Orcaの使い方 Operatorsの解説(U~X)

DTM
スポンサーリンク

Orcaの使い方 Operatorsの解説(U~X)

Chillout with Beats管理人 の yosi です。   

Orcaの使い方 Operatorsの解説(U~X)を解説していきます。

過去の記事は以下のタグより参照してください。(近々複数ページをまとめます)

OperatorsのGoogle翻訳と解説(U~X)

  • U uclid(step max): ユークリッドリズムでBang

ユークリッドリズムでBangしてくれます。その為、ある程度自然なリズムが生成されます。

「U」の右が拍数で、左が指定した拍数でBangする数です。

例えば「U」の右を5とし左を3とした場合は、5拍の間に3回bangします。

 

  • V variable(write read): 変数を読み書きします。

「V」の左は変数を定義し、「V」の右の値を変数に格納します。

他の場所で「V」と「V」の右に定義した変数を入れるとの「V」の下に格納した値を表示します。

注意点はこの変数の宣言は左上から順番に読み込まれる為、置く位置によっては他の「V」によって上書きされます。

以下の動画では一番左の「V」で変数「3」を宣言し、真ん中の「V」で変数「1」を宣言しています。

そして変数「3」には「6」を格納し、変数「1」には「2」を格納しています。

一番右の「V」で変数の読み出しを行っています。

  • W west: Moves westward, or bangs.

左ににWを打ちます。「;」や「:」に当たるとbangします。

  • X write(x y val): オフセット付きのオペランドを書き込みます。

「X」の左2つはX軸とY軸を指定し、「X」の右に指定した文字をX軸とY軸の座標に書き込みます。

これも「P」等と同様にランダムシーケンスを作る事が出来ます。

Orcaの使い方 Operatorsの解説(U~X)まとめ

変数がやっとわかりました。

試した時に変わらなかったのは、変数を読む順番がある為でした。
(後から宣言した変数によって上書きされる)

一応参照したページのリンクも付けておきます。

Build software better, together
GitHub is where people build software. More than 50 million people use GitHub to discover, fork, and contribute to over 100 million projects.

 

スポンサーリンク
DTM
Chillout with Beats

コメント