【50%OFF】Image LineのPoizoneが半額セール(11/2まで$42)

終了セール
スポンサーリンク

【50%OFF】Image LineのPoizoneが半額セール(11/2まで)

管理人のyosi です。

正直言いますと流石に最新の他社シンセと比べると見劣りします。
(セール時$30位で良いソフトシンセが増えましたから)

しかしFLStudioユーザでトランスの様な曲を作る方にはおすすめです。

音はこんな感じです。

Poizone – Introduction

理由はFL NativeプラグインであるPoizoneは幾つかのアドバンテージがあるからです。

FLEXがありますが、ちょっと重いんですよね。

ここではアドバンテージを2つ説明します。

この2つが欲しい機能でしたら、買いです。
(それ以外の場合、このシンセをこの価格で買う必要性は正直感じません!)

アドバンテージ1 スライド機能

FLStudioには次のノートまでピッチをなだらかに変化させるスライド機能がピアノロールにあります。

これはFL Nativeプラグインであれば使える機能です。

スライドを設定したノートの長さでピッチの変化するスピードも変わります。

アドバンテージ2 VFX Envelope

FL NativeプラグインであればVFX Envelopeを活用する事が出来ます。

例えばですが、PoizoneにはGate機能が付いています。

しかし、Gateの掛かり方は変更出来ません。
(Gateの掛かり方とはエンベロープの形を指しています)

VFX Envelopeであればかなり自由にGateやPitchを変更可能です。

VFX Envelopeの記事は別途書いていますので、是非参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク
終了セール
Chillout with Beats

コメント