Voltage ModularでReason Lite Rack PluginのMATRIXを使う方法

Reason Rack
スポンサーリンク

Voltage ModularでReason Lite Rack PluginのMATRIXを使う方法

管理人の yosi です。

これもやってみました。

やり方が2パターンあって、結果から言いますと、VoltageModular内部でReason Lite Rack Pluginを使う方法は上手くいきません。

FLStudio等のDAWからReason Lite Rack PluginとVoltageModularを別々に起動して、MATRIXのMIDIデータをVoltageModularに送る方法が良いです。

という訳でこの記事は以下の内容でお送りします。

・Voltage ModularでReason Lite Rack PluginのMATRIXを使う方法
・VoltageModular内部でReason Lite Rack Pluginを使うと何が問題か

Voltage ModularでReason Lite Rack PluginのMATRIXを使う方法

まずはやり方を解説です。

設定は今までのReason Lite Rack PluginのMATRIXを活用するシリーズと同じなのですが、Voltage Modular側が少しだけ異なります。

 

Voltage Modular側の設定

まず、MIDIの設定から

左上の歯車アイコンから「MIDI」の「Input port」を「0」に設定します。

あとは画面上部の「CV SOURCES」の「PITCH」はオシレーターなどに接続し、「GATE」はADSR等に接続すれば普通に使えます。

ベロシティー情報も送られてきてますので「VEL」もパラメータを動かすのに使えます。

一応接続例も用意しました。

全くわからんぞ!という方は参考にしてみて下さい。

Reason Lite Rack Plugin側の設定

Reason Lite Rack Pluginを追加します。

まず、右クリックから「Instruments」->「MIDI OUT Device」をクリックします。

次に「MIDI OUT」の上で右クリックから「MATRIX」を追加します。
(この順番だと自動でケーブルが結線されます)

一応GIF動画も用意しました。

次に「MIDI」の設定を変更します。

左上の歯車アイコンから「MIDI」の「Output port」を「0」に設定します。
(この後設定する「Input port」と合わせれば「0」以外でも問題ありません)

これで「MATRIX」の再生ボタンを押せば音が出ます。

 

VoltageModular内部でReason Lite Rack Pluginを使うと何が問題か

VoltageModularには「Plugin Host」モジュールがあり、VST3フォーマットの読み込みに対応しています。

ですから「Plugin Host」モジュールから「Reason Lite Rack Plugin」を読み込めば良いじゃないかと考えると思います。

やってみたのですが、全然ダメなんですね。

MIDIデータの処理に不具合があると思われることが原因です。

以下の動画を見て欲しいのですが、「PITCH」はしっかり出力されています。

しかし「GATE」は5V固定で出力されっぱなしなんです。

本来は以下の様に「GATE」の出力も波打つ必要があります。

逆に言うと「GATE」の情報は要らないという事であれば、「Plugin Host」モジュールを使う方法もありですが、そんなケースはあまりないですよね。

結論を言うと他にも不具合がある可能性が考えられる為、DAWを介した方が良いです。

 

Voltage ModularでReason Lite Rack PluginのMATRIXを使う方法まとめ

これ思っていた以上に色々楽しくなってきました。

個人的に「Voltage Modular」の不満はCoreライブラリにシーケンサーが1つしかなくて残念だったんです。

しかし「MATRIX」が使えればかなり色々遊べるので、また「Voltage Modular」の記事を少し書いていこうと思います。

コメント