Reason Lite Rack Pluginで無料の追加モジュールを増やす方法3

Reason Rack
スポンサーリンク

Reason Lite Rack Pluginで無料の追加モジュールを増やす方法3

管理人 yosi です。

気付けば結構な量の無料で使えるRack-Extensionがありました。

物によっては期間限定っぽいので、ゲットだけは早めにしときましょう。

インストール方法や他の無料Rack-Extensionは以下の記事を参考にしてみて下さい。

Thermal

Thermal Overview

概要

サーマルでは、1つのサイクル波形が4つのパート(ABCD)に分割され、順番に再生されます。各パートには8つの波があり、ミックスしてマッチさせることで最終的な波形ができあがります。さらにサウンド・シェイピングを加えるために、各パート(ABCD)にはそれぞれAmp、Pan、Semi、Centのコントロールがあります。

 

Orbis Wavetable Synthesizer

Orbis Wavetable Synthesizer RE: Patch Demo

概要

Orbis Wavetable Synthesizer は、モノ/ポリのウェーブテーブルシンセサイザーです。Orbisは4つのオシレーターを搭載しており、各オシレーターは14のウェーブテーブルから選択できます。

 

Nautilus 2

概要

Nautilus 2はSkrocksの最初のリリースであるNautilus Bass Synthesizerのフォローアップです。Nautilus 1 は現在無料です。

N1と同様に、Nautilus 2はベースサウンドのために設計されています。ジャンルを問わず、各ウェーブタイプ(Saw/Square/Triangle)ごとに12種類の波形とマルチモードのラダーフィルターを搭載しているので、いじって楽しんでください。

各ウェーブタイプの最後の4つの波形は、最初の12の波形から派生したデュアルシーケンシャル波形です。1+2、3+4…などなど。楽しいですね。

 

Iridium Distortion Synth

概要

IRIDIUMはモノ/ポリディストーションシンセです。それぞれ16の波形を持つ2つのジェネレーター(OSC)と、2つのキートラックEQ、2つのウェーブシェイパーを備えています。

 

Rostnomo Random Synthesizer

概要

RostromoはスペクトルテーブルベースのReason Rack用シンセサイザーで、聴覚的なモジュレーションとテクスチャーの変化を提供します。

 

Ivy

Ivy – Note CV Harmonizer (Rack Extension by Rainwaves)

概要

– 音楽のハーモニーを素早く作成する
– 12音すべてに独自のハーモニールールを設定
– Reasonラックのポリフォニーでクリエイティブに

 

wbl5515

WBL5515 Rack Extension

概要

希少なクラシック・アナログ・チップ「YL515 トリプルループ・オシレーター」をベースにした無料の限定デュアル・ドローン・シンセ。

 

MidiTapper – Midi Note Controlled Switch

MidiTapper for Reason – Presentation and Tutorial

概要

MidiTapperはMIDIキーボードのキーを使ってReasonのボタンとノブをコントロールできます。

各MIDIキーを押したり、タップしたり、ダブルタップしたりすることができます。

フルADSHRエンベロープのパルス出力

スムージングAR付きのスタティックトグル出力

3つの独立したオン/オフ出力レベルのセット。

最新のプレスベロシティレベルS&Hでセパレート出力

 

EXP1 Expression Processor

EXP 1 Intro

概要

EXP1はMIDI CC to CVコンバーターで、信号を彫刻したり、変更したりするための様々なコントロールを備えています。大きくて設定可能なディスプレイには、入力と出力がリアルタイムで表示されます。EWI-USBやWX7などのウィンド・コントローラーで使用できるように、20種類以上のコンビネーター・パッチが含まれています。

 

Wbl3001 Dispositif Pour Contact Premier

wbl3001DuelingDemo

概要

WBL3001は、オーディオデータやノートデータを非科学的に可視化します。リアパネルから8つの表示アルゴリズムを選択することができます。

コメント