Orcaの使い方 Operatorsの解説(U~X)

DTM
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Orcaの使い方 Operatorsの解説(U~X)

Chillout with Beats管理人 の yosi です。   

Orcaの使い方 Operatorsの解説(U~X)を解説していきます。

過去の記事は以下のタグより参照してください。(近々複数ページをまとめます)

OperatorsのGoogle翻訳と解説(U~X)

  • U uclid(step max): ユークリッドリズムでBang

ユークリッドリズムでBangしてくれます。その為、ある程度自然なリズムが生成されます。

「U」の右が拍数で、左が指定した拍数でBangする数です。

例えば「U」の右を5とし左を3とした場合は、5拍の間に3回bangします。

 

  • V variable(write read): 変数を読み書きします。

「V」の左は変数を定義し、「V」の右の値を変数に格納します。

他の場所で「V」と「V」の右に定義した変数を入れるとの「V」の下に格納した値を表示します。

注意点はこの変数の宣言は左上から順番に読み込まれる為、置く位置によっては他の「V」によって上書きされます。

以下の動画では一番左の「V」で変数「3」を宣言し、真ん中の「V」で変数「1」を宣言しています。

そして変数「3」には「6」を格納し、変数「1」には「2」を格納しています。

一番右の「V」で変数の読み出しを行っています。

  • W west: Moves westward, or bangs.

左ににWを打ちます。「;」や「:」に当たるとbangします。

  • X write(x y val): オフセット付きのオペランドを書き込みます。

「X」の左2つはX軸とY軸を指定し、「X」の右に指定した文字をX軸とY軸の座標に書き込みます。

これも「P」等と同様にランダムシーケンスを作る事が出来ます。

Orcaの使い方 Operatorsの解説(U~X)まとめ

変数がやっとわかりました。

試した時に変わらなかったのは、変数を読む順番がある為でした。
(後から宣言した変数によって上書きされる)

一応参照したページのリンクも付けておきます。

hundredrabbits/Orca
Esoteric Programming Language. Contribute to hundredrabbits/Orca development by creating an account on GitHub.

 

スポンサーリンク
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="4">
DTM
yosiをフォローする
Chillout with Beats

コメント