Maschine Tips 11 スネアをリバースして効果音を作る方法

TruTorials
スポンサーリンク

コンセプト

Chillout with Beats の yosi です。

当面 Native Instruments 社のMaschine のTruTorials を深堀してアイディアを蓄積していくことをやってきます。TruTorials は動画が数分と短い分、とてもさっくり参考になっていいのですが、Maschine 初心者の方からすると英語のみということもあり、ちょっと難しいのではと思います。(私も何度も見返して、あ、こうやるのかーなんて事が何度もあったもので・・・)あとはTruTorialsの方法を自分なりに使ってみて試行錯誤し、その結果をブログに記録していきます。

今回からSeason2に入ります。
確認した限り、Season2でもTRAKTOR が必要なもの、あまり意味ないものは独断と偏見で飛ばします。
 
今回のネタは
REVERSE THE REVERB

いつも通り、動画を見てみてください。

要はスネアに掛けたリバーブのみを切り出して反転させてみよう!ということです。
サビに入る前にやブレイク終わりに使うと効果的な音ですね。

手順は以下の通り

  1. REVERSE THE REVERB
  2. Record Snare
  3. Add Reverb
  4. Re-Sample to Next Pad
  5. Edit Sample

手順は少ないですが、動画で見てると少し編集が必要です。

スネアを内部でルーティングして録音する
スネアのアタック部分を削除して残響部分をリバース

 

 

結果

スネアにリバーブを掛けた音(何かスネアじゃない方が良いのではと思うが・・・)

スネアの後にリフとドラムを足したのがこれ

なんかスネア関係なくなっちゃってますが・・・
途中から楽しくなってそれてしまいました。

 

コメント