iZotopeのExcaliburが1,100円(通常16,000円)の超格安セール

終了セール
スポンサーリンク

iZotopeのExcaliburが1,100円(通常16,000円)の超格安セール

Chillout with Beats の管理人 yosi です。

これやばいですね。

ちょっと安過ぎです。

Excaliburが何かというとマルチエフェクターです。

かなり凄いですね、これこの値段はほんとみんな買った方が良いです。

Mix Magazineレビューで”Must have”プラグインと評価されています。
(評価は定価の$199に対してされたものであり、$10は本当に破格)

以下プリセットのカテゴリ画像ですが、モジュレーション系、歪み系、ピッチ系をほんと多機能です。

プリセットは各カテゴリ毎に以下の様に分けられています。

ちょっとデモのプリセットを順番に変えるだけの動画を撮りました。

これで1,100円は良過ぎですよね。

一つだけ注意点があり、私の環境ではFLStudioでVST2だとモノラル出力になりました。

VST3であれば全く問題ないので、音がモノになる場合はVST3をお試し下さい。

Exponential Audio Excalibur VST/AU/AAX multi-effect plugin in action!

概要

Excaliburは、他とは異なるステレオマルチエフェクトプラグインです。いくつかのモジュレーション、ピッチシフト、およびダイナミクスエフェクトモジュールを備えたExcaliburには、音楽制作、ポストプロダクション、またはサウンドデザインプロジェクトに取り組むための独創的なツールがあります。 4つの独立したボイスオシレーターは、録音の音色を微妙に変更したり、渦巻き運動のエフェクトでオーディオソースを劇的に変換したりできます。

想像力、イノベーションに出会う

エクスカリバーは、不可欠なリバーブツールのメーカーとしてExponential Audioを固めたのと同じDSPアルゴリズムから生まれた、エフェクトルーティングにまったく独自のアプローチでこのエフェクト処理テクノロジーを採用しています。 Excaliburは4つの独立した音声モジュールによって駆動されます。これらの音声モジュールを使用して、オーディオ信号とエフェクトパラメーターを相互にルーティングし、これまでにないユニークな変調エフェクトを作成できます。

1つのプラグインのマルチエフェクトワークベンチ

Excaliburは、単一のプラグインのエフェクトツールボックス全体です。いくつかのピッチシフト、モジュレーション、ディストーション機能を完備し、すべてセッションテンポに同期できるので、Excaliburにはオーディオを思いどおりに色付けするための適切なツールがあります。

独特のインタラクティブ効果エンジン

Excaliburを使用すると、独創的なモジュレーション機能と時間ベースおよびピッチベースのエフェクトを実装できるだけでなく、処理されたオーディオ信号をルーティングして相互に作用させ、相互にモジュレートして、他の方法では実現不可能な独自のサウンドを生成できます。

多彩な音色の4つの声

Excaliburは4つのディスクリートVoiceモジュールを備えており、独自の信号ルーティング機能とテンポ同期可能なLFOを使用してエフェクトを組み合わせて変調できるため、作成するサウンドをこれまでにないほどコントロールできます。

主な機能

・多彩なマルチエフェクトプラグイン
・独立して4つの信号変化を処理するか、それらを互いに変調させる
・エフェクトには、ピッチシフト、モジュレーション、ディストーションなどが含まれます
・モジュレーターをテンポに同期
・スタジオやライブでのCPU需要が少ない

コメント