【65%OFF】クリアで使い易いBUTE Limiter 2がセール中(2/14まで$25)

終了セール
スポンサーリンク

【65%OFF】クリアで使い易いBUTE Limiter 2がセール中(2/14まで)

Limiterお持ちで無い方は要チェックです。

FLStudioにも付属していますが、音のクリア度と使い易さを考えると持っておきたいプラグインです。(ここで言うクリア度とは原音に近いという意味です)

Fruity Limiterと比べてみましたが、低音がクリアです。

Fruity Limiterはマスターに挿す場合音が変化し過ぎます。

以下の動画ではかなり強くLimiterを掛けてFruity LimiterとBUTE Limiter 2を比べています。(-10dBまでThresholdを下げています)

Fruity LimiterだとKickの音が結構変わってしまっていますが、BUTE Limiter 2だとかなり自然です。

 

一聴するとFruity Limiterの方が迫力ある様に思われるかもしれませんが、それは他のコンプやリミッターですれば良いので、ここでは如何に視聴覚上音が変わらない事がポイントです。

懸念点はCPU負荷はそこそこあると言う事です。

Core i7-4770K 3.5GHzで約10%のCPU負荷です。

 

概要

超透明リミッティング

BUTE Limiter 2 は、「高忠実度、超透過性の真のピークブリックウォールリミッターで、合理化された洗練されたユーザーインターフェース」を提供します。

包括的でありながら柔軟性のあるUI

マスターを詳細に分析したい場合も、コンパクトなリードアウトをお探しの場合も、BUTE Limiter 2 にお任せください。

BUTE Limiter 2 には、トゥルーピーク、ゲインリダクション、スレッショルド、出力の測定値をインタラクティブに調べることができるサイズ変更可能なヒストリービューが搭載されており、マスター全体の概要を表示したり、特定の部分を拡大したりすることができます。ポストゲイン機能により真のピークオーバーシュートが発生した場合、BUTE Limiter 2 はその旨を警告とともに履歴に表示します。履歴には、自動 DAW シンクによる再計測もサポートされており、リミッター設定を変更すると更新されるため、新しい設定がオーディオに与える影響を確認することができます。

複数のワークフローに対応

BUTE Limiter 2 には、リミッターの前に入力される信号のボリュームを押したり下げたりするためのプリゲインと、リミッターの後に適用されるポストゲインが含まれています。

このプラグインは、リミッター出力と全体の出力(ポストゲインを適用したリミッター出力)のどちらかを強調表示するように設定することができます。マキシマイザーのようにプリゲインでリミッターをプッシュする場合でも、信号をリミッティングした後にポストゲインでボリュームの変化を補う場合でも、BUTE Limiter 2 はワークフローに沿った合理的な表示を提供します。

 

コメント