Maschine Tips 23 Reso Chordを使って面白いサウンドの作り方

TruTorials
スポンサーリンク

コンセプト

Chillout with Beats の yosi です。

当面 Native Instruments 社のMaschine のTruTorials を深堀してアイディアを蓄積していくことをやってきます。TruTorials は動画が数分と短い分、とてもさっくり参考になっていいのですが、Maschine 初心者の方からすると英語のみということもあり、ちょっと難しいのではと思います。(私も何度も見返して、あ、こうやるのかーなんて事が何度もあったもので・・・)あとはTruTorialsの方法を自分なりに使ってみて試行錯誤し、その結果をブログに記録していきます。

今回のネタはこれです。

Reso Brass

いつも通り、動画を見てみてください。

要は内蔵の「Reso Chord」エフェクトを使って面白いサウンドを作ってみようという事です。

手順は以下の通りです。

  1. Select Aux Effect
  2. Add Reso Chord
  3. Tweak Parameters

手順通りで大丈夫ですが、注意点としてこのエフェクト入力信号が小さいと反応しません。
このエフェクトの前にcomp をかまして調節すると良いです。

結果

エフェクトなし

エフェクトあり。オートメーションでピッチを変えています。

ドラムとリフを加えたのがこれ

わざわざこのエフェクトを使わないといけないのか悩みますが、面白い効果が期待できます。ただこのエフェクトを使うと制限して何かを制作するのは面白いです。

 

コメント