【最大67%OFF】Pulsar AudioのMuとEchorecが最安値セール開催中(5/11まで)

ニュース
スポンサーリンク

【最大67%OFF】Pulsar AudioのMuとEchorecが最安値セール開催中

Chillout with Beats の管理人 yosi です。

Pulsar AudioのMuとEchorecが最安値セールです!!!

いやこれはおすすめです。

Echorec

Echorecは持ってなかったので買っちゃいました。

Echorecの動画を撮りました。(これで$30はほんと買いです)

 

概要

Pulsar Echorecは、1960年代にイタリアのブランドBinsonが製造した同名のアイコニックなエコー/ディレイ・ユニットをソフトウェアでエミュレートしたものです。

この磁気ディスク・ディレイのサウンドは、当時使用されていたテープ・ディレイとは異なり、多くの70年代バンドのオーディオ・シグネチャーに大きく貢献しています。ピンク・フロイド、シャドウズ、ジミー・ペイジなど、多くの70年代バンドのオーディオ・シグネチャーに大きく貢献しています。

Binson Echorec 2の最高のソフトウェアエミュレーション
ヴィンテージのEchorecデバイスは、そのサチュレーション、自己発振、オーバーサウンドで知られ、70年代に生産された音楽を形作ってきました。しかし、壊れやすく、メンテナンスが難しいことでも知られています。

Pulsar Echorecプラグインは、この伝説的なエコー・ユニットを忠実にエミュレートします。さらに、モーター・スピード(つまりディレイ・タイム)をリアルタイムで変更したり、タップしたテンポを含む任意のテンポに同期させることができるなど、多くのワークフローの改善がオリジナルに加えられています。

また、条件の異なる3つの異なるユニットも正確にモデル化され、最もクリーンなマグネティック・ディレイから最もグランジなサウンドまで、すべてのサウンドが得られるようになりました。

これらの追加機能とBinson Echorec 2のシグネチャー・サウンドにより、デジタル・ディレイ・プラグインに不足している微妙なアナログ・ライフを加えたいと考えているミキサーにとって、このエコーは必携のツールとなっています。

Introducing Pulsar Echorec – A Legendary-Sounding Delay

Mu

こちらもおすすめです。

サイドチェインとしても使えます。

ドラムに掛ける動画を撮りました。

Add glue to a stereo mixbus with the Pulsar Mu

概要

モダンでありながら伝説的なチューブ・コンプレッサー/リミッターを最も忠実にエミュレート – ミキシングとマスタリングのための完璧な接着剤。

業界標準のチューブ・コンプレッサー
可変バイアス管コンプレッサーを使用する理由はいくつかあります。1つは、極端なゲインリダクションに追い込まれた場合でも、この種のコンプレッサーが達成できる類まれなコンプレッションの透明性です。もう一つは、バスやミックス全体、マスターに結束力や「接着剤」を加えることができることです。

残念ながら、オリジナルのハードウェアは高価であり、”イン・ザ・ボックス “ワークフローに統合することは困難です。ソフトウェア・エミュレーションは存在しますが、ハードウェアのオーナーのほとんどは、オリジナル・ユニットと比較することはできないと考えています。

独自のトポロジー保存技術により、Pulsar Muは、あらゆる制作状況においてハードウェアと客観的に同一のサウンドを実現し、S/N比の向上などの改善も行っています。

主な機能

パルサーのモデリング技術は、元のデバイスの動作の完全なエミュレーションを保証します。トランスの磁束の飽和から、チューブの正確な応答、小さな校正欠陥の影響まで、すべてが完全に再現されています。興味がある場合は、テーマに関する「技術記事」をご覧ください。

External Sidechain

すべてのコンプレッサーがデジタル時代に行うべきパルサームーでは、外部サイドチェーン入力を定義できます。これにより、ダッキング、ディエッサー、お気に入りのEQを使用したサイドチェーン信号のフィルタリング、さらにはダイナミックプロセッシングの適用など、非常に幅広いアプリケーションが開きます。

Mid-Side Processing

Pulsar Muには、オプションのM / Sエンコードおよびデコードが組み込まれています。これにより、中央にパンされたサウンドと側面にパンされたサウンドを異なる設定で個別に処理できます。さらに、「リッスン」ボタンを使用すると、MidsまたはSidesのみを聞くことができるため、設定が簡単になります。また、作業中のチャンネルのみを監視するように最新の視覚化を設定できます。

Look Ahead, Look Behind

この革新的な機能により、入力に対するゲインリダクション信号のタイミングをシフトできます。先読みにより、Muはプレイされる前であってもトランジェントに反応し始め、完全な制限を保証します。逆に、後読みはゲインの低下を遅らせるため、高速トランジェントを未処理のままにして、対応するGRピークが遅すぎるようにすることができます。これにより、たとえばMuの後のトランジェントへのクリッピングなど、さまざまな可能性が開かれます。

Flexible Sidechain Equalizer

サイドチェーンのイコライゼーションセクションはシンプルですが効率的です。ハイパスフィルターで低周波数が圧縮をトリガーするのを防ぐことでミックスを呼吸させ、パラメトリックベルフィルターでボーカルや他の楽器への応答を調整し、ポジティブまたはネガティブハイシェルフフィルター。

Low CPU Consumption

Pulsarチームは、内部の非常に複雑なアルゴリズムにも関わらず、システムリソースをほとんど消費しないように、処理の最適化にとてつもない時間を費やしました。 Pulsar MuはCPUの機能を最大限に活用して、より少ないリソースでより多くのことを実現します。しかし、コンピューターが耐えることができ、苦しむのが好きな場合は、いつでもオーバーサンプリングをオンにして、最大384 kHzで処理できます!

スポンサーリンク
ニュース
Chillout with Beats

コメント