無料のAIベース作曲ツールSplashproを使ってみた(音デモあり)

DTM
スポンサーリンク

無料のAIベース作曲ツールSplashproを使ってみた(音デモあり)

Chillout with Beats 管理人の yosi です。

この記事では簡単な使い方を解説していきます。

ダウンロードについては以下の記事を参考にして下さい。

デモを作りました。

ドラム以外はボーカルも全てSplashproです。
(キーボードとベースはSylenth1です)

ボーカル凄過ぎやしませんかね・・・まじで。

AIベースの作曲ツールSplashproの使い方

まずは簡単な使い方を解説します。

4つのパートのMIDIを生成できます。

キーボードパート

まずはキーボードを生成します。

「Select playing style」から好みのジャンルを選択します。

ここでは「Pop」の「EDM」を選んでみました。

あとは「Compose MIDI」をクリックします。

数秒で以下の様な表示がされますので、ドラッグしてDAWにドロップします。

気に入らなければ、もう一度「Compose MIDI」をクリックして再生成しましょう。

同じ設定でも違う内容が出力されます。

動画を撮ってみましたので、見てみて下さい。

 

 

 

ベースパート

「BASS」タブをクリックして「Compose MIDI」をクリックします。

キーボードと同様で以下の部分をDAWにドラッグアンドドロップします。

ドラムパート

ドラムはちょっと面倒(バグがあるっぽい?)なので飛ばします。

別途解説するかもしれません。(期待しないでください)

ボーカルパート

「VOCALS」タブをクリックします。

これが凄いのですが、普通に歌詞を入れたら歌ってくれます。

LYRICSの所に適当な英単語を入れるだけでもOKです。


例えばFLのマニュアルから一部を持ってきて貼り付けます。

「Click the time-ruler above the slices and drag.」

これをコピペします。

「Render Voice」をクリックします。

Wavで出力されますので、DAWにドラッグアンドドロップします。

こんな感じです。

MIDIの場合は勝手にBPMと合いますが、WAVの場合はBPM通りに出力されますので、DAWと合わせておきましょう。

「Compose MIDI」でメロディをMIDI出力することも出来ます。

「Singer」をクリックすると男性と女性を変更出来ます。

AIベースの作曲ツールSplashproを使ってみた(音デモあり)まとめ

如何でしょうか。

駆け足で解説しましたが、簡単ですよね。

ボーカルの質が高くて正直ビビりました。

こんなボーカルが簡単に生成出来ちゃうんですね。

少し調べて詳しい記事を別途書きます。

コメント