【無料】Wavesの新しいサンプルファイル管理アプリCOSMOS Sample Finderの使い方③

プラグイン
スポンサーリンク

2回で終わらせる予定だったのですが、ちょっと時間の都合で4回か5回位になる予定です。

後日記事をまとめますので、ブックマークなどは最初の記事にお願いいたします。

3回目はタグやアトリビュートの編集に関して書いていきます。

前回までの記事はこちらです。

TagやAttributeの編集

アナライズされたサンプルの「Tag」や「Attribute」が間違っている場合があります。

必ずしも直さなければならない訳ではありませんが、長く使うなら直しておいたほうがワークフローが円滑になるかと思います。

「Tag」

「Tag」は1つのサンプルに対して複数付ける事が出来ます。

「Tag」は必ず小文字で表記されます。

編集する場合はサンプルの上で右クリックから「Edit Tags」をクリックします。

「Tag」を新しく作る場合は、「Add Tags」に任意の文字列を入力してエンターキー押下で追加出来ます。

動画を用意しました。

「stem」という「Tag」を新しく作ってみました。

 

既存の「Tag」を追加する場合は「Add Tag」に文字を入れると候補が表示されますので、まずは2文字位打って選択するとスペルミス等も防げて良いと思います。

動画を用意しました。

ループに「hip-hop」の「Tag」を追加してみました。

最初戸惑うかもしれませんが、「Add Tag」に文字を入れて候補を選択、又はエンターキーを押下するとそれで設定は入ります。

OKボタンや適用ボタンはありません。

「Tag」の削除は「Tag」の右側にある「x」をクリックするだけ削除出来ます。

 

「Attribute」

「Attribute」は1つのサンプルに以下の設定をすることが出来ます。

・1shot 又は Loop
・Instrument
・BPM
・Key
・Scale

「Attributes」の編集はサンプルの上で右クリックから「edit attributes」をクリックです。

複数同時編集

「Tag」、「Attribute」両方とも複数編集が可能です。

やり方は Ctrl キーを押しながらクリックで複数選択が可能です。

複数選択した状態で右クリックから「Edit Tag」や「Edit Attribute」で編集が出来ます。

 

まとめ

ちょっと小分けですが、次回は「FAVORITES」や「COLLECTIONS」について書いてきます。

 

スポンサーリンク
プラグイン
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました