【64%OFF】UJAM Beatmaker KANDYとVICEがセール中(10/31まで$35)

セール
スポンサーリンク

UJAMさんのBeatmakerシリーズKANDYとVICEがセールです。

ほんとBeatmakerシリーズ良いですね。

使い易いし、MIDIも一緒だからちょっと変えるのも楽だし、パラアウト出来るしと素晴らしいドラム音源です。

それぞれジャンル特化型のドラムキットが10搭載されていて、フレーズはMIDIファイルとしてDAWにドラッグアンドドロップ出来ます。

KANDYは洋楽のPop系で使われるようなドラムだそうです。
(KANDYは持って無いです)

動画のドラムが好きでしたら買って間違い無いかと。

VICEは80sのSynthwave系ドラムです。

VICEは持っているので動画を用意しました。

活用方法のTipsなんかも書いています。

KANDYの概要

パンチの効いた、官能的なサウンド
Aリストのポップアーティストに共通しているのは、ビートを重視していることです。ビートは多くの場合、曲を支え、定義する中心的な要素であり、そのリズムはさまざまなジャンルの背景を持っていますが、すべてに共通する性質があります。

艶やかに磨かれ、大きな舞台に立つ準備ができている。現代のポップスのビートは、巨大とまでは言いませんが、大きく、正確で力強くミックスを切り裂き、非常に緻密にプログラムされており、多くの場合、広範囲に渡って自動化されています。

ドラムシンセサイザーから直接出力された1つまたは2つの静的なループでポップソングが成り立っていた時代は、もはや過去のものとなっています。

ハイブリッド・サウンド – 両方の長所を兼ね備えています トップチャートやポップスを聴いていると、さまざまなジャンルの影響を受けていることがすぐにわかります。壊れたダンスリズムからテクノ風のストンプまで、これらの音楽はほとんどジャンルを問わないようです。時には、アーティストのジェンダー・フリーダムさを彷彿とさせます。

スウィートネスの調整
独自のSweetnessコントロールは、マルチバンド・コンプレッションとトランジェント・デザイナーの助けを借りて巨大なサウンドを形成し、ドラムがミックスをよりよく切り抜けるようにします。

チャートブレイカーのために、KANDYはUJAMのBeatmakerシリーズの新しいタイトルです。Beatmakerシリーズは、あなたの音楽のために優れたビートを素早く簡単に作り出すことができます。DAWのテンポに瞬時に同期し、無限に近い種類のビートを演奏することができます。

KANDYには、16種類のドラム音源を含む12のキットが用意されています。20種類のスタイルには23種類のパターンが用意されており、合計460種類のパターンが用意されています。さらに、パンチの効いたコンテンポラリーなビートを作るために必要なすべてのエフェクトに簡単にアクセスでき、実際に印象的なビートを作ることができます。

ミックスをコントロールする
KANDYのすっきりとしたシンプルなインターフェースは、考えすぎずに簡単に音楽を作ることができます。ミックス・プリセットを選び、そのキャラクターを自分の好みに合わせて設定します。

KANDYでは、「大きくするか、小さくするか」を決めることができます。もしあなたがA級ポップアーティストのようなサウンドを求めているなら、これは彼らのスタジオへの鍵となります。

VICEの概要

ノスタルジア・アーケード

デジタルドラムのための最大限のレトロフューチャリズム。1980年代のSFやホラー映画の雰囲気は、誰もが知っていて大好きです。VICEは、そんなSF的な雰囲気を表現する音楽に最適なドラム・トラックをお届けします。しかし、それは単なる過去のフラッシュではありません! それは、黄金時代の美学が今日の最高の音質で蘇ったものなのです。1980年代の音楽がメインストリームに戻ってきました。特にシンセウェイブは、以前よりも大きく、より良くなっています。ビートメーカーVICEで、チャートのトップを目指してみませんか?

何が入っているの?

・伝説的なアナログ・ドラムマシンから作られたドラムキットです。
・DAWへのMIDIドラッグ&ドロップ
・複数のオーディオ出力
・30種類のスタイル
・独自のTime Machineアルゴリズム。
・1980年代の正統派バイブレーション。
・21世紀の原始的なサウンド。

レトロ?フューチャー?両方だ

1980年代といえば、どんなサウンドが頭に浮かびますか?大きなシンセサイザー、パンチの効いたデジタルドラム、ゲートリバーブを多用した安っぽいポップミュージック?最近では、これらのサウンドが2010年代のプロデューサーたちによって再活性化され、Synthwave、Retrowave、Futuresynthといったジャンルになっています。これらのEDMジャンルは、1980年代の映画のサウンドトラックやビデオゲームに影響を受けています。Jean-Michel Jarre、Vangelis、Trevor Hornなどの作曲家に触発され、エレクトロニック・ドラム、ゲート・リバーブ、アナログおよび初期デジタル・シンセサイザー・サウンドなど、1980年代の決まりきった要素が含まれています。VICEは、オーセンティックな80年代からシンセウェイブまで、あらゆる制作に必要なドラムパーツを提供します。

奇妙なことが起こるかもしれない

VICEは、あなたのドラム・プログラミングを、レトロなタッチの超モダンな冒険に変えます。Linn、Roland、Simmons、Korgなどの伝説的なクラシック・ドラムマシンにインスパイアされたVICEは、ちょっとしたタイムマシンのように感じられます。

イライラしないデザイン

このバーチャル・ドラムマシンは、80年代のベテランからインスタ・プロデューサー志望の方まで幅広くお使いいただけます。VICEの透明なインターフェイスは、あなたのトラックをあっという間に安っぽいポップミュージックに変えてしまいます。簡単なマクロ操作と隠されたメニューはなく、すべてが明確にレイアウトされています。

機能一覧

10種類の独立したキット、12種類のスマート・ミックス・プリセット、リバーブの効いたパンチの効いたデジタル・ドラムを作るための内蔵FXを備えたVICEは、あなたの洗練された21世紀のサウンドインテグリティと正統派の80年代のバイブスを結びつける完璧なツールです。

スペシャル・コントロール タイムマシン

80年代のテープ・レコーディングや初期のサンプリング・アーティファクトのサウンドから、2080年のフルでヘビーなパンピング・フューチャーまで、あなたのドラム・トラックをタイムトラベルさせましょう。

マイクロタイミング

ビートのスピードとタイミングをコントロールすることができます。ホストのテンポをハーフからノーマル、ダブルスピードまでダイヤルで調整できます。

MIDIドラッグ&ドロップ

パターンをDAWに書き出すことができます。スクリーン上のキーボードからパターンをドラッグして、トラックにドロップするだけです。

楽器ごとのコントロール

ドラムキットごとに、個々の楽器のボリューム、ディケイ、ピッチ、フィルタを編集、コントロールできます。

システム要件

オペレーティングシステム

Windows 7以降(64ビットのみ)
OS X 10.11 / macOS 10.12以降(macOS 11 Big Sur対応)(64ビットのみ)
それ以前のバージョンでも実行できますが、UJAMではサポートしていません。

最小要件

4 GBのRAM
0.06 GBのディスクスペース
1280×768ピクセルのディスプレイ
ダウンロードと認証にはインターネット接続が必要です。

プラグインの形式

VST、AU 2、およびAAX
AU 2バージョンは、Logic Pro X以降にのみ対応しています。

スポンサーリンク
セール
Chillout with Beats

コメント

Translate »