【1/10まで$23】Tone Empireのサチュ付きコンプGoliath V2がセール開催中(70%OFF)

終了セール
スポンサーリンク

ちょっとセールプラグインを色々見てたら更に安くなってました。

最安値だと思います。

過去セール情報
2021年1月70%OFF$29

正直言うと全体的なバランスなんかはバージョン1の方が好きですが、サチュの感じはバージョン2が良いです。

 

他のTone Empireの製品も安くなってます。

概要

Saturation / Dynamics / EQ

Goliath V2は、合金(ニッケル、鉄、鋼)ベースのトランスフォーマー、TUBE、TAPE、VINYL、ドライブコントロール、FETベースのエンベロープ、3バンドEQの4つのアナログモデリングプロセッシングチェーンを搭載しています。

まさに革命的なアナログ・サウンドのツールです。驚きのサウンドをお楽しみください。

What’s New?

Tone EmpireのトップセラープラグインであるGoliathが、全く新しいサウンドエンジンと新機能を搭載して、全く新しい姿で帰ってきました。

このプラグインは、Alloy、Tube、Tape、Vinyl with Driveの4種類のサチュレーション・モデルを備えています。Tone Empireは、独自の “Multi Convolution “とコンポーネント・モデリング・テクニックを備えた高度なDSPモデルを使用して、アナログ機器のリアルなハードウェア・チェーンをシミュレートしています。さらに、エンベロープセクションにフルFETコンプレッサー、3バンドEQとローカットフィルターを搭載しています。

これらのエンジンにより、Goliath V2は素晴らしいサウンドと多彩なサウンド・プロセッシングが可能なチャンネル・ストリップとなりました。

もし、あなたがヴィンテージアナログの「良さ」を愛しているなら、Goliath V2はあなたのためにあります。

Analog Modelled Processing Chain Section

Tone Empireの幻想的でリアルなアナログチェーンを開発するために、Tone EmpireはTone Empire独自の「マルチコンボリューション」&コンポーネントモデリング技術を使用して、異なるレベルでギアを叩く複数のサンプルを使用しました。
そのため、実際にギアの「リアル」なサウンドを得ることができます!

Goliath V2のシグナル・チェーンは以下の通りです。ローカットEQ > アナログ処理セレクター(4つ選択) > ENVELOPEセクション > EQセクション。

Features

Analog Processing:

ALLOY

ニッケル、鉄、鋼鉄でできたトランスの特性を生かした、英国の名機1081サウンドをフィーチャーしたアナログプロセッシングチェーンです。

クリーンでシルキーなアナログ・プロセッシングを味わうことができます。

TUBE

チューブチェーンは、モダン/クラシックなバルブプロセッシングチェーンとAIR回路を使用してモデリングされています。2次高調波を素材にもたらす、すぐに心地よいサウンドです。

TAPE

ここでは、ATR-700テープレコーダーを15psで使用し、テープの暖かさとコンプレッションを再現しています。トランジェントがウォームアップされ、3次高調波がサチュレーションされるのがすぐに分かります。

VINYL

この作品では、ノイマンのカッティングマシンを経由したアナログマスタリングチェーンと、ダブプレートからサンプリングした複数のIRを搭載しています。ついに、あなたのレコードを「レコード」らしく鳴らすことができるのです

More Features:

  • DRIVE コントロール。 このコントロールは、それぞれのサチュレーション特性で選択されたアナログチェーンを「ドライブ」させることができます。レベルはそのままなので、出力コントロールに手を伸ばし続ける必要はありません。アナログチェーンの軽いタッチから、信号を強打することで完全にドライブされたサチュレーションにすることができます。

  • Env-EQ MIX:このコントロールは、Env-EQセクションの前にアナログチェーンからの信号をパラレルミックスすることで、EnvelopeとEQの使用量を調整するために使用されます。ENV-EQのドライ/ウェット・コントロールのような役割を果たします。

  • OUTPUT コントロール。 プロセッシングの最終出力のゲインを-infから+10DBまでコントロールすることができます。大量の圧縮を行い、最後に信号のブーストが必要な場合や、レベルをカットバックする場合などに便利です。

     

Envelope Section:

ON/OFFスイッチ。エンベロープセクションのオン/オフスイッチです。

エンベロープセクションは1176スタイルのFETコンプレッサーを搭載し、スレッショルドのコントロールとレシオ、アタックタイム、リリースタイムの固定コントロールを備えています。アタック、リリース、レシオは、様々な素材に適用できるように慎重に選択されています。ドラムからピアノ、ボーカルまで、このコンプレッサーにどんなものを投げても、音を軽くコントロールすることも、攻撃的につかむこともできます。

  • Threshold: エンベロープが動作するためのスレッショルドをコントロールします。
  • Attack: FastからSlowまでの固定Attackタイムをプリプログラム。
  • Release: 高速から低速までの固定解放時間があらかじめプログラムされています。
  • Ratio: 2:1から “ALL Buttons In”(スマッシュ比)までの比率を固定。

EQ Section:

  • Low Cut Filter: 20Hz~60Hzの1次ローカットフィルター。
  • Low EQ: 65Hzに設定されたピークフィルターEqで、低域を+/-10DBでブーストまたはカットします。
  • Mid EQ: ピークフィルターEqは1.5KHzに設定され、中域を+/-10DBでブーストまたはカットします。
  • High EQ: ピークフィルターEqを15 kHzに設定し、高域を+/-10 DBでブーストまたはカットします。

システム要件

Mac

・macOS 10.13 以降 (Intel / M1 macOS Big Sur 対応)
・VST3、AU、またはAAX(64bitのみ)
・Intel i3 / AMD Ryzen または同等品
・2GB RAM / 300MB HDが必要
・画面の解像度 1024×768

Windows

・Windows 10以降
・VST3またはAAX(64bitのみ)
・Intel i3 / AMD Ryzen または同等品
・2GB RAM / 300MB HDD
・画面の解像度 1024×768

重要な注意事項

アンチウィルスソフトの中には、ファイルのインストールやダウンロードの際に警告を出すものがありますが、そのような警告は無視してください。これは誤検出です。
Tone Empire はノートンのアンチウィルスで彼らのインストーラーをテストし、ファイルはきれいです。

スポンサーリンク
終了セール
Chillout with Beats

コメント

Translate »