【最大60%OFF】Celemony MelodyneがBlack Friday Sale開催(エディション違いも解説)

セール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【最大67%OFF】Celemony MelodyneがBlack Friday Sale開催

Chillout with Beats管理人 の yosi です。

Celemony Melodyneが各種(Upgrade含む)Black Friday Sale開催中です。

色々なソフトのバンドルとしてEssentialは付いてくるので、結構持っている人が多いのではないでしょうか。

新規はもちろん、Essentialからの各種アップグレードもあるので、それぞれアップグレード毎に解説していきます。

結論を言うと殆どの方はAssistantへのアップグレードで十分かと思います。

あとTwitterで公式さんが今アップグレードした場合、V5へのアップグレード料金は無料だと言っていました。(アップグレードするなら今のタイミングが最安かと思います)

Essentialからのアップグレードパス

Melodyneには下から順にEssential、Assistant、Editor、Studioの4つのエディションがあります。

Essentialをお持ちの方は以下の内容を参照して下さい。

EssentialからUpgradeパス価格

各エディションの違いは以下の通りです。オフィシャルに詳しく解説されています。

プラグインだけ使う方はAssistantで良いと思います。

基本的にはボーカルエディットは全て出来ますし、オーディオMIDIや音階に合わせてクォンタイズもAssistantで出来ます。

主にAssistantで出来ない事

マルチトラックでの編集(Studioのみ)

Studio自体に複数トラックを読み込んで編集が出来る機能です。

スタンドアローンでのみ使えます。

サウンドエディター(Studioのみ)

これはボーカルを扱う方は検討した方が良いかと思います。(デモ版はフルで機能を使えます)

かなり細かくエディット可能で少しだけ調整も出来るし、全然違う音に変更することも出来ます。

倍音をコントロールしたり、EQ処理、フォルマント等を細かく変更出来ます。

音階編集(EditorとStudioのみ)

多分殆どの人は使わないような気がします。

最初から音階はかなり登録されているのですが、それらを編集する必要があるか無いかで判断すれば良いかと思います。

音階検出(EditorとStudioのみ)

音階を検出して適用することが出来ます。

正直この機能も普通は使わないと思います。

独特の音階を持っている楽器等で使う位じゃないかと思います。

 

新規で購入する場合

新規の場合は50%OFFです。

 

Assistantの価格: ¥10,778
Editorの価格: ¥21,620
Studioの価格: ¥37,917
Essentialの価格: ¥5,323

 

コメント