【無料】keyth72のSmartGuitarAmpとSmartGuitarPedalの紹介

プラグイン
スポンサーリンク

【無料】keyth72のSmartGuitarAmpとSmartGuitarPedalの紹介

管理人 yosi です。

Windows 10でVST3とスタンドアローンのみです。

無料でこれだけの音が出ちゃうって凄いですね。

ただ使ってみたのですが、不具合が結構あります。

FLだとパラメータを変更すると結構音が変な感じになります。

あと一回閉じるとパラメータがリセットされます。

新し物好きの方以外はおすすめしませんが、新しい技術って素晴らしいですね。

あとCPU負荷が現時点ではかなり高いです。

今後改善されていくことを願うばかりです。

SmartGuitarAmp

Smart Guitar Amp Demo

概要

ニューラルネットワークモデルを用いて現実のハードウェアをエミュレートするJUCE製ギタープラグイン。

このプラグインは、WaveNetモデルを使用して、現実のハードウェアのサウンドを再現します。現在のバージョンでは小型の真空管アンプをモデルにしていますが、将来的にはオプションを追加することも可能です。クリーン/リード・チャンネルがあり、これはアンプのクリーンとフル・ドライブの設定に相当します。ゲインとEQノブが追加され、モデル化されたサウンドをモジュレーションすることが可能になりました。

SmartGuitarPedal

Smart Guitar Pedal Demo

概要

ニューラル・ネットワーク・モデルを使用して、現実のハードウェアをエミュレートするJUCE製のギター・プラグイン。

このプラグインは、WaveNetモデルを使用して、TS9 TubescreamerやBlues Jrアンプなど、現実のハードウェアのサウンドを再現します。サウンドを簡単にコントロールするには、DriveとLevelを使用します。WaveNetモデルは、ディストーション・スタイルのエフェクトや真空管アンプのエミュレーションに効果的です。

 

それではダウンロード方法と簡単な使い方の解説です。

ダウンロード方法

SmartGuitarAmp

GitHubで公開されています。

上記リンク先にスタンドアローンとVST3版が段ロード出来ます。

SmartGuitarPedal

こっちは少し面倒です。

あまりPCに強く無いという方は避けた方が良いです。

まずVST3ファイルをダウンロードします。

次にモデリングされたJSONファイルをダウンロードします。

対象は以下の3つのファイルで(今後増えるかもしれません)これらを右クリックからダウンロードします。

右クリックから「名前を付けてリンク先を保存」をクリックします。

保存先は利用しているDAWのexeがある所です。

ですからFLStudioの場合は、人により多少異なりますが、以下の様なフォルダの中です。

C:\Program Files (x86)\Image-Line\FL Studio 20.7\

判らない場合はショートカットから右クリックで「ファイルの場所を開く」で判ります。

次にそれぞれのJSONファイルのリンク先を開きコピーします。

動画を撮りました。

コピーしたら先ほど保存したJSONファイルをテキストで開き、中身を全て消して、先ほどコピーした内容を貼り付け保存します。

中身はこんな感じになります。

 

インストール方法

一応VST3なので記載しておきます。

基本的に固定なので、以下のPathで共通です。

C:\Program Files\Common Files\VST3

ここに先ほどダウンロードしたファイルを入れればDAWから認識します。

その他

FLStudioの場合、SmartAmpのGUIが上手く更新されない不具合があります。

FLStudioのプラグインのオプション「Make bridged」をOnにすると改善されました。

【無料】keyth72のSmartGuitarAmpとSmartGuitarPedalの紹介まとめ

現時点ではCPU負荷が高いのでレンダリングして使う方法が一番かと思います。

しかし音が素晴らしいです。
(パラメータはあまり動かせませんが)

自分でモデリングも出来るらしいです。

ラーニング系の技術の発展は凄いですね。

コメント