【無料】レガシープラグインModel Eの紹介

プラグイン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【無料】レガシープラグインModel Eの紹介

Chillout with Beats 管理人の yosi です。

これまた昔憧れたModel Eのご紹介です。

Plex 2同様無料で利用できますし、Winは64bitにも対応しています。

MacはMac OS Xのみ対応です。

果たして使えるのか?と思ったのですが、結構使えます。

Filterの効きがいまいちですが、外部エフェクトで掛ければ済みます。

折り返しノイズもありません。

Model Eの概要

3オシレーターとノイズジェネレーター。オシレータごとの6つの波形。 32 ‘-2’の範囲。 2エンベロープジェネレーター。 2極および4極LPF。フィルター変調とキー追跡。グライド。モノモード。割り当て可能な速度ルーティング。ステレオスプレッドおよびパンコントロール。 16パートのマルチティンバー。 64音声ポリフォニック。 8つの出力。 128のメモリー。

今となっては使う人の方が少ないですが、マルチティンバー対応です。

1つで16チャンネルで64音まで同時に鳴らす事が出来ます。

CPU負荷が低いので、低スペックのPCをご利用の方は、結構良いと思います。

無料プリセットの追加

KVRに結構プリセットがあります。

FLStudioの場合、以下の場所からプリセットの追加(入れ替え)が出来ます。

 

Model Eのデモ音源

ドラム以外のパッドとベースはModel Eです。

Model Eのフィルターがイマイチなので、WavesのMetaFilterを使っています。

MetaFilterのレビューと使い方記事もありますので、お持ちの方は是非読んでみて下さい。

Waves MetaFilterの簡易レビューとかなり詳しい使い方
Waves MetaFilterのレビューとかなり詳しい使い方 Chillout with Beats の管理人 yosi です。 MetaFilterを手に入れた事だし、使い方を探したが、日本人で書いている人が皆無。 という訳で使い方をマニュアルしっか...

あとLittle MicroShiftとMasterにOzone9も使っています。
(SoundToyのLittle系はセールで1000円位になるのでかなりおすすめです。)

【無料】レガシープラグインModel Eの紹介まとめ

Filterはイマイチですが、音は使える音がします。

外部でFilterを用意すればいい感じですね。

軽いのでガンガン使えますし、GUIもシンプルで簡単です。

Winユーザであまりお金を掛けたくないというユーザは使わない理由がないですね。

 

コメント