FLStudioのPatcherでマルチバンドGrossBeatの作り方2

FL Studio
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

FLStudioのPatcherでマルチバンドGrossBeatの作り方2

Chillout with Beats 管理人の yosi です。

本当は一回で終わる予定だったのですが、色々調べていたら、使い勝手を向上する方法を見つけたので、追加で記事を書きます。

前回の記事はこちらです。

ノブだとリアルタイムでやるとGrossBeatの同じプリセットを開く事が結構難しいです。

良くも悪くもランダム要素があります。

そこで数字でGrossBeatのプリセットを選べるようにします。

SurfaceのKnobをDigitsに変更する

PatcherのSurfaceには「Digits」というものがあります。

FLStudioの各パラメータ設定等で利用しているので馴染みがあるかと思います。

これがPatcherで利用出来ます。

まずは「Knob」を「Digits」に変更します。

面倒ですが、一度削除して作り直す必要があります。

ただ、ちゃんと最小値、最大値、ステップ数を設定しないと思うように動いてくれません。

こちらもGIF動画を用意しました。

ラベルを修正します。

GrossBeatのTime Slotと接続します。

動作も確認してみましょう。

ちゃんと36で最後のスロットが選択されます。

Time Slotでやりましたが、当然、Volume Slotでも出来ます。

 

FLStudioのPatcherでマルチバンドGrossBeatの作り方2まとめ

Digitsで選択した方が遥かに簡単で良いですね。

リアルタイムパフォーマンスにも使えるかと思います。

もう少しマルチバンドGrossBeatの可能性を探っていきたいと思います。

 

コメント