FLStudioの使い方 Patcherでアナログディレイの再現方法2

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioの使い方 Patcherでアナログディレイの再現方法2

管理人 yosi です。

Patcherでアナログディレイの再現方法の続きです。

見ていない方はまずは以下の記事を見てみて下さい。

FLStudioの使い方 Patcherでアナログディレイの再現方法
FLStudioの使い方 Patcherでアナログディレイの再現方法 管理人 yosi です。 FLStudioを使ったと書きましたが、応用は他の方法でも面倒ですが出来ると思います。 FLStudioにはPatcherがあるので楽に出来るんですね。 ア...

今回は古いテープディレイでピッチが揺れるような感じにします。(と言っても実機持ってませんが)

 

構想を練る

Delay音のピッチを不安定に揺らすします。

今回は原音にも前回Feedbackに掛けたIRを使います。(LoFi感を出す為)

実装

まず、Delay音のピッチを揺らす方法ですが、単純なモジュレーションでは綺麗な周期になってしまう為、今回の目的には合いません。

そこで、Pitcherを使いました。

以下のように配置しました。

Pitcherを「Add Plugins」から追加して接続するのと、Fruity Convolverも同様に追加して、Dry音に接続します。

以下のノブを使ってPitcherのSpeedをコントロールできるようにしました。

Surfaceを使ったパラメータのアサイン方法

Patcherの中に複数のプラグインをロードしているとパラメータを少し変更したい時、かなり不便です。そこでPatcherにはパラメータを自由にアサインしてコントロール出来るSurfaceが用意されています。

使い方は簡単です。

Surfaceの編集は左上のタブでSurfaceをクリックすると開きます。

右クリックからControlを追加します。

今回はノブにします。

ノブを追加したら、好きな場所に配置し、名前、種類、大きさ等を変更してエディットモードから抜けます。(スパナのアイコンクリックでエディットモードから抜けます)

ノブを追加してMap画面に戻るとSurfaceに赤いコネクタが追加されています。

今度は動かしたいパラメータ上で「Activate」をクリックします。

今回はPitcherの「Speed」を動かしたいので、「Speed」ノブを「Activate」します。

これでSurfaceと同様に赤いコネクタがPitcherにも追加されます。

Surfaceのコネクタと接続すれば「Speed」ノブとSurfaceのノブがリンクして動作します。

複数接続出来るので、同時に複数のパラメータを一つのノブから操作する事が出来ます。

当たり前ですが、このSurfaceのノブをオートメーションする事が可能なので、同じ動きをするのであれば、まとめてしまった方がすっきりします。

今回もPatcerのファイルを公開します。

Analog Delay2

まとめ

如何でしょうか、簡単に面白いものが作れると思います。

Patcherは自分のアイディアで色々な物が作れます。

次回は複数のパラメータをノブやボタンで動かす方法をご紹介します。

コメント