【50%OFF】Pulsar AudioのテープエコーEchorecがセール中(8/22まで)

終了セール
スポンサーリンク

こちらもセールです。

ギターに掛けると幸せになれるやつです。

ちょっと作ってみました。

ギターとの相性はほんと素晴らしい。

ギターにはOzone 9 Imagerも使って左右に少し広げてます。

エフェクターの状態を3つから選ぶ事が出来て、中古にするとノイズがのり、揺らぎが出てLo-Fiにピッタリです。

 

 

概要

Pulsar Echorecは、1960年代にイタリアのブランドBinsonが製造した同名のアイコニックなエコー/ディレイ・ユニットをソフトウェアでエミュレートしたものです。

この磁気ディスク・ディレイのサウンドは、当時使用されていたテープ・ディレイとは異なり、多くの70年代バンドのオーディオ・シグネチャーに大きく貢献しています。ピンク・フロイド、シャドウズ、ジミー・ペイジなど、多くの70年代バンドのオーディオ・シグネチャーに大きく貢献しています。

Binson Echorec 2の最高のソフトウェアエミュレーション
ヴィンテージのEchorecデバイスは、そのサチュレーション、自己発振、オーバーサウンドで知られ、70年代に生産された音楽を形作ってきました。しかし、壊れやすく、メンテナンスが難しいことでも知られています。

Pulsar Echorecプラグインは、この伝説的なエコー・ユニットを忠実にエミュレートします。さらに、モーター・スピード(つまりディレイ・タイム)をリアルタイムで変更したり、タップしたテンポを含む任意のテンポに同期させることができるなど、多くのワークフローの改善がオリジナルに加えられています。

また、条件の異なる3つの異なるユニットも正確にモデル化され、最もクリーンなマグネティック・ディレイから最もグランジなサウンドまで、すべてのサウンドが得られるようになりました。

これらの追加機能とBinson Echorec 2のシグネチャー・サウンドにより、デジタル・ディレイ・プラグインに不足している微妙なアナログ・ライフを加えたいと考えているミキサーにとって、このエコーは必携のツールとなっています。

スポンサーリンク
終了セール
Chillout with Beats

コメント