Orcaの使い方 Operatorsの解説(M~P)

DTM
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Orcaの使い方 Operatorsの解説(M~P)

Chillout with Beats管理人 の yosi です。   

Orcaの使い方 Operatorsの解説(M~P)を解説していきます。

過去の記事は以下のタグより参照してください。(近々複数ページをまとめます)

OperatorsのGoogle翻訳と解説(M~P)

  • M multiply(a b): 入力の積を出力します。

「M」の右側と左側を掛け算をして「M」の下に出力します。

9以降はaが10でbが11です。テーブルは以下の通りです。

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
C D E F G H I J K L M N
12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
O P Q R S T U V W X Y Z
24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35
  • N north: Moves Northward, or bangs.

上に「N」を飛ばします。

  • O read(x y read): オフセット付きのオペランドを読み取ります。

「O」の左2つにX軸とY軸の座標を指定し、その座標の値を「O」の下に表示します。

ちょっとしたアルペジエイターが作れます。

 

  • P push(len key val): 東向きのオペランドを書き込みます。

「P」の左2つにKeyとLenを指定します。Lenは長さでKeyで指定した位置に「P」の右で指定した値を書き込みます。

使い方は色々あるのでしょうが、Lenを「R」などで動かすとEが飛びます。E等を飛ばす際に使えます。

Orcaの使い方 Operatorsの解説(M~P)まとめ

アイディア次第で本当に色々なパターンが作れます。

はやりアイデアを出す為にも一つ一つのOperatorの理解は重要です。

 

スポンサーリンク
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="4">
DTM
yosiをフォローする
Chillout with Beats

コメント