FLStudioのPatcherでマルチバンドGrossBeatの作り方3

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioのPatcherでマルチバンドGrossBeatの作り方3

Chillout with Beats 管理人の yosi です。

今回はマルチバンドGrossBeatのVolumeをコントロール出来るようにします。

この記事は最初に見た方は以下の記事を順番に進めて下さい。

SurfaceのDigitsを3つ追加する

Surfaceを表示した状態で右クリックから「Digits」->「Simple White」をクリックします。
ここでは「Simple White」を使用しますが、好みで自由に選んで下さい。

ここは個人の好みですが、サイズを「2.0」にします。
(まとめて選択して変更可能です。)

あと前回同様、最小値、最大値、ステップ数を変更します。

最小値は「1」、最大値は「36」、ステップ数は「1」に設定します。

準備が整ったので「Map」をクリックして結線していきます。

各GrossBeatで右クリックから「Inputs」->「Parameters」->「2.Volume slot」をクリックします。

後は結線するだけなのですが、どの赤〇がどれかは解り辛いですが、マウスカーソルを赤丸の上にマウスオーバーさせると左下にSurfaceで設定している名前が表示されます。

この情報を基に接続していくと楽です。

以上で完成です。

FLStudioのPatcherでマルチバンドGrossBeatの作り方3まとめ

Volumeを操作出来るようになると実はマルチバンドダッカーとして動作します。

ちょっと活用方法などを別途記事書こうかと思います。

マルチバンドダッカーのプラグインは以下の様な感じです。

コメント