【29.40ドル 11/1まで】D16のLo-FiエフェクトDecimort 2がセール開催中(41%OFF)

終了セール
スポンサーリンク

セール情報

過去のセール情報
・2022年7月35ドル
・2021年11月27ドル

Lo-Fi好きにはおすすめなD16のプラグインDecimort 2がセールです。

Decimort 2は一言で言えばビットクラッシャなんですが、パラメータによる音色変化が素晴らしいです。

ビンテージサンプラーの雰囲気を再現することが出来ます。

特にザラっとしたドラムサウンドとか作るのに向いてます。

音デモ

プリセットを変えてく動画を撮りました。

TB-303系の音源との相性も良いです!

ビンテージサンプラーを再現するプリセットも多数内蔵されています。

HipHop作る方はうすーく掛けると良い味が出ます。

 

セール会場

購入特典が付くのがADSRさんとPluginBoutiqueです。

ポイントが付くのがBestServiceさんとPluginBoutiqueさんです。

11月にADSRさんで買い物するとYum AudioさんのLo-Fi系エフェクトプラグインLoFi Flux Light(49ドル相当)が貰えます。

Lo-Fi好きの方は要チェックです。

今月のPluginBoutiqueさんの購入特典は5つから1つ選んで貰えます。

MeldaProduction MReverbMBは逃しちゃいけないやつです!

概要

色彩を再現し、あらゆる音にヴィンテージ・サンプラーの魔法を加えるDecimort

エレクトロニックミュージック(特にヒップホップ)のプロデューサーは、クラシックサンプラー(初期のAkaiやE-MUなど)が独自のキャラクターとサウンドを持っていることに長い間気づいていました。彼らは、再生するサンプルとループに「グリット」と「カラー」を加え、それらを「ファット」かつミックスの中でうまく機能させることができるようにしました。このサウンドの色付けは、初期のサンプラーで使われていたエンコード技術、低いサンプルレートとビット深度、変換回路によるものでした。Decimortはこの色付けを再現し、どんなループ、ベースライン、サウンドにもヴィンテージサンプラーの魔法をかけます。ヴィンテージ・サンプラーのエミュレーションにとどまらず、フィルター付きの完璧なビットクラッシャーでもあり、極端な設定により劇的な結果を得ることができます。

最高品質の低音質エフェクト

このキャッチフレーズは一見矛盾しているように見えますが、説明させてください。Decimortエフェクトユニット(D16のSilverLineプラグインコレクションの一部として販売)は、非常に型破りな機能を持つプレミアムグレードのビットクラッシャーとサンプルレートリデューサーです。Decimortの高度な信号処理アルゴリズムは、すべてのAD/DAコンバーターに存在するサンプリング・パス全体の複雑な挙動をシミュレートし、バージョン2によって、そのプロセスをより詳細に制御することができます。

Decimortの内部エイリアシングはゼロです。実際、唯一のエイリアシングは、私たちが作成時にモデリングしたクラシックサンプラーのエイリアシングをエミュレートしたものです。好ましくないアーティファクトは処理された信号には全く存在せず、望ましいモデリングされたものだけが残ります。

この種のエフェクトの中で最も多くのコントロールが可能

Decimortは、ビット分解能とサンプリング周波数を調整するだけのビットクラッシャーではなく、この種のエフェクトに期待されるよりもはるかに高度な機能を、圧倒的な品質で実装しています。

  • 2つのオプションのアンチエイリアスフィルタ – リサンプリング周波数と連動した非常に急なローパスプリフィルタ(近似フィルタ)は、それ以上のすべての高調波成分を除去し、スペクトルのこの周波数以下にはエイリアスが現れないことを保証します。さらにポストフィルター(イメージフィルター)もリサンプラーと同期しており、有効にするとリサンプリング周波数より上に現れるエイリアシングイメージの量を制御することができます。

  • 調整可能なジッター – ビットクラッシャーの世界では前例のない機能で、リサンプリング周波数に短周期のランダムな変動を導入し、この文脈ではおそらく聞いたことのないタイプの高調波歪みを生成して、プロセスをより音的に興味深いものにします。
    2種類の量子化方式 – ミッドレイザーとミッドトレッドという2種類の量子化方式を搭載し、それぞれでダイナミックレンジが大きく異なります。

  • ディザリング – ディザリングは、量子化誤差が引き起こす高調波歪みをマスキングすることで、聴感上の量子化誤差を低減する手段として開発された概念です。制御可能なディザリングを追加することで、サウンドの(マル)トリートメントの方法を増やすことができます。

このような強力で音楽的なツールは、あなたの創造性を解放するアイテムであるだけでなく、このタイプのエフェクトでは今まで利用できなかった様々なパラメータにアクセスすることで、より高い精度でクラシックなサンプリングユニットをエミュレートすることができます!

2つの機能が1つに

Decimortは、レゾナンスを調整できるアナログライクなフィルターも搭載しており、信号をさらに立体化することができます。これらのフィルターは、サウンドを滑らかにしたり、モデリング・プロセスによって信号経路にもたらされる音の不自然さを好みに応じて除去するために使用できます。

主な特徴

  • 超高精度リサンプリングアルゴリズム(ADCエミュレーション、22kHz以上の高調波なし)
  • 近似フィルタ(プリ)、イメージフィルタ(ポスト)、いずれもリサンプラーと共役
  • ジッター調整可能
  • ディザリング制御による量子化
  • 2種類の量子化方式(ミッドレイザー、ミッドトレッド)
  • レゾナンスとカットオフを調整可能なアナログライクフィルター
  • タグベースのプリセットブラウザ
  • 2種類のGUIサイズ
  • MIDI学習機能
  • 64ビット内部処理
  • 出力に不要な高調波歪みを発生させない

システム要件

Windows

  • Windows 7 – 10 (32ビットまたは64ビット)
  • CPU – シングルコア 2.0 GHz SSE(マルチコア 2.1 GHz SSE 推奨)
  • RAM – 8 GB(16GBを推奨)
  • プラグインフォーマット – VST2、VST3、AAX

Mac

  • macOS 10.9 – macOS 12 Monterey (64ビット版のみ)
  • CPU – Intel 1.8 GHz / Apple M1 (Intel 2.4 GHz / Apple M1推奨)
  • RAM – 8 GB (16GB推奨)
  • プラグインフォーマット – VST2、VST3、AU、AAX

 

スポンサーリンク
終了セール
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました