AIベースの自動サンプルマッチプラグインJamahookの紹介

プラグイン
スポンサーリンク

AIベースの自動サンプルマッチプラグインJamahookの紹介

管理人 の yosi です。

これすごいです!

ちょっと以下の動画を見てみて下さい。

ギターのループを読み込ませるとキーやリズムがあったループが提案されます。

この提案されるループがかなり使える音なのが驚きです。

有料プランのみで無料プラン等が無いのが残念ですが、それだけ自信があるという事なのでしょう。

では実際に導入方法から簡単な使い方まで解説していきます。

 

概要

完璧なサウンドを探すのに何時間も費やす必要はありません。世界初のサウンドマッチングVST/AUプラグインで、あなたのクリエイティブなプロセスをスーパーチャージしましょう。

上の動画を見て頂くとイメージが大体つかめると思います。

作っている曲の一部をプラグインに少し聴かせると、そのリズムやハーモニーにあったループを提案してくれるプラグインです。

 

料金プラン

ループは有料で月額課金です。

最安プランだと20ループで約500円といった感じです。

ポイントは1ループ2ポイント消費です。

プラン 月額料金 Point
Bedroom €3.99(約500円) 40(20ループ)
Studio €9.99(約1,300) 160(80ループ)
Pro €19.99(約2,500円) 400(200ループ)

尚、Studioプランのみ年間支払いが可能で50%OFFになります。

 

導入方法

少し試すだけならプラグインをインストールすれば出来ます。

インストールはVST3ですので、特に指定不要でセットアップが出来ます。

あとはDAWからJamahookSoundAssistantをミキサーにインサートします。

JamahookSoundAssistantの簡単な使い方

ミキサーにJamahookSoundAssistantをインサートします。

「Match」をクリックして曲を再生させると流した曲にあったハーモニーやリズムのループを提案してくれます。

以下の様な感じで提案してくれます。

そのようなループを提案してもらうかは、画面上部のタブで選択します。

ハーモニー、リズム、ドラムから選択可能です。

見つけたループは以下の赤枠部分をドラッグするとDAWに持っていけます。
(ここで持ってこれるのは音質の低いループと思われる)

ループの購入方法

これが現段階で一番使えない部分です。

気に入ったループがあったら「BUY」を押せばそのまま使えると普通は思いますよね?

しかし!「BUY」をクリックするとWEB上のサイトに連れて行かれて、購入手続きを踏む必要があるようです。(もしかするとサブスクに入るとBUYボタンだけで購入出来るのかもしれません)

 

Filterの設定

ここで楽器のタイプやジャンルを指定する事が出来ます。

303を指定する事も出来ます。

確かに303系のループばかり提案されるようになりました。

ただタグによってはあまり提案されない物もあるようです。

 

 

AIベースの自動サンプルマッチプラグインJamahookの紹介まとめ

AIベーステクノロジーの発展は目を見張るものがあります。

今後もAIベースのテクノロジーは注目して紹介していこうと思います。

とりあえず、「Bedroom」か「Studio」のサブスク加入してみようと思います。

また、バージョンアップや新しい発見があったら記事を書きます。

スポンサーリンク
プラグイン
Chillout with Beats

コメント