【終了】Softubeの高性能ビットクラッシャーOTO Biscuit 8-bitが8,645円(1/13まで)

終了セール
スポンサーリンク

【60%OFF】Softubeの高性能ビットクラッシャーOTO Biscuit 8-bitがセール中

Chillout with Beats 管理人の yosi です。

Lo-Fi好きはこれほんとおすすめです。

Lo-FiなのにHi-Fi?意味判らん感じですが、これビットクラッシャーの他にウェーブシャーパー、ディレイ、ピッチシフト、ステップフィルターまで搭載してるんです。

そしてそれらを組み合わせる事が出来るので、Lo-Fiなディレイ

Introducing OTO Biscuit – Softube
 

概要

00年代後半にハードウェアで最初に導入されたフランス製のOTOビスケットは、すぐに世界中のDJやエレクトロニック音楽プロデューサーのカルトクラシックになりました。ざらざらしたビットクラッシング、ローファイマルチエフェクト、甘くて滑らかなアナログフィルター、高品質のルックアンドフィールにより、クラブやスタジオでも最高のサウンドメーカーになりました。

ソフトウェアで利用できるようになり、カリカリで汚れたエッジの効いたサウンドをDAWベースのスタジオやラップトップベースのパフォーマンスリグに近づけ、かつてないほど直感的になりました。

Biscuitは、8つの個別に反転可能なビットまたは可変ビット、サンプルレートの制御、波形整形、遅延、ピッチシフト、アナログフィルタリング(手動または内蔵のステップシーケンサーで制御可能)により、これらの重要な音響の可能性を非常に詳細に制御します鋭いエッジを丸めて、最もきついデジタルスクリーチサウンドでさえも生き生きとオーガニックにします。

ドラムループで試してみて、穏やかなローファイデジタルディストーション、または完全な叫びのようなカオス、およびその間のすべてをお試しください。シンセサウンドを次のレベルに上げ、アーケードゲームのブリップとブループを作成し、非常識なエイリアシングと倍音を追加し、フィルターを使ってパッドを動かし、膨らませます。ボーカルやギターに適用して、アナログサウンドを電子的、ロボット的、未来的な空想に変えます。

ビスケットのデジタル部分とアナログ部分の両方を容赦ないディテールでモデリングし、プラグインはライブ使用を可能にする低遅延モードを特徴としています-ビスケットで遊ぶのに特に人気のある方法は、ドラムまたはドロップをマングルすることですDJセットで、または一見スタジオにバインドされたサウンドをステージでライブで作成します。

プラグインを使用すると、下の「脳」セクションの視覚化が追加され、ボード上のデジタルエフェクトの操作がはるかに簡単になり、より楽しくなります。信号に適用する8つの異なる波の形状を確認します。専用のノブを使用して遅延時間とフィードバックをドラッグし、DAWテンポに同期するか、独自にタップします。ベルの倍音または超脂肪のサブベースを鳴らすために、ピッチシフトとドライシグナルとのブレンド。

最初は、ビスケットは目新しさのように見えますが、クレイジーな一時的な音だけで、ケーキのチェリーは完全にオプションです。しかし、もう少し深く入ってみると、それが非常に独自の菓子であり、甘くてより味が強いことがわかります。やがて、ほとんどすべてのプロジェクトでそれを使用し、あなたの歯に良いかどうか疑問に思うでしょう。

主な機能

・楽しさと使いやすいパッケージのローファイ8ビットマジック。
・ビット単位で制御します。
・サンプルレートを遅くすると、エイリアシンググリッターが落ちるのが聞こえます。
・スムーズなアナログフィルター。
・内蔵のデジタル効果–波形整形、遅延、ピッチシフト。
・フィルターを駆動する8ステップシーケンサー。
・非常に特徴的なサウンドですが、多くのスタイルに適しています。
・すぐに使える電子トラックを活気のあるクラシックに変えましょう。

システム要件

  • Mac OS X 10.9以降
  • Windows 64-bit, versions 8又は10
  • 1280×800以上の解像度を持ったディスプレイ
  • VST, VST3, AU, 又は AAX (Pro Tools 10.3.7, 11.0.2以降)
  • 要ilokアカウント

コメント