Hi-Cutを音源に合わせて調節します。

 

まとめ

ボーカルはもちろんですが、他にも特定の楽器の音を目立たせたい場合に使えますね。

あとは前回の応用でリバーブに使ったり、MID/SIDEで使っても良さそうです。

 

スポンサーリンク
プラグイン
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました