Cymatics社のProduction BookのTipsを実際にやってみた4

DTM
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Cymatics社のProduction BookのTipsを実際にやってみた4

Chillout with Beats管理人 の yosi です。 

元ネタはCymatics社で先日公開された無料のProduction Bookの内容です。

54ものTipsが書かれているので良さそうなのでピックアップしてシリーズで書いています。
(と言いつつ全部書きそうな勢い)

一部あまりデモを作るには向かないTipsは翻訳のみにしました。

Tips4:シンコペーション法を使用してドラムを人間化する

音楽にもっとリズムとリアリズムを持たせたい場合は、

シンコペーションを調べます。 Merriam Websterによると、シンコペーションは「a
音楽の規則的な計量アクセントの一時的な変位
通常、弱いビートを強調することによって」。

より簡単に言えば、これはオフビートの音符を追加することを意味します。聞いたら
ドラマーのプレイにとって、彼らは通常、完全に量子化されたリズムを演奏していません。それ
通常、それに多くのスイングがあります。

Tips5:MIDIの進行をクオンタイズしてメロディに命を吹き込まないでください

すべての音符が同じ速度である必要があるとか、グリッド上で完全にクオンタイズされる必要があるとは思わないでください。グリッドの少し前または後にノートを配置してみてください。たとえば、この写真では、各ノートをオフセットすることにより、ピアノ奏者の「ストラム」を複製しました。

 

Tips6:ディレイを使用して打楽器にバウンスを追加する

ハイハットやその他のパーカッションをすべて5〜15ミリ秒Delayさせてみてください。これは、最後のヒントで述べたように、すべてのノートの位置を個別に調整することなく、ビートに微妙なグルーブを追加する簡単な方法です。

 

Tips7:「グルーブプール」を利用する(Abletonユーザーのみ)

Abletonを使用している場合は、「グルーブプール」を使用してみてください。これは、ドラムにクラシックな風変わりなブームバップサウンドを与える非常に簡単な方法です(プロのヒント:MPCフォルダーを確認してください)。

 

Tips8:キャラクターを追加するためにビンテージ/アナログ機器で実験する

安価なテープレコーダーのようなダウングレードされたサウンドの古い機器を探し、それらを使用してパーカッションのようなサンプルを録音します。

これの良い例は、キックやスネアなどの忠実度の高いメインドラムを使用し、ローフィパーカッションを使用してメインドラムにコントラストを追加することです。これには、携帯電話のボイスノートアプリを使用することもできます。

Tips9:お使いの携帯電話の「ボイスノート」アプリを使用してボーカルサンプルを録音します

前回のヒントを拡張すると、お使いの携帯電話の音声メモアプリは驚くべきツールです。メロディのアイデアを後で保存してサンプルを録音することができます。iPhoneでボーカルを録音すると、素晴らしい結果が得られると聞いたことがあります。

重要なのは、適切な音量レベルで録音することです。電話のマイクは、実際のマイクを使用する場合のように注意深く録音されていないため、評判が悪くなります。

Tips10:トラックを複雑にしすぎないで、シンプルにしてください!

少ないほど、多くの場合、より少ない音を使用し、それらがすべて高品質で意図的であることを確認します。

最高のビートと歌の多くは、10-15トラック未満です。これは特に
ボーカル向けの音楽を作成している場合に適用されます。ボーカリストはビートの上に書く余地が必要です。

Tips11:ビブラート/フラッターを追加して、アナログのサウンドをエミュレートしてみてください

フラッター/非常に遅いビブラートを基本的にあらゆるサウンドに追加することは、それをよりビンテージなサウンドにする素晴らしい方法です。

SketchCassetteのようなプラグインでこれを行うことができますが、よりリアルなビンテージサウンドが得られるため、メロディをテープに録音することをお勧めします。

Tips12:コードノートを拡張してキャラクターを増やす

マイナーな7、9、11は大いに役立ちます。基本的なトライアド和音を作成するときは、これらの拡張ノートを追加してコード進行にキャラクターを追加してみてください。

Tips13:サウンドの選択を慎重に一致させる

特徴のあるサンプルを選んでください。良い音を出すために超クリーンである必要はありません。時々、曲がりくねった808がまさに曲に必要なものです(たとえば、Trippie Reddの “Dark Knight Dummo”を聴く)

Dark Knight Dummo

Tips14:ベースラインでコード進行を重ねる

ベースラインを使用して、コードの流れを良くします。本物のベースギタリストは時々ノートを演奏して次のコードに導くので、サブベースを使用している場合でもそれを再現してみてください。

 

Tips15:沈黙を使用して、滴の張力を構築する

静寂を活用してください。ビートの無音部分が少し途切れると、緊張感と解放感が増し、曲がより面白くなります。

たとえば、Pascaalの「Drowning In You」を聴くと、ビートは絶えずカットされて戻ってきて、6年以上前に初めて耳にしたときから思い出深いものになりました。

Pascäal – Drowning In You

Tips16:サウンドをパン!

パンは最も過小評価されているツールの1つです。これを使用して、ステレオ、奥行きを追加し、ミックスをクリーンアップできます。

Tips17:他の成功した音楽を調べて、効果のあるものを学ぶ

聞いて、聞いて、聞いて。毎日音楽を聴くことは、プロデューサーとしてできる最善のことの1つですが、重要なのは積極的に聴くことです。

歌の小さなセクションを20回連続して再生して、彼らが何をしているかを正確に研究することを恐れないでください。

Tips18:FXを追加する前に各サウンドを個別にレベル調整する

音量だけでミックスのサウンドをかなり良くすることができれば、それは正しいことです。適切なレベルのミックスが得られたら、EQ、コンプなどのツールを使用する必要があります。

Tips19:ドラムを調整して、他のサウンドと同じキーに合わせる

ドラムを曲のキーに合わせて調整してみてください。 Kickと808が同じキーにある場合、Kickと808を一緒に使用する方がはるかに簡単です。

 

スポンサーリンク
data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="4">
DTM
yosiをフォローする
Chillout with Beats

コメント