Xfer Records SerumのWaveTableでテキストを喋らせる方法

プラグイン
スポンサーリンク

Xfer Records SerumのWaveTableでテキストを喋らせる方法

管理人の yosi です。

少しSerumの小ネタを書いてきます。

この記事は以下の内容でお送りします。

・SerumのWaveTableでテキストを入力して喋らせる
・Processの違いによる音の変化を確認する

始めに言っておきますが、テキストスピーチ以下の再現度なのです。

しっかり喋らせる事が目的と言うよりは、テクスチャーとして利用する事を目的とした方がよいです。

以下の動画では「I am a robot」としゃべらせています。
(何となく聴こえるかなー位です)

SerumのWaveTableでテキストを入力して喋らせる

やり方は至って簡単です。

まず左上の「Menu」から「init Preset」をクリックし、プリセットを初期化します。

「OSC A」の鉛筆アイコンをクリックします。

「(enter formula)」に喋らすワードを入れます。

ここでは「”i am a robot”」と入れ、エンターキーを押します。

ここで注意点はワードはダブルクオーテーションで挟む必要があります。

以下の様にWaveTableが生成されたら成功です。

あとはWaveTableを動かす設定をします。

エディタを右上の「X」ボタンで閉じて、Serumの画面にします。

ここではLFOを使ってWaveTableを動かします。

まず、デフォルトの状態で設定していきます。

やり方は簡単で「LFO 1」の隣のカーソル?をドラッグして「WT POS」にドラッグアンドドロップするだけです。

GIF動画を撮りました。

WaveTableを動かすスピードを変える場合は、「RATE」を変更します。

デフォルトだと1/4なので、四分音符です。(四つ打ちの一個分です)

1小節で1回「i am a robot」を再生するようにする場合は「2 Bar」※に変更します。

※これはデフォルトが▲になっている為、「1Bar」だと折り返して再生されてしまう為です。

ワードによってそれっぽく聞こえる音の高さが異なりますので、色々な音程で試してみて下さい。

Processの違いによる音の変化を確認する

是非試して欲しいのが、「Process」を使うと音が色々変化します。

例えば、「X-Fade Edges(16 samples)」を適用すると音が少しスムーズになります。

「X-Fade Edges(grid size)」を適用すると低音が足されたような音になります。

色々試す際にUndoが使って試しましょう。

動画を撮ってみました。

特に「Create PWM from this table to all」は面白い効果が得られますね。
(喋るの関係なくなっちゃってますが・・・)

少しエディットしただけでこんな感じの音が作れました。

Xfer Records SerumのWaveTableでテキストを喋らせる方法まとめ

やはりデジタル系の音作るならSerumは最強ですね。

WaveTableで出来る事の幅が広い為、色々な音が簡単に作れます。

という訳で音作りのTips系で少し記事書いてきます。

コメント