Lo-Fi好きにはたまらないAudioThingのSpeakersがリリースセール(7/12まで)

終了セール
スポンサーリンク

Lo-Fi好きにはたまらないAudioThingのSpeakersがリリースセール(7/12まで)

Chillout with Beats の管理人 yosi です。

早速デモってみましたが、これは良いです。

Lo-Fi HipHop等で活躍しそうです。

IRなのですが、IRの数が多いのと、各モジュールの順番入れ替え、ノイズの付与とエンベロープ搭載と機能豊富です。

これFLStudioのPatcherで頑張れば近いものが作れますが、順番の入れ替えやIRの変更の手間を考えるとこちらに軍配が上がります。

ちょっと発見してしまった!

これとAnalog ObsessionのFetSnapの組み合わせで音が悪いラジオサウンドが作れます!

ただちょっと高いので、Patcherで似たものを作る記事書くかもしれません。

Speakers Overview – Microphone and Speaker Simulation Plugin

概要

スピーカーは、AudioThingの最先端のコンボリューションエンジンを使って、さまざまなスピーカーやマイクをエミュレートするプラグインエフェクトです。

古い電話機、ラジオ、クラシックキャビネットで再生されているように、あるいはビンテージリボンマイクやトイレコーダーで録音されているように、どんなサウンドでもシェイプできます。

スピーカー」には、コンプレッション、ディストーション、フィルタリングからなる自由に設定可能なエフェクトチェーンと、さまざまな環境でサウンドを設定するためのループするバックグラウンドノイズが用意されています。

Speakersは、ゼロレイテンシーのポストプロダクションプラグインです。

主な機能

・47 スピーカー:キャビネット、デバイス、電話、ラジオ、スピーカー、おもちゃ
・30本のマイク:コンデンサー、ダイナミクス、電話、リボンなど
・15の歪み/劣化アルゴリズム:カーボン・マイク・オーバードライブからGSM干渉まで
・35のバックグラウンドノイズ:デバイス、場所、オーガニックなど

コメント